たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ゆきのひのステラ」 みんなの声

ゆきのひのステラ 作・絵:メアリー=ルイーズ・ゲイ
訳:江國 香織
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年
ISBN:9784895726368
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • サムは雪を見るのが初めて。そんなサムは、雪についての質問を次から次へとステラにします。
    「ゆきってつめたいの?」→「バニラアイスクリームみたいにつめたいわ。」
    「ゆきってかたいの?」→「あかちゃんうさぎみたいにやわらかいのよ。」
    など。ステラは、嫌な顔をせずサムに教えます。
    その例えがとてもすてきで豊かです。
    二人は、雪の中でいろいろな遊びをします。二人のキャラクターが違ってそれぞれのペースで楽しんでいるのが、またいいのです。
    絵も、とても繊細で柔らかい、かわいので雪のふわふわした感じが伝わってきます。
    雪の日が待ち遠しくなるような絵本です。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪のことがよくわかる一冊

    雪は見たことがありますが、せいぜい溜まった雪を集め

    ゆきだるまを作る程度で、雪合戦をしたり、

    あたり一面雪景色・・・なんて経験がない分、

    この絵本ではそれがとても楽しめました。

    雪国の子にとっては普通のことでも、それ以外の地域では

    とっても珍しく、子供にとっても楽しい遊びがいっぱいあります。

    この絵本を通して、そういうことが伝わったので、

    楽しい一冊となりました。

    掲載日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかよし姉弟

    ステラとサムは仲良しのきょうだいでいいですね。
    ステラは優しく、サムもぽわんとしているからいいのかな?
    私は弟とは小さい頃はケンカばかりでした。
    娘はひとりっこですが、もし弟がいたら、きっとステラの
    ようにやさしく楽しくいろんなことを教えてあげるのだろうな
    って思います(小さい子のめんどうをみたいタイプなので)。
    サムがいろんなことを不思議に思うのは、ほんとに小さい子
    ならではですよね。子どもがふたり以上いるおかあさん達は
    よく「下の子はかわいくてねえ」と言っていますが、きっと
    こんなサムみたいな感じなのだろうなあ。
    しかしこのふたり、雪降る中、元気に遊びます。
    風邪ひかないでね(ということがつい気になってしまいます)。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステラ

    「ステラ」シリーズを初めて読みました。
    ステラは、かわいい女の子ですね。
    そして、サムの存在がこのお話ではかかせないでしょうり
    雪や寒さに対して、あまりにも「無」なのですから!
    「そんなこと、疑問に思うの!?」ということばかりなのですか、ステラはわかりやすく楽しく、そして自分も楽しんで教えていたと思います。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の天使

    外は一面の銀世界です。ステラは弟のサムに雪遊びを伝授しようと必死

    です。初めての雪遊びにちょっぴり臆病で慎重になってしまうサムとの

    会話が楽しいです。ステラは遊び心満開ですが、サムは警戒心いっぱい

    ながらもステラがいてやっぱり嬉しそうです。

    雪の上に天使を作った二人は、とても満願の笑顔が素敵でした。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉弟の会話に満足

    ステラは雪をはじめて見る弟のサムと一緒に
    雪の中遊びに出ます。
    はじめて雪を見る弟のさまざまな疑問に
    ステラもやはり子供らしい素敵な回答をしてくれます。
    大人じゃなかなか思いつかない詩的で珍なやりとりのオンパレード。
    このシリーズに共通する姉弟の会話の魅力が全開です。
    大人も子供もほのぼのできる絵本。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姉弟の会話を楽しんでください

     カナダで大人気の“ステラと弟のサム”シリーズ本だそうです。
     この季節はこの一冊が良いかと思います。
      
     今回も、すこしこわがりやさんのサムを、ステラが『平気!平気!』の勢いで、新しい体験に引っ張っていきます。
     サムが初めて見る雪、初めて見る吹雪。
     ステラはサムを外に引っ張り出して雪遊び。

     やっぱり、ステラは素晴らしい詩人です。
     こどもらしい視線で、まだ数少ない言葉を操ってサムの投げかける質問に、ポンポンポ〜ンと答えます。
     そして、サムは探求心旺盛な研究者(笑)。
     
     絵がとにかく私のお気に入りです。
     サムの帽子に今回はイチコロでした。
     雪の上の天使、素敵でしたよ!
     そうそう、ラストのワンちゃんにも参りました。

     姉弟の会話を楽しんでください。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきを楽しむステラ♪

    サムにとって初めての「ゆき」
    姉のステラがゆきあそびに誘います。

    ゆきを食べ、ゆきだるまを作り、ゆきがっせんにそりすべり。
    ゆきあそびを思いっきり楽しむステラ。

    サムは対照的に何にでも臆病なマイペースさん。

    サムの質問に答えるステラは、時には詩的でとても素敵です♪
    お母さんでもここまで大らかには行きませんよね。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一面の銀世界

    • モモ太郎さん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子7歳、女の子6歳、男の子5歳

     赤毛のちりちり頭のお姉ちゃんステラと、金髪のもじゃもじゃ頭の弟サムが繰り広げる「ステラ」「サム」シリーズの一冊。

     初めて雪を見るサムは、雪ってどんなんだろう??? って?がたくさん!!
    いろんな質問をお姉ちゃんのステラにぶつけていきます。
    親だったら「もー」って適当に相手してしまいそうな展開ですが、ステラはひとつずつ、丁寧にサムの問いかけに答えていきます。
     その回答が実にメルヘンチックで、ほのぼのしてしまいます。

     一面の銀世界。 凍える鳥。 雪をかぶった木々。
    イラストひとつひとつ、寒さが伝わってきます。
    雪の中ではしゃぐ二人のほっぺは真っ赤で、見ているこちらが寒くなるくらい。

     ラストのステラ・サムの行動は、自分もスキー場で経験があり、すごーく共感しちゃいました。
    愛犬フレッドも同様に・・・ それがまたカワイイ。

     カナダ出身のイラストレーターが描く、デッサンに水彩やパステル?で色付けした、とてもやわらかでやさいいタッチの絵が魅力的な絵本。
    なんとあの江國香織さんが日本語を担当しています。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の日もまた楽し!

    訳者が江国香織だったので買った本です。雪を初めて見たサムはステラと外に出かけます。雪の日も雨の日同様、子どもがワクワク興奮する日ですよね。雪遊びをしらないサムにステラがいろいろな遊びを教えてくれます。大人になると気持ちにセーブがかかってしまい、子どものように楽しく遊べなくなりますが、この絵本を読むと、雪の日にサムとステラのように、雪の上で大の字になって、天使の歌声を聞いてみたくなります。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット