もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

たいへん たいへん」 みんなの声

たいへん たいへん 作:渡辺 茂男
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784834014983
評価スコア 3.63
評価ランキング 31,429
みんなの声 総数 15
「たいへん たいへん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • イギリスの昔話です
    めんどりが そらから ぽとん!  頭の上に落ちてきたのを 「そらがおちてきた」と思って おんどりに知らせます
    「おうさまにしらせなくっちゃ!」
    つぎつぎ出会う動物たちも 「いっしょにいってもいいかい?」はしりに はしりました。
    リズミカルな文章で ワクワク感があるのです・・・・・・
    こんこんきつねがでてきて みんなにんおうさまのみち知ってるよとあんないしたところは なんと きつねのいえの いりぐち  「ここがお城へ行く ちかみちだよ」というのですが・・・・・
    どうも きつねのずるがしこさが、めにあらわれていて みんな食べられてしまうのでは?と  ドキドキ感が おもしろいのですが・・・・
     
    ラスト 言い出しっぺの めんどりは きつねがいるので 怖くて 自分だけ逃げ出します
    他のみんなは きつねに食べられたの?
    結末がいまいち  わからず? お話がわかりませんでした?


    リズミカルな展開と 長 新太さんの絵は  おもしろく きつねの表情は、変化があってなかなか おもしろかったです

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何じゃこれ!どう受け止めればいいの!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    と私は感じてしまいましたが、他の方はどう感じたのでしょう…。イギリスの昔話ってこんななの…こんなんでいいの…な感じが否めません。本当は星1つといきたい所ですが、出版にあたっては多くの方の汗と涙と努力が詰まっていると思うので星5つにしています…。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全ての本に意味があるわけじゃなく・・・

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    5歳の息子が図書館で選びました。
    外国の昔話。意味とか訳とか、そういう物が分からない絵本でした。
    「がらがらどん」も最後は「ちょきん ぱちん すとん」と、謎な部分がありますよね。あれに似ています。
    少し怖くて、意味が分からない・・・。
    絵本に「意味」を求める方には不向きなお話です。
    意味が分からないながらも、読み終えた後、子供と「なんだったんだろうね」「こうしたらよかったのかな」と話を広げてあげると良いと思います。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気作家のかくれた名作10選

    長新太さんが絵で、渡辺茂男さんが訳という豪華コンビの絵本です。

    ラストの意図するものがわからず、私としては解説がほしいところです。

    他にも類話があれば、ラストを読んでみたい気がしますし、イギリスの国民性とか歴史的背景が何か出ているのかな。

    昔話って、伝承のものなので、それがいいとか悪いとかを論じるのって難しいです。

    でも、ラストの意味が知りたいな。

    皆さんのレビュー求むというのはこんな絵本なのかも。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な話

    なんだか不思議なお話でした。
    どういうことかなって思い、
    でも昔話って、答えがないのがいいのかもしれません。
    おしまい、って終わるけど
    自分で何だろうって考えたり、
    ちょっと怖くなったり、
    そういうお話もいいなと思いました。

    長さんの絵がうまく合っているように思いました。
    余計に不思議に感じます。
    絶版なんてもったいないですね。

    【事務局注:このレビューは、「たいへん たいへん」こどものとも 1968年 に寄せられたものです。】

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長さん

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。長新太さんの作品だったので嬉しくなりました。いろいろな登場人物が出てくるのが良いと思いました。この絵本の趣旨は実に興味深く日常生活でも類似したことがあるので為になりました。人のことを考えて行動する主人公は素晴らしいと思いました。

    【事務局注:このレビューは、「たいへん たいへん」こどものとも 1968年 に寄せられたものです。】

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言いだしっぺ

    言いだしっぺのめんどりだけが助かったのがちょっと納得いかなかった
    です。騒ぎを起こしたのに自分だけ助かったのが、ついてきた仲間たちに申し訳なくてめんどりはきっと反省していると思いたいです。
    「一緒に行ってもいいかい?」と申し出たのは、仲間たちだから自分の責任といったことでしょうか?その繰り返しは、面白かったですが・・
    仲間たちの無残な姿の結末に悲しくなりました。おんどりさんが、めんどりさんに危険なことを知らせたのがせめても慰めでした。おんどりさんの声で気を失っていた仲間たちも助かったと思いたいです。

    【事務局注:このレビューは、「たいへん たいへん」こどものとも 1968年 に寄せられたものです。】

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • えっ、これって・・・

    「人気作家のかくれた名作10選」って、本当なのかしら?と思ってしまうくらい、私には響いてくるものがなかったです。読んであげた子供二人も同じく。
    1ページ抜けているんじゃないの、なんて親子で疑うような結末でした。
    正直言って好きじゃないなぁ。こういう腑に落ちない本って。
    名作といわれるものの価値が私には理解できないのかな、と、ちょっと寂しくなりました・・・・。

    【事務局注:このレビューは、「たいへん たいへん」こどものとも 1968年 に寄せられたものです。】

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか怖い…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある日、めんどりがとうもろこし畑にいると、頭の上に何かがポタッ!
    空が落ちてきたと思っためんどりは、王様に知らせようと走り出しました。めんどりに、おんどり、ぐわぐわがちょう、くわっくわっあひるがついてきました。そして、コンコンぎつねも…ところがこのこんこんぎつねは、近道があると言って、暗い穴へと連れていくのです。

    リズミカルな文章、そしてその繰り返しが心地よく響きます。そのうえ、長新太さんのはっきりした色彩で描かれた世界は、また、奇妙な雰囲気を倍増させてくれます。
    ちょっぴり恐ろしい内容、いったい何を伝えたいのか、よく訳がわからないというのも、正直な気持ちです。
    その結末は、それぞれ読み手の想像というところでしょうか。

    【事務局注:このレビューは、「たいへん たいへん」こどものとも 1968年 に寄せられたものです。】

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎなお話ですね。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    何がいいたかったのか、私にもよくわかりませんが、きつねのようなものに簡単にだまされてはいけないよって、いわれてるような気になりました。
    王さまのもとへ報告をしようと、鳥たちが一生懸命走っているようすを、長さんの絵は見事に描きあらわしています。静止画なのに、動いているように見える。マジックですね。
    イギリスの昔話に触れ、長さんの絵のすばらしさにも触れ、それだけでも、この絵本に出あえてよかったなあって思います。

    【事務局注:このレビューは、「たいへん たいへん」こどものとも 1968年 に寄せられたものです。】

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット