もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

花のお江戸の金魚芝居」 みんなの声

花のお江戸の金魚芝居 作:岩崎 京子
絵:堀田あきお
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年07月30日
ISBN:9784333024964
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
「花のお江戸の金魚芝居」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時代劇に触れる機会が減った子どもたち

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    どうも、主人公の設定の説明が端折ってあるなぁと思っていたら、この作品はシリーズ2作目でした。
    でも内容そのものは独立していて、1話完結なので、読みやすくて面白かったです。
    江戸時代の「金魚」って、とっても高価なペットだったんですね〜。そういえば、そんな話どこかで聞いたことがある気がします。
    江戸庶民(商人たちくらいの身分)の生活の様子が垣間見えて面白かったです。
    今はテレビのゴールデンタイムに、「水戸黄門」とか「遠山の金さん」とか「江戸を斬る」とかやりませんよね〜。
    こういうのをおじいちゃんおばあちゃんや親たちと見てないせいか、
    小学生くらいの子どもたちが「歴史(時代劇)に触れる」機会が極端になくなってきた気がします。

    この作品は、最近の子どもたちが、江戸時代がどんな時代だったのか考えるいい切っ掛けになりそうな、素敵なお話でした。

    ところで、挿絵は堀田あきおさんという方が描かれていますが、どうも絵が漫画っぽいなぁと、思っていたらマンガも描いていらっしゃるイラストレーターさんだそうです。
    (しかも故・手塚治虫さんが師匠だそうです)
    なので、漫画っぽいといっても、この物語の世界がよく見える楽しい絵
    でした。特に真次(主人公)の友だちの嘉八が性格も姿も面白くてよかったです。

    文章は感じは多いものの、ルビはほとんど振ってあるし、行と行のスペースが広めにとってあるので、とても読みやすいと思います。
    小学校中学年くらいのお子さんたちからいかがでしょうか?

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット