だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

しのだけむらのやぶがっこう」 みんなの声

しのだけむらのやぶがっこう 作・絵:カズコ・G・ストーン
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784834022117
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,263
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たなばた

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    かとがの学校そしてたなばたのお話ですねー。
    短冊に願いごと書くの楽しそうです。
    やなぎむらの住人たちが顔を見せるところで「あれ、どこかで見たような…」とにこにこと嬉しそうな子供たちでした。彼らが誰か分かってて言っています(笑)。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    蚊、ガなどが通うやぶがっこう。
    飛べないガ、音を出せない蚊、頑張って毎日学校で練習をしています。
    ひょんなところから、お互い出来るようになり、、、

    聞きなれた虫たちですが、学校に通っているという設定がおもしろかったのか、興味深々で聞いていました。
    自分でも読んでいて気に入ったようです。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニッポン!

    ちいさな生き物の世界を繊細に描く。
    すごく日本人らしいお話だなって思いました。
    こんな風に描かれると、普段は敬遠してしまう蚊や蛾が、とってもキュートにみえてしまう(笑)

    手作りの学校、人間みたいな授業風景、そして七夕まつり!
    虫たちが一生懸命、七夕飾りを作ったり、願い事を書いたりしてます。
    虫だけに、夏らしさ倍増です!

    ニッポンの夏。
    満点の星空、虫の声。
    夏が恋しくなる一冊です。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • カとガ

    「やなぎむら」のシリーズのお話です。
    七夕のことも出てくるので、ちょうどいいタイミングでした。
    虫が主役のこのシリーズですが、今回は驚きました。
    蚊とガって、苦手な人がほとんどですよね・・・
    それでも不思議と、「頑張って飛べ」と応援していました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕感満載!

    七夕の時期におすすめの絵本です!
    小さな虫の世界での七夕。
    蛾と蚊の学校のお話ですが,女の子でも全く虫を怖がらない娘は楽しんで見ていました!
    特に虫達が様々な木の実や草の実を集めて作る七夕飾りには興味津々でした。
    学校のお話なので,子供も興味持ちやすく共感できる内容だと思います。
    どきっとする場面もありましたが最後はハッピーエンドで本当によかった!!
    最後のページの七夕の夜の景色,素敵でした。
    小さな虫達の世界も,夜空に負けない程キラキラしていました☆
    毎年,七夕の時期に読みたい絵本です!

    掲載日:2014/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • しげみ村からも、やなぎ村からも!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    「やなぎむらのおはなし」シリーズ第4巻です。
    今回は蚊や蛾たちの集落「しのだけ村」のお話でした。
    個人的に、蚊も蛾も嫌いですが、こうやって絵本で見ると、可愛い生き物たちに見えてくるから不思議です。

    今回は村の学校が舞台。なぜが学校?と、思いきや、読み始めてすぐわかりました。
    彼らは飛ぶことを覚えなくてはならないからだったんですね〜。
    しのだけ村の『七夕まつり』には、しげみ村の虫たちや、やなぎ村の虫たちも応援・参加しに来てくれて、
    彼らを描かれたページの中から探すのも、この絵本の楽しみの一つになりました。
    シリーズ最新刊とあって、内容的にも、絵柄的にも、今までのお話より読みやすくなった気がします。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとカユクなります。

    • よち坊さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「やなぎむらのおはなし」シリーズのひとつ。
    たしか「サラダとまほうのおみせ」「きんいろあらし」は読んでるはず、です。

    たけやぶの中の「しのだけむら」に棲んでいる小さな虫たちの物語。おけらのギーさんとななふしのノッポさん、がのパタパタさんいちぞくと、かのプゥーンさんいちぞくがでてきます。「プゥーンさんいちぞく」って・・・・・・なんかかゆくなってきます(笑)。

    「やぶがっこう」という かとがの学校にかよう、かのプンタくんとがのパタコさん。プンタくんは、プゥーンとうまく音が出せないし、パタコさんは飛べません。そして今夜はたなばたまつり。さて二匹の願い事はかなうでしょうか?

    蚊や蛾なんて、なかなか絵本の主人公にならないと思いますが、この著者はいつもさりげない虫たちを描いていますね。ラストのたなばたまつりの絵と、天の川の絵が抜群にきれいです。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕の願い

    娘が大好きな「やなぎむら」シリーズ。今日の舞台は、「しのだけむら」です。この村には、どんな 虫たちが暮らしているのでしょう?
     
     毎年、初夏になると、「やぶがっこう」という、「が」と「か」の学校が建てられます。蚊は、プーン教室で、蛾は、パタパタ教室で、それぞれ音を出す練習と飛ぶ練習をしますが、プンタくんとパタコさんは、どうしてもうまくいきません。そのうち、七夕の夜がやってきて・・・。
      
     いつもは、「にっくきやつめ〜!」とばかりに、パチンと一息でしとめてしまう蚊も、こうやって、お母さんたちに連れられて学校にやってきて、一生懸命にプーンといい音を出す練習をしているのかと思うと、なんだかかわいくて、一瞬手が止まってしまいそうですね。本当に、しのだけむらの蚊も蛾たちもみんな表情や動きがとってもかわいらしいんです。娘も1年生の自分と重ねるのか、ハラハラ、ドキドキ、真剣に応援しながら見守っています。

     そして、七夕飾りの美しいこと! 色とりどりの木の実や葉っぱ、花びら。小さな虫たちが、自分たちよりも大きな木の葉や実をせっせと運び集めてきます。娘も、1つ1つ興味深そうに見ながら、「わあ、きれいだね」と感激しています。
     いよいよ七夕の夜。花びら短冊に書いた願い事、叶うかな?

    絵もページの隅々まで、お話も最後の最後まで楽しめて、シリーズの中でも心に残る作品でした。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫たちのたなばた。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    なかなか絵本の主役にはなりにくい、蚊や蛾が主人公。
    虫好き?(たぶん、いえ、おそらくそうだと思う)の作者さんならではの
    ユニークで細やかな設定には、いつも感心させられっぱなしです。
    それだけに、どんなストーリーかとても楽しみ。

    しのだけ村に、やぶ学校ができました。
    蚊や蛾は、そこで何を学ぶのでしょう?
    そして、どんな事件が起こるのでしょう?
    読みながら、感心したり、
    面白くて思わず、顔がにやけっぱなし。

    小さな虫の世界の出来事ですが、学ぶべき事はいっぱいあります。

    たなばたの飾りつけも、なかなかのもの。
    とても素敵な飾り付けでした。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い虫たち

    虫が大嫌いな娘。
    だけど、「やなぎむら」のシリーズはなんだかお気に入りのよう。
    絵のせいか、虫たちもかわいらしく見えます。

    毎回感心しますが、絵が本当に細かく書き込まれています。
    そして、今回も登場人物(?)がとても多く
    娘に「これは誰?」と聞かれて、悪戦苦闘しながら読みました。

    七夕の飾りつけに蛍のイルミネーションというラストは美しいです。
    少しずつ夏の足音が聞こえてくる今、読みたい一冊です。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット