ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…

ムジカの森の音楽隊」 みんなの声

ムジカの森の音楽隊 著:さくらい ともか
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784774319490
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,753
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音楽を通してあきらめない心

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    音楽好きのコツブ先生はハムスターで「ムジカの森」に診療所を開きます。
    「ムジカ」とは、音楽を意味する言葉だと森の住人のふくろうが説明します。
    最初は敬遠されていたコツブ先生がふくろうの問題を解決したことで評判を呼ぶことになりました。
    ある日アゲハチョウがやってきた、その理由は「音楽をやりたい」というのです。
    コツブ先生は音を出す工夫をしてアゲハ、テントウムシ、ヤンマ、ゾウムシ、カマキリで音楽隊を結成し、
    音楽会に参加することになるのですが・・・
    もともと鳴かない虫たちをコツブ先生が様々な工夫をするところは、読みながら楽しく想像できます。
    ラストはハラハラドキドキしますが、音楽を通してあきらめない心を教えてくれる内容になってます。
    小学校中学年くらいからお勧めです。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット