庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おたんじょう月おめでとう 7月生まれ うみ」 みんなの声

おたんじょう月おめでとう 7月生まれ うみ 作:中川 ひろたか
絵:はた こうしろう
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年06月05日
ISBN:9784426110574
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生命の起源

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    今日で7月はおわり。
    これから、ますます暑〜い夏がやってきます。
    海・・・もう、2年ほど行ってないな。
    娘も大きくなると、「一緒に行こ!」とは言わなくなりました。
    さみしいものです。

    うみ・・・ぽかんとして、浮いているのが好きです。
    波にゆられ、身を任せ・・・気持ちいい。

    少年も、おおきなブイに浮き輪を結えつけ、トドになる。

    なんともおかしな表現だけど、なるほどなって。
    少年のトドは可愛いいけど、太った私は・・・しゃれにならないな。
    想像したら、悲しくなってしまいました。

    お話の内容は、とても奥が深くて、考えさせられます。
    うみ・・・それは、私たちにとって、切っても切れない関係があるようです。

    おかあさんのおなかの中のあかちゃんは、
    うみという羊水の中でぷかぷかういています。

    「うみます」の言葉の中にもうみがあります。

    「海」という漢字の中に、「母」がいます。

    ずっとずっと大昔、人や生物たちは、海から誕生して、
    陸地へ上がってきました。

    少年が、おひさまに向かって言った言葉に、
    この子は、ちゃんと生きていけるって感じました。

    産まれてくる命と、今ある命を大切に。
    それが、次の命へとつながっていきます。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 7月生まれになりたくなりました

    中川ひろたかさんの文に、はたこうしろうさんの絵!
    7月の海が目の前にぱあっとひろがって、風や潮の匂いまで
    感じられてとても素敵でした。
    7月生まれになりたくなりました。
    海にだって行きたくなりました。
    できれば自転車で(それは絶対無理だけどねえ)。
    娘は7月生まれではないですし(3月生まれ)、この絵本は
    わりと大人っぽいような気がしますので、ちょっとぽかあんと
    しながら聴いていましたが(笑)。
    このシリーズ他のもいろいろ読んでみようかな?
    それぞれの月生まれの友達や子どもちゃんにプレゼントする
    のも楽しそうですね♪

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な素敵な本でした

    「おたんじょう月おめでとう」シリーズの7月号です。

    我が家は、5月・8月・10月を持っていて、たまたま図書館でこの本を見つけて、手に取りました。

    海水浴の様な、軽い話かと思いきや、とっても奥の深い素敵な本でした。

    お母さんのおなかの中には、うみがあって・・・
    お母さんが赤ちゃんをうみます。
    「うみます」の中にも「うみ」がある。
    フランス語では、母も海も 「ラメール」という。

    なんて、素敵な話なんでしょう。

    お誕生日の方だけでは、もったいないです。

    我が家も、購入して手元に置いておきたい1冊になりました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • シャレていて、海外っぽくて素敵

    普通に海の話かと思ったらそれだけではないですね。

    ママのお腹にいるときも胎児は海のなかにいる。
    海の漢字には母という字が入ってる。
    フランス語では海も母もラ・メール。

    そうか!という気づきにあふれた絵本で、大人でも意外性があって素敵だと思えます。夏に読むとなんだか涼しさも感じて、母の愛も感じられそうな一冊でした。おすすめ!

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 7月生まれのお誕生日
     
    お母さんが赤ちゃんを産みます  赤ちゃんはおなかの中の海の中にいるんですね。(羊水)
    「うみます」 海  この中に 母という字がある
    あっ! そうだったんだ。感動でした!こんな風に考えたことなかったから
    フランス語 ラメール ははも うみも ラメールという 世界中同じなんだ 
    海から生物が生まれ 今がある この昔々の不思議。
    私たちは ややもすると 忘れている 生物の歴史を・・・・(深い戸感じました)
    男の子が うみのうえで「おひさま、ぼくは うみから うまれたんだよね」

    感動的な シーンですね(こんなにのんびりした時間大切ですね!)

    お母さん赤ちゃん産まれたかな?

    9月の誕生日なので楽しみにしています。  

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『7月ってどんなつき?』コーナー面白いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    中川ひろたかさんの「おたんじょう月おめでとうシリーズ」7月のお話です。
    実はこの本は図書館の新刊コーナーにあって、初めてこういうシリーズを中川さんが書いていらっしゃることに気づきました。(遅いよ!って、感じですね。大好きな作家さんなのに〜)

    ストーリーもとても穏やかな波のような韻のある、素敵な文章でつづられていましたが、後ろの中表紙に描かれている『7月って、どんなつき?』というコーナーの情報が面白かったです。

    また、はたこうしろうさんの絵がお話にあっていて、サイコーに素敵でした!!いろんな色や姿の「海」を堪能できます!
    最後にこの家族のところへやってくる赤ちゃんが生まれてきた話があったら、ぜひ読みたいです。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼント

    もうすぐ9歳の誕生日を迎える娘。
    私が読み聞かせボランティアを始めてこの絵本を知り、プレゼントにしたいと購入しました。
    娘には内緒でボランティアの日に読みましたが、ビックリしていた様子。
    七月生まれの子が多いクラスで、みんなに「おめでとう」の気持ちを込めてよました。
    お母さんのお腹の中と海…なるほど!と思う内容で、命の大切さや母子の絆を感じた絵本でした。
    毎月、違う作家というのも魅力です。全部揃えて読み聞かせの時にみんなへのプレゼントにしたら素敵だなぁと思いました。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット