雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

「Mog’s」 みんなの声

Mog’s 出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「Mog’s」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 猫の視点で見たクリスマスが楽しい

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子5歳

     タビー猫モグが朝目覚めてみると、何かいつもと様子が違います。トーマスさん一家はみな忙しそうに部屋の飾りつけをしたり、お料理をしたり。ただならぬ雰囲気にモグは居心地が悪くて、窓の外から家の中を見守ることにしました……。
     とても可愛らしいクリスマス絵本に出会いました。家猫の視点で描かれたクリスマスの様子が微笑ましくて、娘も息子も一気にこの小作品のファンになりました。特に娘は「モグちゃんのクリスマスのお話」と何度もリクエスト。実際、わたしも何度も読みたくなってしまうほど、モグの様子が魅力的に描かれています。息子も、こういうおもしろさは何度読んでもあきないようで、娘と絵本を開くたびにのぞいてきます。モグがどのようにしてクリスマスを克服したか(?)の過程がユーモラスなんですね。モグの表情もすごくいい。猫好きさんには、たまらないでしょう。
     モグ・シリーズには他にも絵本がありますが、このクリスマスのエピソードが断然おすすめです。『おちゃのじかんにきたトラ』と同様、ぬくもりのあるイラストにもホッとしてしまいます。邦訳が出るといいなあ〜と期待しています。 
     

    掲載日:2005/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット