ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ナージャ希望の村」 みんなの声

ナージャ希望の村 作:本橋成一
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年12月
ISBN:9784052012440
評価スコア 4
評価ランキング 22,675
みんなの声 総数 1
「ナージャ希望の村」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 豊かさとは

    『アレクセイと泉のはなし』を書かれた本橋成一さんの本です。

    チャルノブイリの爆発があった翌年に生まれたナージャが生まれた村からチャルノブイリの五年後の様子が描かれています。

    放射能に汚染された村と言っても、とても美しい自然が残っています。

    目に見えないけれど、汚染が残りそれが人々をむしばんでいくこと、それが放射能のこわさだと思います。

    そんな中でも閉鎖されたドゥヂチ村の学校は廃墟そのものですし、爆発がおこったチャルノブイリ原発の建屋は壊れたままです。

    汚染された土地で自給自足の生活を送っている人々。

    一旦暴走すれば人の手では押さえることができないのが放射能のこわさでもあります。

    この村には、電化製品も電車もないのに、この理不尽さの中で生きていかなくてはいかなくてはならないのです。

    豊かさとはなんでしょう。人の犠牲によって成り立つものなのでしょうか。

    人の命の犠牲の上に成り立つ豊かさ・効率・利便性。

    原発は、子どもたちに負の遺産を残し続けるのです。

    セシウムで半減するのに30年。すべてがなくなるのに300年かかります。

    チャルノブイリの時に、どうして私はそのことを学ばなかったのかと思います。

    子どもたちの未来のために考えなければならないとしたら今しかないと思いました。

    掲載日:2011/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット