たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

やまのねこやしき」 みんなの声

やまのねこやしき 作:さねとうあきら
絵:井上 洋介
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784774604626
評価スコア 3.9
評価ランキング 28,655
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 単純さが怖さを引き立たせているような

    山の中の不思議なお屋敷には三人の女がいて、道に迷った若者をもてなしてくれます。
    ところが、お屋敷は実は化け猫屋敷でした。
    お湯につかると猫になってしまうというのです。
    話の展開がシンプルだけに、井上洋介さんのおどろおどろしい絵が怖さを膨らませてしまって、ちょっと子どもには怖そうな気がします。
    可愛がってくれたからと、若者に本当のことを教えてくれた、元猫の風呂焚きのおばば。
    猫の恩返しです。
    逃げおおせた若者ですが、お湯に触れた部分だけチョイ猫になってしまったところなど、描写によっては後をひきそうな怖さですが、そこは井上ワールド。
    あまり現実感を覚えずにすんで、ホッと人心地でした。

    掲載日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわ〜いよ!

    ねこの苦手な私は、怖くて身震いしてしまいました。

    どうなってしまうのかとドキドキの私でしたが、耳の後とすねの裏にも

    じゃもじゃの毛がはえただけで済んでよかったです。親切なみけねこに

    助けられてよかったです。風呂焚き婆に化けたみけねこも結構怖い顔を

    してたけど、みかけだけで判断してはいけないと思いました。

    可愛がってもらったみけねこだから恩返しをしてくれたと思うとねこも

    可愛がってあげなければって思いました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 設定はおもしろいけど・・・

    人間に化けたねこたちのねこやしきの不思議と、
    若い男の家の近所に昔、飼われていたねこが、ピンチを脱してくれた
    といった設定は良かったのですが、
    男が逃げるときのねこの様子や、屋敷での様子が
    もっと描かれていたら恐ろしさが増して良かったのにな〜。と、
    ちょっと残念な部分もありましたが、挿絵のねこの迫力は
    良かったので、星3つにしました。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「?」がいっぱいでおもしろいのかも

    日本昔話らしいっていえば、そうかもしれません。

    旅人関連のお話で、トラブルめいた話って多いですよね?
    恩返し?
    親切にだまされてはいけません
    美人には気をつけよ???

    忠実な犬と違って、気まぐれな感じの「猫」がキーポイントなのかな?
    気まぐれでもかわいがってあげていた方がいいよ・・・とか?

    仲間を裏切ったみけねこのふろたきばばは、どうなったのかしら?

    3人の女の追っかける様は、狂気に満ちていて、確かに迫力があります。旅人を猫にして、仲間を増やすのかしら?

    とっても、気になることが多くって、また最初から読みたくなります。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわ〜い!

    旅人が山で1軒の家を見つけ、泊めてもらおうと
    たずねると、綺麗な3人の娘さんが出てきて・・・

    なんとなく予想が付くな、と思いながら
    読みました。大体は予想通りでした。

    下の子が一生懸命見て聞いてました。
    怖いけど何回も読みたがる。怖いもの見たさでしょうね。
    極端な起承転結はないですが、ちょっと怖い昔話です。

    昔話は似たようなのが色々ありますが
    どんどん読みたいと思います。
    親子でどうぞ!

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと盛り上がりに欠けるような〜

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    日本の民話シリーズの1冊です。
    化け猫屋敷に、うっかり道に迷った旅人を昔かわいがっていた近所の猫が助けてくれて、ぎりぎりセーフで逃げ帰ったという話です。

    よくありがちな話で、低学年を対象とでもしているのですようか?話が簡潔にまとまりすぎていて、盛り上がりに今いち欠けるような気がしました。
    井上洋介さんの絵は好きなんですけどね〜。
    ちょっと残念です。

    掲載日:2007/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い話だったのね

    イラストが、井上洋介ということでとてもユーモラスな感じなのですが、旅人が泊めてもらった家のお風呂に入ると、猫に変わってしまうという、恐ろしい家でした。

    出迎えてくれたのが、きれいな女の人なので、つい油断してしまったのでしょうね。猫の恩返しが登場しますが、日頃から何にでも親切にするということは大事なことですね。

    読み始めた時はわかりませんでしたが、実は怖い話だったのねと思いました。

    掲載日:2007/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこになりたい人にはいいかも。。

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    ねこ屋敷に入ってしまった旅人。
    助けてくれたのは、隣の家で飼っていた三毛猫でした。

    ねこも恩を感じて、助けてくれるのですね。

    井上洋介さんの絵が、おどろおどろしい雰囲気にぴったりです。

    旅人の体の異変が、現実味を感じさせます。
    ちょっぴり恐ろしいおはなしです。

    掲載日:2006/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おそろしや〜

    小2の息子、国語は今「かさこじぞう」だ。 
    2年生のクラスになにか昔話をと思って読み聞かせに持っていったのがこの本。
    道に迷った旅人が一晩とめてもらおうとしたその家には三人の綺麗な女の人が。やさしくしてもらい、さて風呂に入ろうとしたそのとき、「ここはおやまのねこやしき。おまえさんのくるところでねえ。」と風呂焚きのばばの声が。
     このばばがなんかいいんだわ。こどもたちは息をのんでしーんと聞いていました。

    掲載日:2005/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット