だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

こぶたはなこさんのおべんとう」 みんなの声

こぶたはなこさんのおべんとう 作:くどう なおこ
絵:いけずみ ひろこ
出版社:童話屋
本体価格:\950+税
発行日:1983年
ISBN:9784924684164
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,673
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい気持ちになれます

    自分が小さいときに好きだった本です。
    久しぶりに読んで、懐かしくなりました。
    こぶたはなこさんがピクニックに行く用意をするためにテーブルの上にお菓子などを広げているのを見るとこちらもワクワクしてきます。
    ピクニックの様子も楽しそうでクスっと笑えるのでお気に入りのシーンです。娘に買ってあげたいなと思う本です。

    掲載日:2016/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのお弁当

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    こぶたはなこさんとこりすすみえさんはお弁当を持っておはなつみに行くことに。
    お弁当の量がすごいなーと思いました。
    お弁当を持ってお出かけっていいですよね。
    なかよしな2人。いっしょにお弁当を食べたり、絵を描いたり、他にもたくさんのことをしてとても楽しそうでした。
    自分の子供にもこういう経験をしてほしいな。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしいな

    こぶたはなこさんは、こりすすみえさんと一緒に
    たくさーんのおべんとうを作って、おはなばたけにはなつみに
    いくことにしました。途中でかわいらしいお花に出逢う度に
    おべんとうやおやつを食べ、スケッチし、なかなかおはなばたけには
    着きません。
    おはなばたけに着いた時にはおべんとうはすっかりなくなっていて
    スケッチブックも全部使ってしまっていました。でもふたりは楽しく
    過ごします。おひるねをしたり、おにごっこをしたり、おはなもたくさん
    摘んできて、部屋中に飾るのです。
    かわいらしくて素敵だなあって思いました。
    娘だってこんなことをたっぷりやりたいだろうに、たくさんのおべんとうや
    おやつをもっておはなばたけになんて行ってないものなあ。
    お花だって部屋中に飾るなんてこと、したことないものなあ。
    こんなにたくさんのおべんとうを用意することはできませんが
    おいしいものをもって、お外にでかけたいなと思いました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乙女な気分

    もう成人した娘たちが、大好きでよく読んだ絵本です。
    彼女たちがこの本に出会ったのは、姉が2歳ごろ、その時、妹はお腹の中だったと思います。
    天然なはなこさんが用意するおやつやお弁当は、とても美味しそうなものばかり。
    途中で用意したものを食べてしまったり、予定外のハプニングはあっても、今日という1日を楽しんでいるはなこさんの姿は、当時、仕事をしながら子育てしていた私にとってとても新鮮なものでした。
    それから、親子で、はなこさんの大ファン。
    シリーズの中でも『こぶたはなこさんのおべんとう』は、想い出深く、乙女なはなこさんのまねをして、よくおやつを持って散歩に出掛けたり、近くの広場でお弁当を広げたりしていました。
    もちろん、おみやげには野の花、まつぼっくり、小石etc…お部屋に飾って楽しんでいましたよ。
    女の子には、絶対おすすめですよ!

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発行は1983年!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「こりすすみえさん!?」と、下の子が手にして読みました。
    『のはらうた』の中に“こりすすみえさん”って、いましたよね?
    今、調べてみたら『のはらうた』1巻は1984年5月に童話屋から出版されています。この絵本はどうやらその前年に作られていた(?)ようです。

    『のはらうた』のすべてを知っているわけではありませんが、うちの子も、私も大好きな詩がたくさん載っているとっても好きな工藤さんの詩集です。
    こりすすみえさんはどの辺に出てたかな〜?
    この話は、「こぶたのはなこさん」のお友達は“こりすすみえさん”で、二人でおいしいお弁当を持って、ピクニックに行く話でした。
    美味しそうな食べ物と、可愛いお花と可愛いお部屋のインテリアがたっぷり楽しめる小さくて、可愛い絵本でした。
    可愛いものが好き、ピクニックが好き、食べることが好きなお子さんたちにぜひ読んであげてください。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お弁当

    こぶたはなこさんは、お弁当を作るのも、お弁当を食べるのも両方好きなのが、娘みたいだと思いました。私はと言ったらもっぱら食べるのが専門です。とっても美味しそうなものばかりなので、途中で食べてしまうのが納得してしまいます。食いしん坊さんでも食べるだけでなく、花の絵を画いているのが素敵だと思いました。それにしてもよく食べれるので感心してしまいます。食べ物、花の絵が沢山描かれていてとても綺麗で、美味しい絵が魅力でした。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おべんとうを作るのも食べるのも好きな、こぶたはなこさんが、こりすすみえさんを誘ってお花畑に出掛けます。

    おべんとうは、たっぷりと。
    サンドイッチ、アップルパイ、ホットケーキなどなど。
    子供たちが好きなものばかりです。
    まずはこのおべんとう作りを楽しんで下さい。

    そしてお花畑に出発。
    着くまでには色んなお花が咲いていて、2人は絵を描いたり、おべんとうを食べてしまったり。
    着いた頃には、かごの中はからっぽです。
    でも、そこでできることはいっぱいあって。
    そのページも楽しい。

    絵が可愛く、どちらかというと女の子向けの絵本だと思います。

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいコンビ!

    • ちうやかなさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、男の子6歳

    個人的にはすごく好きな本です。シリーズの中には絶版のものもあると聞きましたが、もったいない!!かわいいと思うなぁ〜。このサイトの表紙もUPしてあげてほしいです。
    お菓子やお花、お花の絵を描きながらピクニック・・・もう、女の子の好きな内容ばかりなんですが、ウチの息子ふたりとも、まだ大好きですよ。しっかりものの「こりすすみえさん」と、くいしんぼうであわてんぼうの「こぶたはなこさん」のコンビもとてもいい感じ!
    ほのぼのしてて、本当にかわいらしいと思います。

    掲載日:2005/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぶたはなこさんがお弁当を作ってお花畑へ出かけるお話。
    沢山のお弁当を持って出かけますが、目的地のお花畑に着く途中休んでは食べて、休んでは食べてを繰り返したら、お花畑に着いたときには、何もなくなってしまいます。でもお花畑で色々な遊びをして帰るといったお話です。

    読み手をとても、ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。
    多くの種類の食べ物が登場するので、食いしん坊の娘は興味を持って一緒に読んでいました。

    掲載日:2004/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット