もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

がまどんさるどん」 みんなの声

がまどんさるどん 作:大江 ちさと
絵:太田 大八
出版社:トモ企画
本体価格:\0+税
評価スコア 4
評価ランキング 20,561
みんなの声 総数 3
「がまどんさるどん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • がまどん、よかったね!

    がまどんは、道のはたで稲の穂を見つけて、だんごこしょうでさるどんと食べようとしたところ、さるどんの提案で稲穂を蒔いて米つくりをすることにしました。がまどんが、米つくりを一生懸命にやっていてもさるどんは一度も手伝うことがなくて、搗きたてのお餅を独り占めにしようと試みたんですが、失敗に終わりお餅は、がまくんのものになりました。人の良いがまどんは、さるどんにも分けてあげるかなあと思っていた私は以外な結末に少し驚きました。「がまのもんは がまのもん どこから食おうと お前さの しったことじゃねえ」と、さもうんまそうに「フワッ フワッ」と食うておりましたとさ。ちょっと寂しい気持ちになった私でした。

    掲載日:2017/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまどん良かったね

    さるどんの嘘を疑いもせず、もくもくと働き続けるがまどんの実直さには感心します。
    途中でほうり出したら、お米は出来ません。
    最後の最後に、その努力が報われたことにはほっとします。
    ずるいさるの生き方が良いのか、もくもくと働くがまどんの生き方が良いのか、報酬がなくてもがまどんの方が輝いているように思うのですが。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • さるどんはずるいねえ

    娘が幼稚園から借りてきました。
    昔話です。太田さんの描く絵もいかにも昔風で、普段娘が好むのは
    かわいらしい絵本なので「なぜこの絵本を選んだのかなあ?」と
    不思議でおもしろいです(訊いても明確な答えは返ってきませんが)。
    がまどんとくらべるとさるどんはずるいなあ。
    でも「さるかに」もそうだけど、さるが主役になると結構
    ずるいキャラクター設定になってしまうのかしら?
    囲炉裏端で、おばあちゃんから方言で聴きたくなるような味わい深い
    物語でした。

    掲載日:2011/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


あの漢字検定が絵本を出版!?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット