しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

負けるな、ロビー!」 みんなの声

負けるな、ロビー! 作:マイケル・モーパーゴ
絵:マイケル・フォアマン
訳:佐藤 見果夢
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784566013759
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思わず応援したくなるお話です

    交通事故で意識不明となったロビーのお話です。
    病室で横になりながら、ロビーは周りのことを感じることができるのです。
    お母さんの涙、お父さんの無骨な読み聞かせ、妹の無邪気な振る舞い。
    両親が別居していることが分かります。
    介助をしてくれる看護師のトレーシーさんの語りかけや、彼女の口ずさむジョン・レノンの歌に生きている喜びを見出しながら、コミュニケーションのとれない歯がゆさを感じます。
    自分は生きているのに、周りからの見た目では、容体はだんだん悪くなっていきます。

    この物語は、悲劇では終わりません。
    素晴らしいハッピーエンド。
    ロビーは家族のきずなを強いものにして、自ら復活します。
    目が見えるようになって、頭の中で思い描いてたトレーシーさんは別人でした。
    ユーモラスでありながら、読む者が熱くもなれる物語です。

    そして、この本のキーワードでもある「Cool(クール)」。
    日本語で言えば「いけてる」とか「すっげー」みたいなニュアンスの言葉でしょうか。
    日本語とはニュアンスの違う若者言葉として連呼されます。
    最初、お母さんはその言葉が嫌いだった。
    最後に、とても素晴らしい言葉だと思い直します。
    子どもたち、若者たちが交わす言葉で、ついていけない現代語。
    その存在感も十分に表現していると思います。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット