モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

あしたのてんきは はれ? くもり? あめ?」 みんなの声

あしたのてんきは はれ? くもり? あめ? 作・絵:野坂勇作
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年
ISBN:9784834014600
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,708
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 観察力が養われる本です

     4、5歳の子供の特徴の1つが、日常の会話の中に「なぜ?」、「どうして?」という言葉が増えてくること。 この時期の子供達には、自分の身の回りの謎に興味が、終わりなく沸き上がってきます。 

     5歳の我が娘も、目についたもの、手に触れたものの謎を、端から解いていきたい、なんとも知りたがりな時期の真っ只中。そんな時期なので、この絵本には、最初から目が離せない状態でした。不幸にも、この本を寝る前に読んだせいで、「雲なんて見えないじゃない」と、思い切りブーイング。 でも、夜空を見る事でも、明日の天気が分かると言うページになったら、なんとか機嫌をなおしてくれました。
     
    また、この絵本を読む様になってから、毎日空を見ては、どんな天気になるのかとか、飛行機が何台飛んでいるとか、渡り鳥が南に向かって飛んでいくとか、色んなことを観察する様になりました。

     ちなみに我が子は、アメリカで生まれ育った、バイリンガル。5歳にもなると、生活を主体としているアメリカの言葉、英語が非常に強くなりますが、この絵本は、普段の私と娘の日本語日常会話では、なかなか使われない言葉を多くカバーしてくれていて、日本語の語彙を増やす意味でも、非常に役立っております。

    掲載日:2008/10/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 空のきれいな季節にぜひ

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    秋になってきて、空を見上げるのにいい季節です。
    空模様とお天気に関する本を探していて見つけました。

    月がぼやけたら翌日は雨など、ちょっと知ってるだけで、空を見上げるのが楽しくなる情報ばかりです。
    難しいことはなく、だれにでも判断できることばかりなのがいいです。
    子供と一緒に「明日は雨かもねー」などと会話が弾むようになる一冊だと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろいろな天気予報

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    明日の天気は○○が××だったら晴れだとかいろいろあるんですねー。
    知っているものもあれば知らないものも。
    こんなにたくさんあって、私は覚えきれません(笑)。
    これを活かして自分で天気予報してみるのも楽しそうだと思いました。

    掲載日:2016/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お天気用語って、綺麗な日本語ですね

    学芸会の舞台のようなところで紹介されるお天気観察ショーです。

    「ゆうやけははれ」・「ゆうにじははれ」・「あさつゆははれ」等々たくさんの空模様からわかるお天気の情報です。

    知っているものありましたが、知らないものもたくさんありました。
    かさ雲は、風と雨。
    星が瞬くと風。
    等、へえぇ〜、そうなの〜。

    野坂先生の絵が、また郷愁を抱かせるステキな作品でした。

    それにしてもお天気用語って、綺麗な日本語ですね。
    読んでいるだけで、詩のようでロマンチックでした。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外へ出て空を見上げたくなりました。

    50代の私が自分のために
    絵本を読むことを楽しんでいます。
    お天気というと
    テレビ、新聞などで天気予報に
    頼っていたのですが、
    この絵本を読んで、
    自然の様子から自分で感じ取ること、
    観察することができるんだと
    あらためて感じました。
    子供の頃 きっと理科の授業で聞いたことがあったでしょうに、
    忘れていました。

    絵本から学ぶことって
    いっぱいありますね。

    この絵本の
    絵は昭和っぽい子供の風景だなぁと思ったり、
    団地や洗濯ものの絵も
    なつかしいイメージで
    私にはそれも楽しかったです。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものどうして?

    最近、どうして?どうして? を出来るだけ答えてあげたくて、
    その都度、何かいい絵本はないかな〜と探していました。
    今回は、「夕焼けの次の日はどうしてお天気なの??」と聞かれ、、、
    探したところ、ぴったりなものを発見!!
    すご〜く助かりました!
    他にも、こういう子供のどうして?に答えられるいい絵本をたくさん見つけたいな〜。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天気予報、当たるかな?

    ニュースの天気予報をマネして遊ぶ息子に借りてきました。

    普段見慣れている空も雲も、なんだかじっくり見てしまいます。
    実家に帰った時に母が「カエルが鳴いてる。明日は雨かな〜」と
    言ったとき、息子と二人で「へぇ〜!!」と感心したものですが
    この絵本を読めばお友だちから同じように「へぇ!」と思われるかも?!

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夕焼けが気になったら

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    4歳の長男に読みました。

    知識絵本の類いは私は余り好みではなかったのですが、息子が夕焼けを見て「明日は晴れだよ」などというようになったので、空を見上げるきっかけになればと思って読んでみました。

    しっかり読んで理解するという読み方ではありませんでしたが、読んだ後は雲を見て話ができたりして楽しめました。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど

    大人が読んでも、勉強になる内容だと思います。
    「ゆうやけは はれ」などは知っていましたが、それだけではないのですね。
    太陽・雲・月の観察から、音の響きにまで気を配って、天気を予測するのですから、昔の人たちの知恵というのは、本当にすごいと思いました。

    掲載日:2013/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で予報

     おしばい風の画面で、天気の見分け方をわかりやすく教えてくれます。「ゆうやけ」と「あさやけ」では、天気がまったくちがいます。こんなところから観察をはじめたいです。
     雲や生き物を観察することで、じぶんで天気予報ができるなんて楽しいです。予報のヒントは身近にたくさんあるんだなと思いました。
     
     このごろは天気がかわりやすく、局地的なゲリラ豪雨などもあります。自分の目で空を見て、こどもでも天気の変わり目がわかるようになるといいなと思いました。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット