だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

新版 おーい はーい」 みんなの声

新版 おーい はーい 作・絵:和歌山 静子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2011年06月
ISBN:9784591124598
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,376
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はーい!!

    「おーい」と読んだら誰かが「はーい」とお返事をしてくれて、
    動物たちが増えて賑やかになってきます。
    「おーい」と「はーい」の繰り返しだけですが、とても楽しく、
    娘も大喜びでした。
    一緒に手を上げて「はーい」としてとても楽しそう!!
    どんな虫や動物がでてくるかもワクワクしたようです!

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  •  「おーい」と呼べば、誰かが「はーい」と応えてくれます。応えた誰がが、また、「おーい」と呼ぶと、また違う誰かが「はーい」と応えて・・・。

     単純だけれど、何だかとっても嬉しくなってくる絵本です。

     赤ちゃんが泣いて何かを訴えたり、「あっあっ」と何かを言おうとしていても、誰も反応しなかったら、赤ちゃんはとても無気力になって、表情も乏しくなっていくそうです。呼びかけに応えるって、人間関係の基本中の基本なのですね。

     そんな大切なことが、こんな可愛い絵本で、すっきりと表現されているなんて、とても素晴らしいです。赤ちゃん絵本として赤ちゃんに読むだけでなく、親や先生、子どもに関わる人たちに、「時々、基本にたちかえってね」とおすすめしたい絵本です。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新緑の山

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    乳児親子向けおはなし会用にセレクト。
    はじめてえほん・1です。
    アリが登場し、「おーい」と呼ぶと、ちょうが「はーい」と答えます。
    そのちょうが「おーい」と呼ぶと、かえるがが「はーい」と答え・・・と、
    うさぎ、くま、ぞうまで集まってきて、最後に呼んだのは、新緑の山。
    「おーい」「はーい」だけの文章ですが、なんだか温かいつながりを感じてしまいます。
    コミュニケーションの原型というか。
    親子にはぜひまねっこ遊びにつなげてもらいたいですね。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 参加型えほん

    1〜2歳児の親子のお話会で読みました
    「おーい」って言ったら「はーい」って言ってね
    と前置きして読み始めるとママの協力の下みんな元気に「はーい」と参加してくれました
    子どもたち参加型の読み聞かせって、楽しくて盛り上がりますね!
    ラストのおやまの笑顔も最高に輝いていて、ママたちの笑いも誘います
    小さな子どもの読み聞かせにお勧めです

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しが嬉しい!

    「おーい」「はーい」の繰り返しの絵本ですが、その単純な絵本が5歳

    になる孫も嬉しい絵本です。3ヶ月になる孫にきっと張り切って教えて

    いると思うと微笑ましくてとても幸せな私です。

    本当におねえちゃんぶりを発揮して頼もしいなあって思いました。

    今年中には、おねえちゃんになる孫なので、とても期待(?)してしま

    います。シンプルさが赤ちゃんにもお薦めの絵本です!

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子用

    ちょっと3歳では、物足りませんでした。

    ただ、図書館でみつけて、読んでほしいと

    いうので読んでみました。

    ページ数も少ないです。

    ただ、絵はとっても優しい絵です。

    表紙はくまさんが載ってますが、

    どうやら、それが気に入ったようです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるが可愛かった〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    初めての絵本シリーズなので、1,2歳のお子さんたちにお薦めしたいです。
    ものすごく単純なことですが、「おーい」と呼ぶ生きもの、「はーい」と返事をする生きものが次々登場します。
    最初は小さな蟻が登場し、最後に返事をしてくれるのは、大きな緑の山!!
    呼ぶものより呼ばれたものの方が少しずつ大きくなっていくのも、すごく自然で見やすかったです。
    あと、やっぱり小さなお子さんたちは身近な虫や動物にとても敏感に反応するので、
    この作品に出てくるような生き物たちは、子どもたちにすごく親近感を与えてくれる気がしました。、

    今度機会があったら、小さなお子さんたち向けのお話会で使ってみたいです。
    ただ、季節はメッチャ「春」なので、読むのなら春に読むことをお薦めします。
    個人的には“かえる”が一番好きです。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間が増えてく!!

    「おーい」ってよぶと、「はーい」って聞こえて
    きて、動物たちがどんどん集まってくるんです!!
    動物たちが、かわいらしく、大きく描かれている
    ので、0歳の娘も、にこにこでこの絵本を見てくれ
    ています♪
    最後にお返事してくれたのは・・・・・、
    とっても大きいものですよ♪
    何がお返事してくれたかは、ぜひ、読んでみて
    くださいね♪

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • にっこり お返事

    「おーい」「はーい」の繰り返しだけなのですが、なぜかニッコリ笑顔になれる本です。
    笑顔のお返事は、気持ちのいいものですね。

    順番に登場する動物達がだんだん大きくなっていって、最後は山でした。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット