なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

だからそっとおやすみなさい」 みんなの声

だからそっとおやすみなさい 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:ガース・ウィリアムズ
訳:木本 栄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784061892439
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「だからそっとおやすみなさい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寝る前の朗読に

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    子供たちを寝かせる前は「読み聞かせ」していますが、この絵本は「朗読」のほうがいいかなと思い、目を閉じさせてから朗読しました。
    「ねむくてしかたがなかったうさぎ」「ゆめみごこちなこうさぎ」「ねむりにつく」など7つの短編集になっています。短編といっても1つが絵本1冊分くらいの文量があるので、1つのお話でも物足りない感じはありません。
    そしてどのお話も、本当に眠くなる(笑)私も読んでいて眠くなっちゃうので、お話の記憶がなかったりします(笑)言葉が優しくて、ゆったりした気持ちにさせてくれるんです。
    寝る時間になってもなかなか寝てくれないというお子さまには特にお勧めです!

    掲載日:2013/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠たい動物たち、眠りにつく動物たちが次から次に出てきます。
    お話が三話、そして詩が四編。

    眠くて仕方がなかったうさぎさん、大きなあくびをしたら、なんと、一ぴきのはちが口の中に飛び込んできて、そのうえ、のどのところで寝てしまいました。うさぎは、眠ることができません。なんとかして、出そうとするその様子が、あまりにもけなげで、心が温かくなります。
    ゆめみごこちなこうさぎは、仲間からネムネムリーと呼ばれていたのですが、みんなの役に立つある出来事が起こります。
    読んでいると、時間がゆったりと流れていくようで、穏やかな気持ちになります。動物たちの寝ている姿はもちろんですが、その表情を見ているだけで、眠りに誘われそうです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。おやすみ前にぴったりの本です。詩がとても心地よく耳に響き眠気を誘いますね。絵もすごく可愛いです。表紙のクマさん、この本の表紙と同じ本を読んでる!そういう細かいところも凄いな、って思いました。見てもよし、聞いても良しで、大満足の1冊でした。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとってもかわいいです。

    ただ、短編集といってもひとつのお話の文章が多くて、読むのに疲れました。(詩は除く)
    3歳の娘も、集中力がなくなり、途中から聞いていない・・・読み終わらないうちにページをめくりたがる・・・
    仕方なく要約して読みました。

    読み聞かせは“3歳から”となっていましたが、うちの子にはまだ早かったようです。
    本が大好きな娘ですが、この本にはアンコールがかかりませんでした。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前に

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マーガレット・ワイズ・ブラウン文、ガース・ウィリアムズ絵という黄金コンビによる1948年の作品。
    3つの短編と4つの詩・歌が納めらていて、おやすみなさいの絵本の決定版として、全米で親しまれてきたようです。

    特に気に入ったのは、「ゆめみごこちな こうさぎ」という短編。
    文章量もあるので、これだけで一冊の絵本として十分通用します。
    おかあさんうさぎと、何と1100匹のこどもたちという設定で、主人公ノネムネムリー以外は、日中それは良く働きます。
    その働く容姿が、実に人間ぽくって思わず笑えてしまいます。

    でも、実はネムネムリーはただ単に日中何もしなかった訳ではなく、回りに注意を払っていたのです。
    それが大きな危機を回避することに繋がるのですが、決して役に立たない者はいないということを考えさせられる絵本です。

    この作品以外は、おやすみ前に読める短い作品になっていますので、いろいろ活用出来る絵本だと思います。

    掲載日:2008/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでいるとなんだか眠くなります。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    ガーズ・ウィリアムズの絵が、余りにも可愛かったので、つい図書館で借りてきてしまったのですが、この絵本題名が「…おやすみなさい」とだけあって、読んでいると眠い!
    絵本の世界につられるのか、不思議ととても眠くなるんです。
    絵本は、森に住んでいるいろいろな動物達の、眠りにつくまでの姿を優しく語ってくれる短編集でした。
    ちょっと最近、ストレスがたまっていてとか、不眠症でなんて方、特にお勧めです。

    掲載日:2004/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット