雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

スキーをはいたねこのヘンリー」 みんなの声

スキーをはいたねこのヘンリー 作:メリー・カルホーン
絵:エリック・イングラハム
訳:猪熊 葉子
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784860570286
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,222
みんなの声 総数 14
「スキーをはいたねこのヘンリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ショートフィルムを見ているような

    このシリーズのクリスマスのお話を読んだことがあり、シリーズがあるのは前から知っていました。

    ある講座で少し大きめのお子さんの読み聞かせに向く本として紹介され、読んでいなかったこのお話を読んでみると、なるほど。

    読み聞かせには、10分から11分ほどありますが、ショートフィルムを見ているような動きとドキドキハラハラなストーリー展開がありました。

    絵もとても美しくヘンリーのその時々に見せる動きやしぐさからヘンリーのその時の気持ちもよく伝わってきます。

    取り残されたことを知ったヘンリーが果敢にもスキーに挑戦。実際にはあり得ないことですが、このお話の中のヘンリーならいかにもやりそう。

    そんな実行力と好奇心と賢さを兼ね備えているような気がしました。

    絵本としては長めですが、その分読んだ後の満足感があるのも長いお話ならではだと思いました。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 迫力があるネコの冒険

    図書館のオススメで知った絵本です。
    私は猫を飼ったことがなく
    身近に猫を感じたことがありません。
    そして外国の作品で翻訳物という絵本も
    どちらかというと選ばない方です。
    ヘンリーという猫のシリーズも全く興味はなかったんです。

    読んでみて
    置いてきぼりになったヘンリーが雪の中を
    スキーで。。
    繊細な地味な色づかいの絵ですが
    丁寧に描かれていて
    今の季節に寒さまで伝わってきそうです。
    ヘンリーの表情、気持ちが文章の中から
    感じ取れて最後はホッとしました。
    猫が大好きな方や 猫を飼ってらっしゃる方は
    好きになるストーリーではないでしょうか。
    少し長いお話なので
    絵本でありながら小説を読むような雰囲気も味わえました。

    掲載日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの猫だったらなあ

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    猫がスキーを履くって?そんなことがあったら本当に驚くし、凄過ぎですよね。絵はしっとりと静かな冬景色にぴったりのイメージなのに、飼い猫がスキーを履いて颯爽と滑るという奇想天外なストーリーに衝撃を覚えました。自分の家のこんなことしたら?って、想像してみるとわくわくしますね。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫好きにはたまりません

    冒険する『ねこのヘンリー』のシリーズには、4冊あって、猫好きは、も

    うたまりません。

    メロメロになって、全部そろえてしまいましたよ。

    何しろ、ヘンリーは、冒険心に富んで、賢くて、勇敢なのです。

    山小屋に取り残されたとき、自力でスキーをはいて、様々な危険に会

    いながら、飼い主を追いかけるのですから。

    その凛としたカッコよさは、ねこながら、あっぱれというしかありません。

    絵に、しっとりと落ち着いた雰囲気があって、それも、このシリーズの魅

    力です。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 器用な猫のヘンリー。
    今回はスキーをはいて大冒険。
    遊び半分に飼い主の子が作ったスキーをヘンリーにはかせます。
    ヘンリーはそれを投げ出してしまったのですが、家族においてけぼりにされたらそんなことはいっていられません。
    山の中のスキー。
    様々な危険を乗り越えるヘンリーの頭の良さは凄い。
    猫嫌いのお父さんに花を持たせる計算高さなどには呆れてしまいました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二本足で立つ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    家族に置いて行かれてしまったねこは、スキーをはいて追いかけます。
    長ぐつをはいたねこのようなファンタジーではありません。
    もしかしたら、こんなねこがいるかもしれないリアルなおはなしです。
    子どもたちは、ねことは思わず、自分を重ねるかもしれません。

    紙の手触りがよく、美しい絵を見ながらめくっていると、どきどきする内容なのに、気持ちが落ち着いてきます。
    途中で出会う動物たちの絵も楽しめます。

    やっと家族に出会ったときのねこの反応は、人間の子どものようですね。

    掲載日:2011/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2本足立ちが得意な猫

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    子どもたちが帰宅して、片付けをしているときに音読して聞かせました。2人とも動物の中でも特に猫は好きなので、片付けをしながら、ちょこちょこのぞいては「ヘンリーかわい〜ぃ」と、いっていました。

    まず、猫って寒がりだと思っていたので、雪の中で平然としているヘンリーんジびっくりしました。しかも、後ろの2本足で立つのが得意ときた!
    シャム猫って、日本じゃ高級なイメージがあるじゃないですか?
    その猫がこんな雪の中をスキーで降りてくるなんて、もうびっくりでした。
    色々なところで見せるヘンリーの猫らしいしぐさも可愛くて、母子3人でヘンリーに夢中になってしまいました。
    お話会で紹介するにはちょっと長い絵本ですが、スキーシーズンに持っていって紹介するのもいいですね。
    幼稚園の年長さんくらいから、小学校高学年くらいまでお薦めです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外!

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    冬にはやっぱり、雪に関する絵本がよみたくなります。
    ネコがスキー???
    でも、全く無理のない事の運びで、ネコがスキーをしている姿を想像することができるのです。
    絵もとてもきれいで、ネコの毛や目の色など、まるで写真のようです。
    もちろん、すべて空想上のできごとですが、こんなに楽しい空想は絵本ならでは。
    ネコ好きなら、もうたまらない一冊になるかもしれませんね。
    ちょっぴり6歳の子供には長めでしたが、やはり面白かったらしく、最後までよ〜く聞いていました。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 臨場感あふれるねこの表情がいい

    家族と一緒に来たはずなのに、うっかりおいてけぼりをくらってしまったヘンリー。
    こうなったら自分の力で帰るしかない。
    そこで、ヘンリーはスキーをはいて帰路につくのです。
    しかも、スキー板をつけただえじゃありません、手にはちゃんと枝をストックにして。
    そんな、バカな...

    でも、ねこの表情といい、動作といい、とても絵とは思えない、写真のような絵に、なんとなく、こんなこともありそうな気がしてくるのが不思議です。
    そして、スキーをはければ簡単に家に帰れるというものでもなく、行く先々では、困難な道が。
    真剣そのもの、そして、最後のうれしそうなヘンリーの表情。
    無事に帰れてよかったー。
    最初から最後まで、とにかく、ねこの表情がいい。ねこの表情に注目です。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実に面白い!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ねこのヘンリーは、時々、後ろ足で立って歩きます。家の人が見ていない時には、ダンスをすることもあるのです。ある日、家の人たちは、山小屋にクロスカントリーをしに出かけました。男の子は、ヘンリーのために、スキー板とストックを作ってあげたのですが、ヘンリーはいやがり、四つんばいになって倒れてしまいました。
    ところが、この道具が役に立つ、驚くようなできごとがあったのです。本当に、ヘンリーは賢いなと思いました。表紙の絵を見て、ヘンリーの格好で、不思議に思うことが、読んでいくうちにいろいろ解明されます。
    ヘンリーに対する男の子の気持ちを考えると、心が温かくなりました。おとうさんのヘンリーに対する態度も、このシリーズを通して見逃してはいけません。ヘンリーの運命はどうなることかと、ドキドキしました。
    では、ヘンリーの雪の中の冒険を一緒に楽しんでみませんか?

    掲載日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット