だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おとうさん」 みんなの声

おとうさん 作・絵:長島 正和
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,214+税
発行日:1980年
ISBN:9784871101080
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「おとうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 父の日に向けて 図書コーナーで見つけた絵本です 
    おとうさん 
    ぼくのおとうさんのおとうさんのおとうさんの おとうさんのおとうさんのおとうさんは、むかし 猟師だったそうです。
    こんな話から始まるのです

    人間の ルーツ(自分という存在のルーツ)不思議でも何でもないけれど 話を聞かないと知る事はできませんが ずっとつながっているのは確かですね
    作者は そんなことを 絵本で伝えてくれているのですね
    森の絵のなかに 小さな家 構図はよく似ていて
    きこり お百姓 牧場 機関車の運転手 建築家

    そしてぼくはがお父さんになったら 自分の夢が語られています時間の流れを 感じます。

    単純な 絵とお話ですが将来は宇宙? そんな時代がくることを願っているのか 猟師になっているのか?
    と結ばれているところが 余韻を持たせています。

    子供にも分かると思う絵本ですよ

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット