だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

まじょのスーパーマーケット」 みんなの声

まじょのスーパーマーケット 作・絵:スーザン・メドー
訳:ひがし はるみ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784577016954
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,506
みんなの声 総数 15
「まじょのスーパーマーケット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ひみつのスーパーマーケット

    このお話は、ハロウィンの日に魔女だけが行けるスーパーマーケットに言ってちょっと怖い体験をした女に子とその飼い犬のお話でした。普通の路地裏のドアをくぐったら魔女のスーパーだなんてちょっとリアリティーもあったのかうちの子はスーパーちょっと疑いながら歩いています。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近くにあるかも?!

    表紙を見て「この犬ってマーサじゃない?」と
    上の子が見つけて借りました。
    おしゃべりが出来るようになった犬のマーサの絵本が
    親子で大好きなのでとっても楽しく読みました。

    犬のマーサとヘレンが迷い込んでしまった
    スーパーマーケットは・・・

    ちょっとドキドキもあり、なんだか不思議感もありで
    楽しく読みました。

    「うちの近くにも魔女のスーパーマーケットあるかな?」と
    下の子(年中)
    「どっかにあるかもよ」とお話しながら楽しみました。
    ハロウィンの時期の絵本ですが
    時期を問わずとっても楽しめました。
    男女問わずお勧めです。

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女の?スーパーマーケット??

    ”まじょのスーパーマーケット”という題名に導かれてこの絵本を選びました。(私の頭の中にいくつもの?マークが点灯し、どんなスーパーマーケットなのか知りたくて仕方がなくなってしまったのです!)楽しいハロウィンのお話で楽しく読めました。しかも魔女のスーパーマーケットまで覗く事が出来てとても満足です!日本ではハロウィンはあまり浸透していませんがこの絵本を読んでいたらとても楽しそうなので私も参加したくなりました。(主人公の着ている衣装が素敵で私も主人公と一緒の衣装を着てみたい!)スーパーマーケットの生鮮食料品のコーナーがとてもユニークで気に入りました。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女の世界

    魔女の世界に侵入できて、ドキドキしながら楽しめました。ヘレンは、上手くかわいい魔女に変身できているけれど、犬のマーサは、どうみたって猫には見えないんだけれど・・・・・(笑えます)
    魔女のスーパーマーケットにいるお客様も魔女には見えません(?)魔女が、犬嫌いなのもおもしろいです。私的に、猫は苦手なので妙に納得できました(?)。売り場の品物が不気味で奇妙でも{ふ〜〜ん}と納得する自分がおもしろいです。魔女のほうきは、やっぱり興味深々!昔ながらのほうきに乗ってみたいです。絵にもわいわいがやがやと様子がつたわりとてもおもしろかったです。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンに読もう

    娘の大好きないぬのマーサのシリーズです。
    ハロウィンだからヘレンは魔女に マーサは猫に扮装して
    いたら魔女専用のスーパーマーケットに舞い込んでしまったから大変!
    ちょっとヒヤヒヤな場面ですが
    くさりかけの食べ物とか妙なものばかりが並ぶスーパーの様子に
    娘は「ゲーーいやだ〜」と言い読みながら大笑いしていました。
    でもほうき売り場では羨ましそうな顔をしていました。
    マーサが完全に脇役で吠える以外に喋らなかったのが娘には残念だったようではありますが
    ハロウィンになったら読みたい1冊ですね。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいお菓子コーナー

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    まじょのスーパーマーケット
    タイトルだけで、ワクワクします。
    ファンタジーの代名詞とも言える存在である「魔女」と、めっちゃ現実的な
    「スーパーマーケット」。どう結びつくんだろう!?って。

    ハロウィンに魔女になっていたヘレンが、気味の悪い扉から迷い込んだのは、
    なんと本物の魔女のスーパーマーケット。
    え?魔女がスーパーでお買い物!?
    森の中に住んでいて自分で調達、もしくは、ひっそりとした個人商店で
    買い物…そんなイメージしかなかったので、その発想に驚きました。

    そして、売っているものが、奇妙すぎる〜!!
    やたらドロドロのモノばかり売っていたり、むしなしりんごは安くて、
    むしいりりんごは高いんだ!と娘と大笑いしました。
    そして一番気になるのは、お菓子コーナー。
    私が一つ一つ読み上げていくと、
    「ソノマンマムシバどこ?」「ドロドロボー、どんなの?」と探しては
    「うぎゃー!」「うえー」と嬉しい反応(!?)

    ドタバタが楽しくて、魔女の世界もかいま見える、素敵なおはなしでした。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンの時期に

    息子が園で借りてきました。「ねえ『まじょのスーパーマーケット』借りてきたよ。おもしろそうじゃない?」と言っていました。

    ハロウィンの日。ヘレンと犬のマーサは変装して町に出ました。サービス券を落としたおばさんの後をついて行くと、奇妙な物が置いてあるスーパーマーケットでした。

    普通のスーパーと変わらない作りなのですが、中に置いてあるものがおかしなものばかりです。ヘレンと共にスーパーの中を探索している気分になりました。

    魔女って犬が嫌いで猫が好き?

    置いてあるものは変な物が多いけれど、魔法のほうきならほしいかなと思いました。興味がいつしか恐怖に変わっていくあたりがおもしろかったです。

    ハロウィンの時期にお勧めします。

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いけど行ってみたい、でも・・こわい 

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    魔女好きの娘が選んだ絵本で、ハロウィンの時に読んであげたいお話でした。

    魔女・黒猫大好きな我家にはめっちゃくちゃ受けたお話です。

    なんせ、魔女行き着けのスーパーマーケットの中にはいれたんですから・・

    本当にこんなものを買っているのかしら?

    しおしおぱせりにはらいたぐさ・・むしなしりんごが49円でむしいりりんごだと198円と高くなるなんて・・・

    新鮮じゃない野菜や果物に、お菓子もすごく面白い。
    わがままチップス・けだまわたあめ・・

    1個1個商品チェックだけで大笑いでした。

    笑っていたらとんでもないことに・・・ハロウィンならではのハラハラもあってテンポよく楽しい絵本でした。

    ただ・・絵が細かく書き込んであるので1ページ1ページ楽しんじゃうといつまでも終わらない魔法がかかりますよ・・・

    掲載日:2008/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじょのくらしって…

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    まじょの出てくる本って、まじょのくらしがのぞけて、楽しいですよね。
    この本でも、まじょでいっぱいのスーパーのようすが描写されていて、そこで売っているものの奇妙さにびっくり!もう、興味津々で見入ってしまいます。
    この本で、まじょが犬ぎらいなことも知りました。ねこならオッケーなんですね。なぜなんだろう。

    まだまだふしぎなことがいっぱいの、まじょの世界。いろんな本で楽しく勉強したいと思います。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女ってこんな物を買ってるの?

    ハローウィンの日に魔女に変装して町を歩いてたら、おばあさんがチケットを落として
    そのチケットを届けようと魔女のスーパーマーケットに入り込んでしまったヘレンと愛犬のマーサ。

    道の世界に飛び込んだ2人のことを羨ましい!なんて思ってたら・・・
    とんでもない!!
    このスーパーに売ってるのは、とんでもない物ばかり!
    コウモリの赤ちゃんも売ってるんだよ〜

    魔女達がお買い物する姿に、「こんな物買ってるんだ〜」
    ビックリしてる様子の子どもたち。
    さあ、そんなことを思いながら読み進めてると、
    ヘレンとマーサが大変なことに!!
    さあ、どうなっちゃうのかな?

    たのしいハロウィンの夜にふしぎな世界に迷い込んだ設定もおもしろかった。
    魔女の生活スタイルも、スーパーの品物で少し垣間見ることができて
    ハロウィンの雰囲気をたっぷり味わうことができる1冊になってます!

    掲載日:2007/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット