ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

日本名作おはなし絵本 いっすんぼうし」 みんなの声

日本名作おはなし絵本 いっすんぼうし 作:礒 みゆき
絵:及川 賢治
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784097268925
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現代風なイラスト!

    表紙から見てもわかるように,日本の昔話絵本としてはちょっと華やかな感じが!
    そう,ちょっと現代風な印象のイラストの「いっすんぼうし」でした。
    そういう意味では新鮮な気がしますね。
    昔話絵本,同じお話でもたくさんの方が書かれているので読み比べてみるのも面白いな〜と改めて思わせてくれるような,こちらの絵本でした。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵

    昔からあるであろういっすんぼうしを以前に読んだことがあります。
    昔らしい絵の絵本も大切だろうと思い読みましたが
    今回たまたま、こちらの可愛らしいいっすんぼうしも
    息子が読みたいと言いましたので図書館で借りてきました。

    今時なかんじの可愛らしい絵本ですが、息子はこれはこれで
    楽しかったようでいっすんぼうしが、どんどん大きくなっていくところを
    一寸のところから、若者になるまでの何体も数えていました。

    女の子むけかなという、可愛らしさでしたが、男の子でも
    面白かったようです。

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちでのこづち

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    いっすんぼうしのお話は有名で
    たくさんの作者によって出版されています。
    我が家でたまたま読んだのはこれでした。

    この絵本を読む少し前におむすびころりんを読んでいました。
    共通点は打出の小槌。
    娘が小槌をふると
    一寸法師がずん、ずん、ずん、ずーんと大きくなるところに
    娘たちは喜んでいました。
    数えてみると一寸法師は13段階で大きくなっています。

    このお話の最もミラクルな場面でした。

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット