しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はいいろひめさまかぞえうた」 みんなの声

はいいろひめさまかぞえうた 作・絵:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1993年
ISBN:9784871101226
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,783
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色がつくと

    はいいろシリーズ?好きです。
    図書館で見つけてテンションがあがりました。

    灰色の世界で1つから11まで
    色がついていきます。

    色がつくとぐんとページが明るくなって
    華やかになります。

    毎回どんちゃんさわぎ!
    ストーリーも面白いので
    2冊合わせてぜひ読んで下さい。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色がないからこそ。。。

    この絵本では、ほとんど色はありません。
    でも、1ページめくるごとに、すこしずつ、色が増えていきます。なので、その色の鮮やかさを感じるとともに、印象に残ります。
    リズム感がとてもいいので、年少のクラスのみんな、お気に入りでした。
    一週間もすると、暗記している子もちらほら・・・
    数の勉強にもなる絵本です。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1〜11まで

    「はいいろひめさま」シリーズの中の1冊。
    今回は、かぞえうたで、1〜11まで1ページづつ進んでいきます。

    「はいいろ」ベースの中に、数の分だけカラーになっているので、子供が見つけやすく、数えやすいです。10まででなく、11って所が、佐々木マキさんらしいな〜と感じました。
    ストーリーになっているのも、面白かったです。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばでも、絵でも楽しめます!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「かぞえうた」大好きおばさんです(^^ゞ

    はいいろ・・・って
    何でだろう?
    なるほど、数の分色がはっきりして
    見えるようになんですね

    やんちゃなお姫様ですが
    とっても楽しそう

    意外なものばかりの登場だし
    ことばも名詞だけではありません
    いっしょに遊んでいる感を楽しめます

    10までじゃなくって
    11という中途半端さ(^^ゞ

    で、王様が持っているのが
    どうしても布団叩きに見えちゃう(^^ゞ

    絵本を閉じると
    「ハエ叩き」(^^ゞ
    を王様が持っています!!
    さすが!ささきまき作品です!!

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2冊まとめて読んでみてください

    「はいいろこくのはいいろひめさま」の続編で今度は1つ、2つと数のお勉強ができる本です。
    灰色の世界に原色がすごく映えて目を引きます。
    かぞえうたになっているので読みやすいです。
    数を覚えたての2歳くらいのお子さんにおススメです。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • かず

    灰色姫様の数え歌です。数の数字だけ、色がついているのが嬉しくて数えたくなります。おおちゃくなお姫様が巻き起こす騒動と共に一緒に楽しめます。王さまは、やんちゃで手のかかるおひまさまが大好きだよって、後ろ姿が言ってます。お互いに顔を見合って手をしっかり繋いでいる二人の姿に、父と子を感じます。
    やっぱり、愛される灰色おひめさまがみんなから愛されているのを感じます。数え歌をしっかり楽しめる絵本です。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数の絵本

    息子は「むっつ むちゃくちゃ おおさわぎ」というページが気に入ったようでした。文が少ないので、一人でも読んでいました。灰色の背景と、ページを開けるたびに増えていく色の対比を楽しむのと、数を数えたり覚えたりする本だと思います。ストーリー性のあるものを好まれる方には、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王さまに手には・・・

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    佐々木まきさんの絵本はユーモラスですきです。
    はいろのひめさまのシリーズ。

    かぞえうたは 歌うようにリズムにのって1〜11まで
    すすんでいきます。
    楽しく数字が覚えられていいですね。
    とてもテンポがいい言葉なので、ついページをめくる手が早くなって「ママ、7の所もっと見たい」と子供に言われたりしました。

    グレーの世界に、ポッ、ポッ、と色が咲きます。

    はいいろひめさまはいつも、黄色いキャンデーを持っています。
    ラストに出てくるお王様の手に持っているものは・・・?
    私には布団はたきに見えるのですが・・・???

    掲載日:2007/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お勉強になります

     今、上の子は足し算に興味を持ち、下の子は数を数えるのに夢中になっている時期です。
    1〜100まで普通に数の数え方しか教えていませんでした。
    時と場合によっては、ひとつ ふたつ みっつ という数え方もありますね。この本は、後の数え方が分かる絵本です。
    でも、同じ意味でも 数え方が二通りあるというのは 子供には難しいみたいです。

    掲載日:2006/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 灰色の世界に色がつく

    はいいろひめさまの住む世界は灰色の国。ところが、
    「ひとつ ひとりぼっちのはいいろひめさま」と
    数を読むと、ぺろぺろキャンディーが一つ色がついています。このように2つ、3つとお話が進むと、その絵の何かが
    数の個数だけ色がついています。
    娘はいち・に・さんというような呼び方ではなく、ひとつ、ふたつ・みっつという呼び方に少しとまどいを感じてましたが、色の違うところを自分で数をかぞえて探していました。

    掲載日:2004/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちいさなたまねぎさん / だるまさんが / まくらのせんにん さんぽみちの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット