ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おつかい」 みんなの声

おつかい 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年5月20日
ISBN:9784834011739
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,471
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 準備万端、覚悟を決めて出発したら・・・

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    お母さんが女の子におつかいを頼みます。雨なのに。

    女の子が雨や風を理由に断ろうとするけど
    ことごとくお母さんは対策を講じます。
    傘がある。レインコートをきて帽子をかぶりなさいと。

    そのうち彼女はもしもの備えを自ら考え出します。
    もしもの洪水に備えるためにボートを持ちだし
    ゴーグルをつけ、食料までかかえて出発します。
    行き先は「おつかい」ですよ(笑)

    子どもの成長が微笑ましいお話です。

    オチは・・・玄関でたら雨がやんでた!あらら。でした。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • どちらもゆずらない

    この本は全体的に言葉も多くないのですが、とってもおもしろい絵本です。単なる女の子がお母さんに買い物を頼まれるというお話なのですが、女の子は雨が降っていて、出るのが嫌だとずっとタダをこねます。
    でもお母さんは「長ぐつはけばいいでしょ」とか「カッパを着れば」と負けじと娘に話します。
    私はそこで長靴やカッパや水中メガネなどをもってくるネコとねずみがかわいくて、気に入ってしまいました。全く、セリフは書いていないのですが、私は娘に読むときに「あ〜あしょうがないな、わっせ、わっせ」と勝手にセリフを作って読むと娘は大笑いしていました。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • よく思いつくなぁ

    るすばんの続きと思われる1冊です。
    お母さんにおつかいを頼まれた女の子。ペット?の猫とネズミと出かけるまでにいろんな行きたくない理由を言います。そのたびにお母さんが「傘を持っていけばいい」「長靴を履けばいい」「レインコートを・・・」と続きます。挙げ句、「もしも〜大水になったら?」→ボートなど、自分で勝手に考えてどんどん大荷物になっていきます。よく思いつくものだと感心します。
    最後は、さあ準備万端!と思ってドアを開けると、いい天気!
    女の子は全部を置いて行くわけです。
    次から次へと出てくる物に感心しながら読めるので、楽しいですよ!

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大騒ぎ

    お母さんにお使いを頼まれた女の子のお話です。

    出かけようと外に出ると、雨が降っているので、女の子は足が濡れたり、服が濡れる等と色々と大騒ぎしてしまう所が、子どもらしくて可愛いなぁと思いました。
    なんだかんだ言って、いざ出かけると晴れてる!というオチがついていて、面白い内容でした!

    女の子の想像力の豊かさに思わず笑ってしまう絵本でした。
    子ども達に是非、読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像力がすごいなぁ

    女の子がお母さんにおつかいを頼まれて、家を出発するまでのお話です。「外は雨が降ってるから○○したらどうしよう」と、いろんな事を想像して、荷物が増えていきます。女の子の想像力の豊かさに驚きです。まさに『備えあれば憂いなし』(笑)でも家を出発しようとすると・・・・。結末に笑ってしまいます。絵もとても可愛くて私は好きです。1歳の娘もお気に入りです。

    掲載日:2009/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • さとうわきこさん

    私自身がさとうわきこさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。さとうわきこさんのユーモアが炸裂する楽しい絵本でした。主人公の女の子の想像力にはあっぱれですが、お母さんが凄い!私も主人公のお母さんの様に逞しく娘に接しようと心に決めました!どんどん荷物が沢山になっていく所がワクワクした気分になれて気に入りました。雨の日だと億劫になってしまいがちですがこの絵本を読むともっと雨の日を楽しまなくっちゃ!と思います。雨の日を楽しむヒントが沢山あってとても勉強になりました。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • おつかいに行くだけで…

    お母さんにおつかいを頼まれた女の子。
    でも外は雨が降っています。
    雨が降ってるからやあよ、足が濡れちゃうからやあよとぐずりますが
    結局おつかいに行くことに。
    でも外に出て大水になったらどうする?
    ボートがひっくり返っちゃったらどうする?とまだまだぐずり続ける女の子。やっとのフル装備でおつかいに出かけようとすると…。


    この女の子「るすばん」でも想像力の豊かさで楽しませてくれましたが
    こちらでも負けず劣らず、とんでもない想像力(妄想?)がふくらみにふくらんで、とっても面白い作品になっています。
    おつかいに行くだけなのに、こんなことになっちゃうなんて。
    そして最後のオチも面白い!息子も大好きなお話でした。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 笑えます!

    雨の日におつかいに行きたくないおんなのこのつぎからつぎにいきたくない理由がおもしろいです!おんなのこのおかあさんが、おつかいにいかせようとする行為を尊敬してしまいます。危ないから行かせたくないとおもってしまう私だから・・・・・おんなのこの支度をする、ねことねずみもかわいいです。一生懸命さと、しぐさがかわいいです。ねずみさんは、おんなのこのもっているペロペロキャンデーを狙って行動しているのも愛嬌があっていいです。途中で、ペロペロキャンデーが、欠けた絵もおもしろいです。ボート、浮き輪、食料品、ゴーグルまで用意したのに、行こうとして外にでたら、おひさまが、カンカン!!爆笑してしまいました。買い物が、だいこん1本というのも笑えます。
    たのしくって、笑える絵本です。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何にも考えないで、わっはっは!

    図書館で読み聞かせのボランティアをしている方に、「小さい子から高学年の子まで、みんなが大笑いする本だよ」と、薦めてもらった本。うちの子にも、大受けでした!!「ばばばあちゃん」のシリーズが大好きな娘ですが、こんなには笑わったことないよね〜?!と思うくらい、大いに笑ってました。犬が風に飛ばされ、水溜りに落ちてずぶ濡れになる絵で、まず大笑いし(こんなふうに書いても、どこがおもしろいんだかちっとも伝わらないんですけどね!実際に絵を見てみると、ほんとに可笑しいんです!)、おなかがすいたら死んじゃうから、とリュックにキャンディや果物や魚(これは猫の分です!)をいっぱいに詰め込む絵を見て、またけらけら、そして、やっと準備が整い、いざドアの前に立つ場面で、「ええ〜、こんな格好でお買い物行くの〜!」と言いながら、またまた爆笑。初日に3回続けて読みましたが(オチがわかっているのに、それでもおもしろいようです!)、最後は、ぬいぐるみのお友達も横に連れてきて、「おもしろいよ!」と、いっしょに聞かせていました!でも、ずぶ濡れになった犬が、「どこへ行ったのかなあ?大丈夫かなあ?」と、心配もしていました。そして、ページからはみ出たところ(床)を指差して、「きっとこの辺にいるんじゃない?」と、自分自身を納得させていました!
    ナンセンスな絵本って、単純に笑えていいですね! たまには、何にも考えずに、ただガハハッと笑うのも楽しいと思います!

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • フル装備!!

    雨の日のおつかい。
    「もし・・・だったらどうしよう」と考えると
    持ち物がどんどん増えて増えて、
    やっと行くぞーっとなったときには晴れ・・・。
    読み進めていくと、なんだかオチが見える感じではありましたが、
    素直に面白く読める、わかりやすい内容でもあると思います。
    脇を固めるねずみとねこもいい表情でいい味出してます。
    レッツゴー三匹のコントみたいでした。
    私自身がこういう性格で、普段からいざというときに備え、ただならぬ準備周到さで出かけるため
    荷物は一泊旅行?ってぐらいの重装備になり、
    だんななどは「だれかみたいだなー」なんて言っていましたが・・・。
    子供と一緒だと「もしかしたら」って考えてこうなっちゃうことって、なんとなく理解できますよね。

    掲載日:2007/08/06

    参考になりました
    感謝
    1

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / 11ぴきのねことぶた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット