だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あかちゃん」 みんなの声

あかちゃん 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1980年
ISBN:9784871100052
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,630
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おとうとが生まれてぼくはお兄ちゃんになった
    赤ちゃんの頃に事は お母さんに聞いたのでしょうね
    赤ちゃんのことがうまくとらえられていて  あるある あかちゃんは泣くし 本をかじったりなんでもくちで確かめますね
    五味さんは うまいこと捕らえていて
    よく・・・・したもんだ (うんち)
    なつかしい赤ちゃんの姿です

    成長がうまく凝縮されていて 子どもよりもママや お婆ちゃんが読んでも良い絵本です

    こんど妊婦教室のボランティアで紹介したいです

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりでいいよ

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     小さな手でくったので、だいぶ傷みました。「ぼくも あかちゃんだったころは・・・」なんて、なんど声を出して読まされたことか。共感のかたまりのような絵本です。本をかじるは、うんちはするは、当たり前ですが。しかしなぜか、すっと溶け込めるおおらかさが、この絵本にはあったのです。お決まりの最後のことば「きみもはやく おおきく なりなさい」と読むと、「ゆっくりでいいよ」と、娘が続けて言うのでした。まくらの友に、どうぞ。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん

    ひたすらシンプルに、赤ちゃんの様子が描かれていると思います。
    よく寝る・よく泣くと、ごく普通の赤ちゃんですね。

    特にドラマティックな展開はないのですが、子供はお気に入りの様子でした。

    私にとっても、少し前の出来事を振り返っている気分になって、懐かしかったです。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども目線!

    子ども目線で、あかちゃんのことが
    描かれているところが、とっても愛らしくて
    おすすめの絵本です!!
    ただいま、0歳の娘の子育て中ですが、
    「そう、そう!!」ってうなずいてしまいました♪
    最後の一言もとってもかわいくて、さすが五味さん
    と、思いました!

    掲載日:2011/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですね。

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    2歳の赤ちゃん大好きの孫と読みました。赤ちゃんの絵本だけあって、孫は大興奮。終始嬉しそうに見てました。もう少しお姉ちゃんになっている孫は時どき上から目線で赤ちゃんを見ていましたが、それがまた私からしたらおかしかったです。でも孫もだいぶ成長した証ですね。ほんとに、赤ちゃんだった頃はこうだったんだな〜と感慨深くなりました。五味さんの絵本は子供の心を素直に表現してあるところがとても良い。大好きです。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予行演習

    五味さんの本だったのと、娘がもうすぐお姉ちゃんになるのでこの本を選びました。「赤ちゃん」という存在を分かり始めているころで、お人形のお世話もしだしているのでこの本はとても面白かったようです。あかちゃんが娘にとってもっともっと身近になったような印象を受けました。これで少し予行演習ができたので、本番が楽しみです。五味さんの絵本はうちの子供には受けが良いです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんになるのを実感させたい

    そろそろお腹が目立つようになってきた時期。
    お兄ちゃんになるのを実感させたいな〜と思って、この本を選びました。

    お兄ちゃんが赤ちゃんだったころ、どんなだったか。
    これを赤ちゃんに話して聞かせるスタイル。
    「こうちゃんもおんなじだったね〜」なんて話しかけながら読むと、不思議そうな顔をするのがとてもかわいい。

    一旦刷り込んでおいて、実際に二子目が生まれたらまた読んでやるつもりです。
    今度は腑に落ちるかな?

    掲載日:2010/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さん

    素晴らしい内容の本です。兄弟や姉妹ができたおにいちゃんおねえちゃんにはピッタリの本ですね。でもひとりっこの娘自身が大きくなったときに、私もこんなだったんだーと思いながら見てくれるのも楽しみです。五味さんの描く赤ちゃんがとっても可愛いです。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃん

    余裕のおにいちゃんがとても誇らしく思います。

    弟のあかちゃんに、早く一緒に遊びたいから、「君も早く大きくなりな

    りなさい」って言っているように思いました。

    今、孫はしきりにあるもの全てを「口」に入れるので目が離せません。

    まだ、まだあかちゃんだなあって思いました。

    「よく かじったものだ」って読んでもらっている孫は、どう思ってい

    るかなあ??・・・・・


    おにいちゃんの弟への愛情も感じました!

    表紙の絵は、きっとおにいちゃんだと思うととっても可笑しくてとって

    も可愛く愛おしく思いました。

    掲載日:2009/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘えん坊だとおもっていたのに。

     娘が1歳半の時、2人目を妊娠しました。
    その時に購入した絵本です。
     
     赤ちゃんが生まれる前は、むすめにとって主人公は「あかちゃん」でした。でも、弟がうまれて、7ヶ月、今ではもう「お姉ちゃん」です。

     この絵本は、親的にむすめにとって嫌なのかな〜とおもいましたが、その正反対で、とても大好きな1冊です。

     「これ読んで」と何度も持ってくるのです。

     赤ちゃんがおっぱいやうんちをする挿絵を見ては「私もこうだったのね〜、今は○○が赤ちゃんなのね〜」など嬉しそうに話します。

     子供にとって素晴らしい絵本は、おとなにも感動を与えてくれるのでしょうね!

    掲載日:2009/01/11

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット