庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おじいちゃんは水のにおいがした」 みんなの声

おじいちゃんは水のにおいがした 文・写真:今森 光彦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784030164000
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ビックリの連続でした!!

    たまたま図書館で借りてきた絵本でした。
    読んでみて、ビックリ。私の故郷である滋賀の琵琶湖の写真絵本ではありませんか・・・。
    早速、子供たちと読んでみると、実家のすぐ近くでした。
    琵琶湖で漁をしているおじいちゃんと、「かばた」という昔ながらの生活スタイルが、そこにはありました。
    何となく知っていた私ですが、この絵本を通して初めて知る事の出来た故郷の素晴らしさ、改めて実感しました。
    自然を取り上げた今森光彦さんの写真絵本、本当に素晴らしいです。
    他の作品も是非読んでみたいと思いました。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 滋賀県の琵琶湖は日本で一番大きな湖 そこから流れる川で80年も漁をしている田中三五郎さん
    今森さんは、彼の生き方に感動されたのですね

     今森さんは 切り絵のすばらしい作品をたくさん作られています(展覧会を見て感動しました)

    この絵本は 写真で 田中さんの漁をされている様子がよく分かり 今森さんの文は愛情を込めて書かれています。

    琵琶湖の水が 美味しかったと感動されていて ゴリ トウヨシノボリ カネヒラ タナゴの仲間の魚がとてもきれいです。(透明感があります)

    昔の人は この琵琶湖の魚を捕り生計を立て 水を守り 大事に大事に生きてこられたのが分かります

    かばた(川端) かばたと川はつながっている かばたには川の水が 川にはかばたの水がながれこむ
    人々はこのかばたで 生活していています(野菜を洗ったり  冷やしたり)

    しかし人間だけのものではないのです。 人と水が出会う”かばた”
    ーそこは、さまざまな生命が出会う場所であり、 水の旅のあらたなはじまりの場所でもあります。
    この言葉に凄く深いものを感じました。

     春 夏 秋 冬 いろいろな自然の 生命力をこの絵本は伝えてくれています!

    今森さんも大津市の生まれです   田中さんから「水の中には、生命が流れている」と言うことを教えられました。

    すごく 感動的な絵本でした!

    いつまでも この美しい琵琶湖を守って これからの人に引き継いでいってほしいと思いました

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流行のかばたのある家

    最近話題の、琵琶湖畔のかばたのある集落と、そうやって琵琶湖と共にあった漁師のお話です。
    写真絵本なのですが、水面がキラキラ写っており、あの、きれいな川や池を見たときの、もうちょっと覗きこみたい気分満載です。
    とにかく日の光がリアルで、夕暮れの草むらなど、目の前で見ているかのよう。写真だけでも見ものです。

    本編は、湖と共にある暮らし四季ですが、広義にいえば自然と共に暮らすこと。
    滋賀県民だけでなく、大きな湖のある地域はもちろん読んでもらいたい。今は都会に住んでいても、田舎暮らしの経験がある人にも。
    都会の子どもには、自然体験した後にぜひ。山川は行って遊ぶ所ではなく、そこでも暮らしがあるということを知ってもらいたいなぁ。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい日本の水辺

    今森光彦さんの写真絵本。

    琵琶湖で漁を行う80歳を超えたおじいちゃんの四季が描かれています。

    手つかずの自然というよりは、ヨシなどは刈り取ってその後火で燃やして、そのことが生態系を維持するのにも役立っています。

    絵本の中にある「いきものを気づかうあたたかいまなざしと、自然に感謝する気持ち」、人間も自然の一部であるという思いがあれば、

    むやみに自然を破壊するようなことはないと思いますし、自然の立場にたった暮らし方ができるのではないかと思うのです。

    工業化と共に、私たちは自然を壊して、壊したことが公害となって自分の住む場所や健康を害してしまったことがあります。

    写真の映し出す風景はどれもとても美しく、日本の水辺の美しさを改めて感じました。

    この先、100年経ってもこの美しさがこのまま残りますように。

    私たちは、目先の利益に囚われてもう自分たちの手で環境を破壊するようなことに加担してはいけないのだと思います。

    掲載日:2011/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット