だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぱくぱく」 みんなの声

ぱくぱく 作・絵:もも
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2003年
ISBN:9784265058518
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,447
みんなの声 総数 17
「ぱくぱく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぱくぱく ぷりぷり ぐうぐう…などの擬音語

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    イモムシも、こうしてみるとかわいいです。
    イモムシからカブトムシへの成長過程を簡略的にかわいらしく表現した作品です。
    1ページ1ページの言葉は擬音語で端的に描かれています。
    ぱくぱく ぷりぷり ぐうぐう etc……。
    そして、その下に小さな文字で、そのページに描かれている状況などがちょっと一言描かれています。
    この一言がなかなかどうして、へぇ〜と、感じるところも多かったです。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだろう?

    はじめ、絵を見ても、題名を見ても、表紙の白い
    ものの正体がわからなかったのですが、読んでいく
    うちに、かぶとむしの幼虫だったということが
    発覚!!
    どんどん大きくなっていき、さなぎになって、
    そしてカブトムシに成長するところが、とっても
    楽しかったです。
    「うんちぷりぷり」のところもかわいいですよ♪

    掲載日:2013/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • だれ!?

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳、

    生まれたばかりの赤ちゃん。
    一体何の赤ちゃん?
    食べてウンチをして寝て・・・少しずつ大きくなって動作も豪快に!
    何の赤ちゃんかさっぱりわからなかったけど「いらいら」でようやくわかりました〜!
    答えがわかると生まれたばかりの時の姿も納得です。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな男の子に

    カブトムシの成長の過程がかわいく書かれています。パクパクといった音の言葉がたくさん出てきて、小さい子にもわかりやすくて、面白いと思いますよ!!

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにかな? 

    親子リズムで1才児に読んであげようと思いました

    シリーズ ちぃっちゃないのち
    1 ぱくぱく 
    2 まるまる
    3 ぷらぷら
    三さつあるのですね 

    おもしろい!
    がぶがぶ おっぱいのんでる だんだん成長していく過程が  表情豊かに描かれていて 笑えます
    最後のかぶとむしの せいちょうは 勉強になります 科学絵本
    幼虫の時にするうんち 9000個には びっくりしました

    作者の ももさんは 後書きに 五味太郎さんに師事したとありましたが あ〜納得と思いました  これからも おもしろい絵本 期待してます!

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予想外

    最初は「ぱくぱく」という題名から、ご飯を食べるだけの単調なストーリだと思って読みました。しかし、以外な事にカブトムシが主人公で、最後には、カブトムシが現れたので、びっくりしました。幼虫からストーリが始まって、幼虫の成長具合に合わせて、字体もだんだん大きくなるので、娘もなんだか嬉しそうに読んでいました。予想よりとても楽しめる絵本でした。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物知り顔で読んでくれます。

    4歳の娘にはちょっと赤ちゃんっぽい本かな,と思いながら借りました。しかし,娘はカブトムシの成長する姿を知って,得意そうに,これが1令幼虫,2令幼虫・・・といいながら,私に読んでくれます。
    幼虫の体が大きくなるにつれ,活字も大きくなるところがとても楽しいです。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長過程

    小さな幼虫が成長していく様子を描いたお話です。

    かわいい絵と分かりやすい文章で構成されていて、乳児さんでも十分に楽しめる一冊だと思いました。

    最後のページには、カブトムシの成長が詳しく書かれていて、大人でも勉強になりますよ。

    図書館で見つけたのですが、是非、夏に子ども達に読み聞かせてあげたいと思ったオススメの一冊でした☆

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • すぐにわかったよ〜!

    カブトムシの成長が楽しく描かれています。
    左ページには文字が、右ページにはイラストが載っていますが、両方とも成長と共に大きく描かれていくところが工夫されていてよかったです。
    実際に我が家ではカブトムシの幼虫がいてタイムリーな話題だけに、「だあれだ?」の問いで子供達はすぐにわかったようでした。
    ラストのカブトムシが「てれっ」とするところもとても可愛いですよ!
    この絵本シリーズであるんですね、他のも読んでみたいです。

    掲載日:2007/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おべんきょうにもなります。

    息子が図書館で、自分で選んできた本です。

    最初に出てくるのは、かわいい幼虫さん。

    ぱくぱくたくさん食べて、たくさんうんちをして、たくさん眠ったら…。

    どんどん成長する様子は、子どもと同じ。

    息子は将来、カブトムシになるつもりなので、
    この本を読んで、たくさん食べて、うんちして、眠る!と張り切っています。

    かわいい絵で、ストーリーはごく簡単にカブトムシの成長なので小さいお子さんにもオススメです。
    しかも文字数少なく簡潔。
    「ぱくぱく」や「があがあ」など擬音が多いです。

    他のシリーズも読みたいです!

    掲載日:2007/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット