あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

「ひと朝だけの朝顔」 みんなの声

ひと朝だけの朝顔 作:井上 靖
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ひと朝だけの朝顔」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 慎ましく凛とした日本の家庭

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子5歳

     大切に世話をしていた朝顔が、立派に花を開かせました。喜んだ両親は近所に住む光子ちゃんの家族にも見せてあげようと、「ぼく」に朝顔の鉢を持っていくように話します。ところが、光子ちゃんは朝顔をもらえるものと勘違いし、大事な朝顔はもどってこなくなってしまいました。
     心の洗われる作品に出会いました。大正後期から昭和初期と思われる日本の家族風景が描かれた掌編です。一人称で淡々と語られる少年の心情が素直で、ひかれます。敬語の会話が当時の雰囲気をよく伝え、心の大切さを形を通して表していた時代というのでしょうか、凛とした中にも家族愛、人間愛が伝わってきて、心が震えました。
     作品を読み、祖母を思い起こしました。ちょうど彼女の幼少期に当たる時代の風景です。祖母もこういう敬語使いでよく昔のことを話してくれたので、彼女の気持ちも一緒に伝わってきました。きっと、両親とこういう会話をしていたのかな、と。
     息子と一緒に、ゆっくり丁寧に読みました。あまりにも美しい作品なので、わたしは彼に書写を勧めてしまったほど。時間がかかってもいいので、この作品は心から味わって欲しいと思っています。こういう日本の時代物もいいなあとしみじみしました。表現が丁寧で、的確、故に心が伝わるのですね。井上靖著「少年・あかね雲」もぜひ読んでみるつもりです。(本作品の出典は「掌編小説集青いボート」。現在は残念ながら入手不可)
     

    掲載日:2004/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット