はーくしょい はーくしょい
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ルルちゃんが「はーくしょい!」セーターをきても、マスクをかけても「はーくしょい!」そこで、まほうつかいをよびますが……?
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

魔法使いのおまじないで治るといいのに
風邪をひいたらしくて、くしゃみがどうし…

きいろいほしからきた おじさん」 みんなの声

きいろいほしからきた おじさん 作・絵:おぼ まこと
出版社:くもん出版
本体価格:\1,553+税
発行日:1993年
ISBN:9784875768357
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,403
みんなの声 総数 2
「きいろいほしからきた おじさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢かな?

    うーん、少しだけなんですけど、残念な感じが残っちゃったかな・・・
    おじさんと主人公の冒険は、とても面白かったです。
    絵だけの場面でも、子供に十分伝わっていました。
    それだけに、「夢かな?」という、簡単な現実への戻りかたが気になりました。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくと、ねこのトムのファンタジー体験

    3学期初、2年生のクラスの読み聞かせに何しようと悩み、年末からずっと寒さが続くので、あたたかくなる本がいいと思いこれを選びました。

    ある日、アンクルイエロースターと名乗るおじさんが現れ、3つプレゼント(風邪薬・星くずのキャンディ・黄色い切符)をもらい海に連れて行ってくれた。海にはいろいろな生き物がいて船と一緒に遊んだり泳いだり。・・いつの間にか家に戻り、みんな夢だったのかなと思うが手にはちゃんと切符が。

    そして、あんなに会いたがっていたおとうさんが帰ってきた!おとうさんは外国船の船乗りなのです。
    お土産はさっき乗った船と同じものだった・・・

    文は「ぼくとねこのトム」とあって、ぼくの名前がなかなか出てきません。
    おとうさんの「大きくなったな、すすむ!」のセリフでやっとぼくの名前を知ることになります。
     
    子供達は静かに聞いてくれました。海の生き物の様子が見開きいっぱいに描かれているページが7枚もあって、そこには文がありません。「いるか・メカジキ・カメ・人魚・くじら、いっぱいいるね〜」、「アンクルイエロースターがフワッと空へ浮き、ぼくとねこのトムはおじさんのポケットの中にいました」などとアドリブで言ってみたら反応があったので嬉しかったです。

    あと感心したのは、ぼくがベットに入ってつぶやく言葉。『きいろいほしからきたおじさん、きょうはありがとう。今度はおとうさんやおかあさんとも会ってください』おとうさんになかなか会えないから両親のこと大切に思っているんだなとは思いますが、親のおしつけではなく、自然にこんなことが言える子になってほしいなァと思いました。

    掲載日:2005/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ともだちってなんだろう?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット