雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

かみちゃん」 みんなの声

かみちゃん 作・絵:たにうち つねお
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年06月25日
ISBN:9784477025438
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,825
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 遊びたくなります

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    メインのお話の絵本が一冊、
    かがくのとも系の工作や科学など、絵本の世界を飛び出して、
    実際に作ったり体験して楽しめるものを一冊、選ぶのが好きです。
    たにうちさんの紙シリーズはそんなサブの本にぴったりで、
    読み終わった後実際に作ってみたくなるところが好きです。

    このかみちゃんも、と〜っても楽しい本!
    私だったらどんな顔にしよう??ってわくわくしてきます。
    表紙にもなっているこの顔、ほんとにかわいい〜!
    紙とはさみだけでこんなに楽しめるんですから、
    読み終わったら早速遊びたくなります。

    でも、中1の息子相手に練習したら、作品がそれぞれ小さくて、
    しかも白い紙の工作は見えにくいから、家で楽しむのがいいかも…と。
    運動会前ということもあり、たにうちさんの「かみのうんどうかい」
    のほうに、今回はきめました。

    親戚の集まりのときに、この本と紙とはさみを持っていって、
    甥っ子姪っ子たちと遊ぼうかな♪

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 紙の世界

    紙を折ったり、丸めたり、切ったりして、いろいろな動物や生き物が作られていきます。
    紙一枚あるだけで、こんなにたくさんの世界が出来るのか!と、子どもよりも大人のほうが驚かされるかもしれません。
    ぐちゃぐちゃにまるめた紙に、穴を二つあけただけなのに、おばけや怪物に見えてくるのは不思議だなと思いました。

    掲載日:2013/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙工作

    紙の工作です。
    一番、身近な素材なので、子供たちも興味津々でした。
    ただ丸めただけの白い紙を見て、「ヒヨコみたいだね」と言ったりして、子供の想像力に気がついたりしました。
    作品それぞれのセリフも、「くすっ」と笑えるようですね。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙の魅力

    紙が動物になったり、かいじゅうとかになったりするのを見て、とっても面白いって言ってました。最後に、みんな飛び出てくるページも気に入ってました。最近工作とかも好きなので、今度この本みたいなの切って作ろうね〜って約束しました。楽しみです〜。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュールな紙細工

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    小学校のおはなし会で読みました。
    紙細工で展開していきます。
    同じ作者の、シンプルな作品『しろいかみのサーカス』の進化形のような感じで、
    かみを丸めたり、切ったり、くしゃくしゃにしたり、穴をあけたりして、
    動物などの造形が出現し、それにイラストもスパイスとして使われています。
    少し造形がシュールなので、幼稚園以上くらいでないと難しいかもしれません。
    小学生児童たちは、紙工作もある程度できますから、
    そういう意味で、興味を持って聞いてくれていたようでした。
    紙工作のヒントになるかもしれませんね。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うわっ!ビックリした〜

    かみを まるめて くるくるくる

    「おはよー」

    突然現れる謎の生物(紙物?)。
    現実なら、かなりビックリ。
    でも、ほんとうに動き出しそうな顔してます。
    白の背景に大半が白の登場紙物。
    シンプルなのに、次々とページをめくりたくなる感じです。
    静から動へ。それが、一定のリズムで繰り返されるのが、
    心地いいのかな?
    そして、最後は意外な展開(おおきな『動』!)。
    ぱーん!なんかスッキリ。

    工作の参考にもなりそうです☆

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット