なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

3びきのくま」 みんなの声

3びきのくま 作:L・N・トルストイ
絵:バスネツォフ
訳:小笠原 豊樹
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1962年05月
ISBN:9784834000061
評価スコア 4.28
評価ランキング 14,210
みんなの声 総数 87
「3びきのくま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ミシュートカ

    絵のタッチや、聞きなれないロシア風の名前などに異国情緒が漂う絵本です。
    夫は「長くて変な名前だから省略しよう」と言って「お父さんグマ・お母さんグマ・子供のクマ」などと置き換えて読み聞かせていましたが、この絵本はその長くて変な名前こそが面白いところなんですよね。
    子供達が絵本を見ながら「これがミハイル・イワノビッチ!これがナスターシャ・ペトローブナ!これはミシュートカ!」と楽しそうに言っているのを見て、夫も考えを改めたようです。
    クマのおうちで好き放題して逃げていく女の子のお話はとても愉快で、子供達もお気に入りのようです。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしいお話を久しぶりに読んで、ロシアのトルストイが再話したとの事です
    さんびきのくまのお母さんはおしゃれ 森の中を散歩している絵が とっても好きです!

    太陽や 花 窓から見える景色の遠近感が すばらしいです!
    この絵本は 絵が気に入りました!

    お話は、くまたちがまるで人間のように 名前があり(ロシアの名前で楽しい)

    スープ いす ベットの大 中 小が 絶妙で 話の声も 大きな声の父さん熊 中くらいの声の 母さん熊  細い声の こぐまが 繰り返しで とてもリズミカルに書かれていて 声を出して読んであげるのも楽しめます!

    女の子は、追いかけられますが・・・・  追いつけませんでした。

    結末もうまい!

    古典てきな 昔話のおもしろさは いつまでも語り継がれるのですね!

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしい日本語

    3びきのくまの絵本はたくさんありますが、この絵本が素敵なのはなんだか懐かしい日本語が使われているところだと思います。私はこういう文章が大好きで、子どもにもたくさん聞かせてあげたいと思っています。

    たとえば単語でみると、「スプーン」は「おさじ」、「シーツ」は「しきふ」となっています。それだけでもなぜか暖かいような気持ちになります。

    おもしろいと思ったのはくまにそれぞれ名前がついていることです。
    くまの名前だけカタカナになっています。
    それ以外は「すーぷ」も「べっど」もひらがなです。

    絵も懐かしい雰囲気のあるタッチで、本文とぴったり合っています。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわく感がたまらない

    以前から我が家にあったものの、表紙のイメージが娘好みでなく
    なかなか読む機会がありませんでしたが、思い切って私から誘って読みました。
    3匹のくまさんたちの声を使い分け、迫力満点に読んでみました。
    すると娘は怖がりながらもすごく楽しんだようで
    読み終えたあとすぐ「もう一回読んで!!」とリクエスト。
    最後に女の子が逃げ切れるまで、目が離せないようです。
    絵的にあまりかわいげのある感じのくまではないのが
    このお話にはピッタリだと思いました。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵と言葉の魅力

    • はともさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    このとき「3びきのくま」展に行くことがあり、それを機会に借りた絵本でした。

    それまで、娘に読んであげた絵本は、やっぱり絵を見て決めていたことも多く…
    このタイプのイラストの絵本はほとんど読んでいませんでした。

    なので、最初は「かわいい」くまばかり見てきた娘には、ちょっと衝撃だったようです。
    でも読んでいくうちに、イラストの素朴さと、繰り返しの言葉にどんどん引き込まれていきました。
    気付いたら、この作品にはこの迫力のあるくまの絵が合っている!と思うようになりました。

    絵の迫力に怖がっていた娘も、読みたがるようになり、すっかり絵本の世界に引き込まれていったようでした。

    同じ内容の、違う絵本もいくつかあるようですが、わたしには「3びきのくま」はやっぱりコレだな!と言わせる魅力がたくさんありました。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 女の子が登場する意味は?

    • ねこゴハンさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子9歳、男の子3歳

    大中小の概念って言うか、大きい小さいだけじゃなくて中くらいっていうのを知る楽しみみたいなのはあると思います。

    ただ、女の子がいすを壊しちゃったりスープを飲んじゃったり、そんなことする必要がどこにあるのかなぁ?と。
    人のウチでそんなことしちゃいけないよ。っていう教訓もなく、ごめんなさいも言わずに逃げちゃうっていうのがどうにも腑に落ちないのでこういう評価になりました。

    掲載日:2004/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ロシア絵本の素敵なイラスト

    小さな頃に好きだった絵本の一冊です。
    私の記憶では3歳の頃だったのでわが子に読んだ年齢ではなく、自分が母親に読んでもらった記憶として3歳を選びました。

    当時は、このお話をドキドキしながら、女の子が食べられてしまうのではないかと心配しながら読んでいたのを覚えています。

    そして幼いながらにも、この本に出てくる木でできたツリーハウスや木の器に入った美味しそうなスープが憧れでした。

    大人になって改めてこの絵本を見返した時に、ロシア絵本の素敵な色彩の豊かさや、古きロシアの時代を感じさせてくれるこの絵本の奥ゆかしさなども感じ、ますます好きになってしまいました。

    名作ですので様々な3びきのくまの絵本が出ていますがやっぱり読むのであればこのロシアのイラストも楽しめるこちらがおすすめです。

    掲載日:2017/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本は絵がとても丁寧に描かれているのが印象的です。
    女の子の行動や、3匹のクマの家族の反応などがパターン化していて
    ちいさい子供にも、わかりやすいお話だと思います。
    本当に久しぶりにこの話を読んで、ラストの展開を覚えていないなと思っていた理由がわかりました。
    トルストイの童話は、小学校の中学年頃、童話集を手に入れて
    暗記するほど読みました。
    コーカサスの話、靴屋の職人の話、一日かかって手に入れた土地の話など、とても教訓めいたものが多かったように記憶していますが、
    このお話はどうなのでしょう。
    名前が丁寧なのが、面白いですね。
    お父さんぐまは、なんだか恐ろしいです。
    女の子はとにかく、逃げることができてよかったです。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「3びきのくま」は、特別にドラマチックなお話とは思わないのですが、パターン化された描写が妙に楽しくて、見つけられてしまった女の子がどうなるのか不安感があって、不思議と心に残る作品ですが、いろいろにアレンジされた絵本がたくさんあることに驚きます。
    この作品は、自分が今までに読んだ「3びきのくま」の中で、一番オーソドックスな絵本のように思います。
    奇をてらわず、淡々と語られる内容に、かえって新鮮さも感じた作品です。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスネツォフの挿絵

    トルストイによる再話。バスネツォフの挿絵が素敵で、見るたびに心躍る絵本です。ページを開くと、ロシアの深い森に迷い込んだような気分になれるのがいいです。
    また、声に出して読むと、繰り返しの言葉と、くまたちのロシア名が難しくて、それがまた面白いなぁと思います。
    いろんな方が絵本にしていますが、やっぱりこちらが我が家のナンバーワンかな。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット