だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

あかまるちゃん」 みんなの声

あかまるちゃん 作・絵:デビッド・A・カーター
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2004年
ISBN:9784499280983
評価スコア 4.81
評価ランキング 248
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 目がキラキラ

    本屋さんに行く度に見本を読ませてました。決して親が開くのではなく、息子にページをめくらせてました。やっぱりそっちの方が仕掛けが自分の目の前に立ち上がるし、自分の手で仕掛けを動かしてる感じがあるんでしょうね。「うおー」「うおー」って驚嘆しながら目を輝かせて見てます。それがいつもいつも判を押したようなリアクションだから面白くて。
    一つだけ紛れ込んでるあかまるを探す本ですが、まだ息子は探した事がありません。あかまるはどこ?ってこれまでは問い掛けてきたんですが。言葉は無用、仕掛けがスゴくてただただ見ていたいんでしょうね。最近はそっとしておくことにしてます。
    ところで、ごめんなさい本屋さん、壊したり破ったりするのが怖くて、ずっと立ち読みで済ませてきて。4歳になったら買いますね。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    3
  • 表紙と中身の差

    • 赤きゃみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 山口県
    • 女の子5歳

    どちらかというと地味目な表紙。
    私も本屋で「なんじゃこりゃ」。
    しかし妙なインパクトが気になり、帰宅して検索。
    うぉぉ、コリャスゴイ。

    さっそく買って帰り、娘に見せると、
    袋の厚みに目を輝かせていたハズが、テンション急落。
    フフフ、私同様、表紙にダマされている。
    しかしページを開くと、一気に表情が変わります。

    しかけの中の赤丸を探す内容ですが、
    それ以前に「どうなってんのこれ」。
    あっちから見たりこっちから見たり、とことん堪能できます。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    3
  • 楽しい

    赤丸探しが楽しくて、
    前から後側から、横からも…
    見つけられたら、うれしいものですね。

    私は、のこぎりのページが大好きで、
    ついつい、“ぎこぎこ”してしまいます。

    ポップな色合いも楽しくて、なんだか遊園地みたい。
    誰とでもゲームのように楽しめる、
    おしゃれな「あかまるちゃん」です。

    掲載日:2011/08/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 飾って楽しい絵本

    しかけ本の好きな人でもそうでない人でも、ただ眺めているだけでも、とにかく楽しめます。題名は子供向けっぽいのですが、大人の方がはまると思います。なんと言うか、どのページもおしゃれなオブジェという感じで現代アートの世界に浸れるんです。インテリアとして飾りたくなるくらいステキ!(うちは残念ながら飾れる場所がないのですが…。)

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • あの頃のドキドキが味わえる本

    子供の頃に感じた、仕掛け絵本へのドキドキわくわく感が大人になっても味わえるすばらしい本だと思いました。
    ページいっぱいに広がる美しい色彩。
    おうちで気軽にアートに触れられる。

    大人になっても絵本が大好きな方にお勧めいたします。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • しかけ絵本の中でダントツ人気です

    • にっきさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子1歳

    購入時、この本の他に2冊のしかけ絵本を買ったのですが、この本ばかり持ってきては見ています。

    子供のお気に入りのページは、5場面の、のこぎりの音の出るページと、7場面の球体が浮き出るページです。飛び出してくる迫力にビックリしているようです。

    始めはあかまるちゃんを探していましたが、今は他の形を探したりして楽しんでいます。でも、正直子供は見ているだけで楽しいようです。

    「これはどうなっているんだろう」とか、「これは何に見える」とか、会話の広がる本だと思います。

    掲載日:2008/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 音や動きのしかけも

    様々な趣向の凝りに凝った10の仕掛けの中に、たった1つ隠れている赤い丸を探します。
    簡単なものもあれば、ちょっとひねった難しいものもあり。

    文章はほとんどなく、シンプルに仕掛けを楽しむ絵本なので、小さい子供でも楽しめます。
    でも、もちろん仕掛けは繊細なので、子供1人で読ませるには勇気がいるかも!?

    とにかく、仕掛けはどれもすばらしく、予想以上に立体的に立ち上がるので、びっくりします。
    動きや音を利用した仕掛けもあり、息子も喜んで何度も読みたがります。
    もちろん、勝手に1人で読まないように、手の届かない所に置いてあります(笑)

    タイトルがかわいくて好きです♪

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現代アート☆

    • へるんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    ページをめくるごとに「わあっ!」っと思わず声が出る飛び出す絵本です。
    飛び出してきた立体の中から、あかまるちゃんをさがします。

    クルクル、パタパタ、くねくね、ばりばり、ゆらゆら・・と動く
    現代アートのような立体作品を、ひとつひとつじっくり眺めて。
    子供達もわくわくしながら、しかけを何度も何度も開いてみています。
    デス・テイルの頃のような色づかいが美しく、インテリアとして部屋に飾りたくなる、大人でも楽しめるオススメ絵本です。

    掲載日:2008/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人でも惹きつけられるしかけ絵本です

    本の表紙は「あかまるちゃん」だし表紙はいたって平凡なあかまる。もしかしたらはじめはあまり目にとまらないか、とても小さい子むけの絵本と間違ってしまうかも…。ところが開いて本当にびっくり!10個のしかけのなかには必ず“あかいまる”が一つ隠されているのですが、それより何よりしかけの迫力に圧倒されて、ただただ次のページは何か…大人の私でさえすごく見たくなってどんどんめくっていました。これは子供用絵本というよりも芸術的な紙細工を集めた本といっていいのではないでしょうか。年齢も大人から子供までが楽しめる本です。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • こどもがくぎづけ!!

    なんとなく「あかまるちゃん」というタイトルのかわいさに惹かれて購入しました。
    ページを開いて立ち上がってくるしかけに感動しました。1から10までの数のいろんなしかけの中に「あかまるちゃん」が1つ入っています。
    子供のお気に入りは、ページを開くとガリガリバリバリ音のするページです。私のお気に入りは、8個のまんまるたまくんが立ち上るページです。雪だるまみたいで、かわいいです。
    ただ、1歳の子供には壊される危険があるので、私が開いて見せてます。

    掲載日:2005/01/24

    参考になりました
    感謝
    1

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / おおきなおおきなおいも / がたん ごとん がたん ごとん / まいごのどんぐり / かえるをのんだととさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット