モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

銅版画家の仕事場」 みんなの声

銅版画家の仕事場 作・絵:アーサー・ガイサート
訳:久美 沙織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784776400844
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,883
みんなの声 総数 5
「銅版画家の仕事場」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エッチング

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『THE ETCHER’S STUDIO』が原題。
    「ぼく」は毎年おじいさんの仕事のお手伝いをするのです。
    おじいさんは銅版画家、ということで、その作業の様子が描かれます。
    もちろん、作者も銅版画家ですので、それらが全て、銅版画で描かれているのです。
    銅版画というのは、銅版に下絵を写し取り、その線に沿って道具で引っかき、
    さらに化学薬品で腐食させて凹部分を作り、そこにインクを残して
    印刷する版画のこと。
    なかなか工程がたくさんある作業です。
    読者も、「ぼく」の視点から、その様子を知ることができます。
    −気がつくと、絵の中をさまよっている。
    「ぼく」のワクワク感が伝わってきて、素敵です。
    私も学生時代、銅版画を見る機会があり、その工程が知りたくて、
    芸術学の先生を質問攻めにしたことがあります。
    (一般教養科目だったし、試験には出さないと言われましたが。)
    銅版画って、それだけやっぱり魅力的なんですね。
    描かれた作業場には、作品もたくさんあり、作者のほかの作品の絵も見つけて
    嬉しくなりました。
    なにより、おじいさんに褒められた「ぼく」の嬉しさも伝わってきました。
    嬉しいことに、巻末に用具の名前や、工程の解説まであります。
    化学薬品のビンの危険物マークが、妙にリアリティがありました。

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • モデルはやっぱりブタ

    『あかりをけして』や『ふわふわブイブイ気球旅行』を読んで、アーサー・ガイサートさんのファンになりました。
    こちらの絵本は、著者の挿絵の手法である銅版画が、どのよに描かれるのかがわかります。
    絵に少し興味のある9歳の長女が、熱心にひとりで読んでいました。おじいさんの絵に色を付ける少年の気分になっていたのかもしれません。
    最後の数ページが「銅版画のできるまで」という行程作業を説明するページになっています。その絵のモデルが、著書でおなじみのブタだったので、私はそこでフフフと笑ってしまいました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめます

    このお話は銅版画家という仕事のお話で、銅版画できるまでを描いていました。私はこのお話で初めて銅板というものを知ったのでとっても新鮮なお話でした。もちろんうちの子も初めて銅板画家の事を知ったので興味津々で見ていました。絵もとっても素敵だと思いました。

    掲載日:2013/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を書く人、モノづくりをしてる人

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ちょっと面白い絵本を見つけました!
    パッと見はマイナーな感じもしますが、中身は濃くて面白いです。
    で、はっきりはどこにも書いてありませんが、ちょっとネットで調べてみたら、この絵本はやはり作者本人の自伝的な内容になっているようです。

    この絵本の中の「ぼく」が、おじいさんの仕事場で一人前の仕事をしている姿が、とても輝いて見えました。
    特に絵の勉強をしている人、もしくはモノづくり系の仕事で身を立てたいと思っている人には、ぜひ一度読んでもらいたい作品です。

    アーサー・カイサートの作品を読むのは初めてでしたが、とても興味を惹かれましたので、機会がったら、また探してきたいと思っています。

    また、この絵本を翻訳された久美沙織さんは、ジュニア小説からエッセイ、SFと、多岐にわたる作品を書かれている作家さんで(名前は知っているけどまだ読んだことはありません)、
    こういう翻訳のお仕事までされているんだぁと、驚きました。
    残念ながら、久美さんの作品は微妙にうちの子の趣味じゃなさそうなので、手に取るかどうかは微妙ですが、
    1冊の作品を通して、いろいろな視野が広がるって、なんだかとってもワクワクしませんか?

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な幸せ?!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    銅版画って知ってますよね?!
    私は、けっこう好きです。
    ちょっと、レトロな感じがして、異国風で、おしゃれで・・・。
    どんな風にできるのかな?なんて思ったこともありました。

    で、でも、この絵本、
    実は、次女(4才になったばかり)が、自分で図書館で見つけて借りてきたんです。
    いくら何でも、彼女には難しすぎるよなあ!題名なんて漢字だし・・・。
    それでも、寝る前に読んでくれと持ってきて、一緒に読みました。
    びっくり!!!集中して見てました。

    おじいさんの銅版画の手伝いをする少年が、刷り上った版画に色を塗るのですが、彼はいつしか絵の中に入ってしまうんです。
    そして同じように、次女も絵本の中に入ってしまったのでした!
    特に気に入ったのが、深海。
    「わあ、お魚いっぱい!このカメかわいいねえ♪ママはどれが好き?」
    「ママは、カニがいいなあ♪このくらげもきれいだねえ!」
    ページをめくる手をとめて、しばし見とれてしまいました。
    大人っぽいこんな絵本で、幼い娘とこんな幸せな時間が持てるなんて、とても意外でした。

    掲載日:2004/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット