だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぴよちゃんのおやすみなさい」 みんなの声

ぴよちゃんのおやすみなさい 作・絵:いりやま さとし
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784052022562
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,476
みんなの声 総数 25
「ぴよちゃんのおやすみなさい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お月さまにてらされた夜の景色

    眠れないぴよちゃんの夜の冒険を見ていると
    一緒に歩いているようで、疲れてきて、だんだん眠くなってくるような
    感じです。
    眠りかけているいろいろなどうぶつは、お散歩には付き合ってくれませんが、一人だけ、ねこさんだけは、ずっと一緒にいて、最後にぴよちゃんをお母さんのところに送り届けてくれました。
    お月さまの光に照らされた森が、とてもきれいです。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に

    安心した心地になれます。
    満月の夜に窓から飛び出すぴよちゃん。仕掛けが
    絵本の世界に一層ひきこんでくれます。
    なかなか寝付かない子どもを外のお散歩に連れ出して
    いつの間にか眠っていた、そんな思い出がよみがえる
    温かな気持ちにほっと安心できる絵本です。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな作品です♪

    いりやまさとしさんのイラストは、
    とってもとっても優しくて癒されます♪

    「ぴよちゃんのおやすみなさい」は、
    寝かしつけにぴったりです!

    ねこちゃんやふくろうさんなど、
    子どもたちが大好きな動物さんが
    いっぱい登場します。

    しかけ絵本になっているので、
    娘もすごく楽しんでいます!!

    お値段以上の価値がある作品です☆

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    なかなか寝入ってくれない子供に夜寝る前用の読み聞かせ出購入しました。とてもかわいらしくて、この本を読み終えると、寝ようね。などといっていつも読んであげています。ぴよちゃんが大好きな娘のお気に入りの本です。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなおつきさまを見て夜の散歩に繰り出すぴよちゃん。
    ぴよちゃんシリーズのなかでも、ちょっとファンタスジックな世界になっています。
    うちの子は、くらくてしずかな森のページがなんだかちょと怖いみたいで『こわいね〜』なんて言ってます。
    さらに、ふくろうのページになると、もっと怖いみたいです。
    次のページで大きな丸いお月様をみるといつもホッとしている様子です。

    掲載日:2013/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴよちゃんの おやすみなさい

    出産祝いでいただいた絵本。
    2歳くらいの子用のぴよちゃん絵本。
    なぜだか、息子は1歳くらいからかなり読んでいます。
    とくに、しかけのあるところが好きで、「ぼしゃ〜ん」と池に落っこちてしまうところが、かなりのお気に入り。
    私は、ふくろうさんのページが好きです。
    それなりに文があるので、小さい子向けのぴよちゃんを卒業した方にはいいと思います。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいしかけ絵本になっているけれど、読み始めた頃(生後6ヶ月)はさほど興味を示さなかった。でも1歳過ぎてから本当の意味でお話やしかけを楽しみめるようになり、 次になにが起こるのか楽しみながらページをめくっている。ねこが小川に飛び込むところやふくろうの鳴き声を真似するのが大好き。動物園でふくろうを見た時には鳴き声を真似して見せたりしたから内容が頭に残っているんだと思った。

    ぴよちゃんの夜更かしっていうのかな。眠れないとき、夜のお散歩って子供にとっては魅力的なんだと思う。それにお月様に触れるよというネコさんについて行って、真っ暗な森まで体験。子供にとっては夜眠れないというお話以上に冒険ぽいお話なんじゃないかなと読み聞かせていて思った。でも最後はちゃんとお母さんのところへ戻るところも子供が最後まで安心して聞いていられる内容になっている。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    2歳の孫が大好きなぴよちゃんのシリーズです。簡単な本なので、孫はしかけを楽しみながらちゃんとお話も理解しているような感じです。「おやすみなさい」がテーマなので、お昼寝と夜寝る前に読むのが定番になっています。「おやすみなさい」って何度も言っていると不思議と眠たくなるものです。静か〜な声で読んであげるとより孫の気持ちも落ち着く気がします。お休み前にお勧めの本です。

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に寝よう

    寝かしつけにピッタリの本です。1歳になり、簡単な言葉も理解できるようになってきたので、寝る前にこの本を読んで、「みんなねんね、ぴよちゃんもねんね、だから一緒にねんねしようね」というと素直にゴロンの寝ころがって寝る体勢に入ってくれるようになりました。お休み前の1冊に良い本です。これを読むと私まで一緒に寝入ってしまうときがあるほどです。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のぴよちゃんの寝顔がたまらない!

    ぴよちゃんシリーズは絵がかわいくてお話も優しいので親子で気に入っています。内容ももちろんですが、私は特に、表紙のぴよちゃんの寝顔に釘付けになりました。安心しきったような無防備な寝顔。子供ってああいう顔して寝てるし、日中どんなに大変でも、寝顔を見るとかわいいなあって改めて思い、癒されます。

    さて、このお話は、夜なかなか眠れなかったぴよちゃんがねこさんと一緒に夜のお散歩に出かけていくお話です。水に映ったお月さまをとろうとねこさんが水に飛び込んだり、お月さまが雲に隠れて真っ暗になってしまったり、ちょっとした冒険です。ぴよちゃんが「お月さまがついてくる」と言うところ、確かに自分も小さい頃はそう思っていたなあと、子供の目線を思い出させてくれました。

    「おやすみなさい」のお話なので、寝る前の絵本タイムの締めにしています。子供たちも「ぴよちゃんは?」と言って絵本を探したりしています。お月さまが雲に隠れて真っ暗になってしまうと「こわい〜」と言うのですが、でも好きなようで何回も見ています。前半のお月さまにはお顔はないのですが、帰りにねこさんの背中で寝てしまったぴよちゃんを見守るお月さまだけはにこにこしていて、「にこ〜」と言って喜んでいました。草むらにはてんとうむしがいたりして、そんな細かいところも子供たちはよく見ています。大好きな本なので実家に泊まりに行くときなども必ず持参する本の1つです。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット