ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

落語絵本5 おにのめん」 みんなの声

落語絵本5 おにのめん 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784906379903
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,272
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • おにが笑った!!

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    小学生の息子は凄く面白い!!と絶賛の本です。
    奉公に行ってお母さんと離れ離れのお春。
    お母さんにそっくりのお面を大事にしていましたが、そこへ悪戯をされて鬼のお面にすり替えられてしまいます。
    さてさて・・・・どうなってしまうのでしょう!!
    読んでからのお楽しみ・・
    小学生から楽しめると思います。
    是非どうぞ・

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い

    落語絵本のシリーズが好きです。
    7歳、10歳の子にも理解できそうな内容をと思い選びました。
    「来年の話をすると鬼が笑う」を知っていないと、オチが楽しめないので、先に知っていることを確認して読みました。
    ストーリーが面白く、テンポが良いので、楽しく聞いてもらえる一冊です。

    掲載日:2017/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいです

    落語にはまってしまっているようです。

    おかあさんの顔とお面の顔がよく似てるというお話でしたが、

    ほんとによく似てて笑ってしまいました。

    お面ひとつでお話が大騒ぎしましたが、

    落語独特のオチもあっておもしろかったです。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いお話が、さらに面白く!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    川端さんの落語シリーズが大好きな4歳の娘と読みました。

    私もこのお話は初めて読みましたが、
    最初っから本当に面白い〜!

    ただでさえ面白いお話が、
    川端さんの手にかかって、さらに面白く仕上がっています。
    本当に笑いのツボを心得ていらっしゃるなぁ。
    文章も、絵も、期待通りの面白さです!

    面白いうちにトントンとテンポよく話は進み、
    最後のオチも、「お〜!」という感じです。

    4歳から3○歳まで幅広く楽しめる、本当におすすめのシリーズです!

    掲載日:2016/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁の言い回し

    節分の季節におにの絵本を読みたくて探していた時に見つけた絵本です。
    この落語絵本のシリーズは面白いものが多いですが、こちらもほのぼのとした楽しいおはなしでした。
    「来年のことを言えばおにが笑う」ということわざを知らなかったので、そこは子どもたちは「?」だったようですが、知らなくても楽しめるようなたのしい挿し絵になっています。
    ただ関西弁の言い回しが難しいです。今度は大阪出身のパパに、コテコテの関西弁で上手に読んでもらおうと思います。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語テイスト

    先に『かあさんのおめん』を読んで、ほのぼのとした民話イメージを持っていたのですが、落語になるとオチが必要なことがわかりました。
    おたふくのお面でお母さんを偲んでいたお春に、鬼のお面と入れ替えた若だんなのイタズラが、とんでもない展開を起こします。
    人情味たっぷりで、ほのぼのとした落語テイストの絵本です。
    でも、最後の1ページは必要なのかな…?(((^_^;)

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しいの見つけた!!

    このお話シリーズは気に入って読んでいたのですが、読んだことのない今回のこのお話を見つけてとってもよろこんでいました。しかも、節分の時期にピッタリの鬼のお面のお話でした。落語えほんなのでストーリーは大人が読んでも面白いし、もちろん、子供も面白がっていました。最後のページにオニのお面が笑っていたのがうちの子はとっても不思議がっていました。

    掲載日:2013/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことわざでオチ

    最近、お気に入りの「落語絵本」シリーズです。

    あとがきを読んで気がつきましたが、確かに、女の子が主人公になっている落語のお話は、珍しいかもしれませんね。
    うちの娘には親近感が持てて、良かったと思います。

    お話も、母親を慕う切ない気持ちが感じられて、ホームドラマのような雰囲気です。

    オチは、やはり諺を知っていたほうが、より楽しめるかな。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁満載

    『じゅげむ』以来、このシリーズが大好きになりました。とっても楽しいお話なのですが、関西弁満載で、東京育ちの私は雰囲気を出して読むのに苦労しました。こんな小さい子が親元を離れて働きに出る、娘には信じられない世界だったようですが、お話の展開は安心して楽しんでいました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチがいいね〜

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    節分の季節だったので、それらしいおはなしを読んでみました。
    実際は、鬼の面がでてくるだけで、節分とは関係なかったんですけどね。

    最後のオチがいい!落語って話が面白いですね。

    ただ、話の筋を理解するには、やっぱり小学校中学年くらいじゃないと楽しめないかも。

    読み聞かせしながら一番ウケていたのは、大人の私でした(笑)。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


祝・40周年記念!長年愛される定番 くもん幼児ドリル 編集者インタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット