たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ボクのこときらい? カエルのきもち」 みんなの声

ボクのこときらい? カエルのきもち 作:やすのぶ なおふみ
写真:まつはし としみつ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784569684789
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,185
みんなの声 総数 9
「ボクのこときらい? カエルのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カエルがかわいく見えます。

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    今年、初めてカエルを自分で触れるようになった息子が、最近妙にカエルづいているので借りました(笑)

    まだ、あまがえるしか触ったことはないので(他のカエルになかなか出会えず・・・)他のカエルをじっくり眺める機会もないため、すごく興味深々で眺めていました。
    わりと、気持ち悪い牛ガエルなんかも、なぜかこの絵本ではかわいく見えました。

    おまけにヘビまで載っていて、私は「やだ」って思いながら開きましたが、息子には良かったみたいです。
    図鑑もいいのですが、ちょっと変わった視点でカエルの生態に触れることが出来ると思います。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめん、嫌いです。

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳

    ママねぇ、カエルさん嫌いなの…。 
    そんなママの気持ちを無視して楽しむ娘。

    写真だし、あたりまえだけどリアルだし、いっぱいいるし、蛇までいるし…。
    読み終わった絵本を、ママの枕元に置くのはやめてほしいくらい、ママはこの本が嫌いです…。

    でもね、子供には大人気なんだよ。
    何度も何度も読み返して、お庭で見つけたアマガエルさんと比べてみたり、「うしがえる」なんてのも覚えちゃったし。

    ママにとっては、とーっても嫌な本ですが、娘にとっては、とーっても為になる楽しい本のようです。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるとお話している気分

    どうやら私はカエル(あまがえる)が好きみたい。
    この絵本を読んで、『カエルってかわいい』と思えたので♪
    じ〜〜〜っくり見ると気持ち悪い(カエル君ごめんね)ぐらい
    しっかりカエルのアップの写真が満載です。
    最後の方で登場するヘビは鳥肌が立ちましたが…

    かえる君が一生懸命、読み手に話しかけてきます。
    「本当のボクはこうなんだよ!」って。
    カエルのコトがよくわかる絵本です。
    生き物に興味のある子供にはぴったりですよ。

    息子は「たまご見たことある!」とか
    「虫食べた!」とか興奮ぎみで覗き込んでいました。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエル嫌いを克服するために!

    カエルは正直大嫌いです。
    でもあえて自信を持っておすすめしたいにしました。

    タイトル通り、カエルが嫌いな人が
    克服するために作られた絵本です。

    色々なカエルが登場するページはカエル嫌いな
    人にとってはかなりおぞましいですが
    子供のためと思って読むのなら
    色々なカエルが登場して楽しい絵本だと思います。

    カエルのきもちもちょっとだけわかります。
    とにかく克服したい!がんばりたい人にはオススメの1冊です。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルのきもち

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    「ボク(カエル)のこときらい?」に
    息子&娘「きら〜い。」と大きな声で答えてくれました。
    かわいいカエルくんの写真が、私達を見つめています。
    カエルの生態の紹介もあります。
    図鑑ぽいですが、カジュアルな図鑑です。
    写真がとても上手く、しかも文章がとってもおもしろい!!
    ”ねぇ〜。ねぇ〜。どうなの?好きになってよ〜。”って
    感じがとてもいい。
    この文章に、我が家の子ども達(昆虫などに一切興味なし)は、
    ひかれ、最後まで読破できたようです。
    とにかくおもしろいから読んでみて!と声を大にして言いたいです。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • やられた

    ボクのこときらい?って僕が「ボク」ってとこから、危ないとは思ったのですが、年下の男の子に言い寄られてる感じでどんどんはまりました。いわゆるアマガエルはまあ何とか大丈夫でも、中型以上のカエルは勘弁してほしかったはずなのに、ボクってこうなんだよ、ああなんだよと一生懸命身の上話を聞かされているうちに、何だか情が移ってしまいました。ついでのヘビの話さえも許せてきて・・・
    生で遭遇したらやっぱり引くかも知れませんけどね。

    お茶目な作りながらも、なるほどという情報も満載でした。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『知る』ことの大切さ。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    まず、本当にカエルが苦手な人は手にしない絵本でしょうね。
    娘は、大好きなので自分で借りてきました。

    「ねえ、ボクのこと きらい?」

    まず、カエルが聞いてきます。
    それに対して、「ううん、大好きだよ。」
    と答える娘。
    こうして、カエルと娘の会話が続きます。

    カエルのことが、いっぱいわかります。
    (カエルの魅力って、なんだろう?)と、思いますが、
    何も知らないよりは知っていたほうがいい。
    『あとがき』にあるように、興味や好奇心はとても大切ですよね。
    それを、これから大きくなって人間関係に役立つのならいいことだと思う。
    だから、子供の好奇心や興味のあることに、関心を持ってください。
    たとえ、自分が嫌いな生き物でも。

    『知る』ことの大切さ。
    それを教えようとしている絵本なんです。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐふふ。てんぐざるさんの感想読んで・・・

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    笑っちゃいました。(てんぐざるさんごめんなさい!)

    前半はカエルが「ぼくのこときらい?」と語りかけ、カエルについていろんなことを教えてくれます。
    カエルが嫌いな人(我が家のパパも・・・)て、意外に多いんですよね?!私は、昆虫は苦手だけど、カエルは好き(特にちっちゃいアマガエルなんか♪)なので、カエルくんに同情しながら読みました。

    後半は何と、もっと嫌われ者のヘビ君登場(笑)。
    私も、触れないし、確かにそんな好きってわけじゃないけど、巳年生まれなのもあって、やっぱり同情しちゃいます。

    生態をわかりやすく、おもしろく、親しみやすくかかれていて、生き物好きな子には、とっても魅力的な写真絵本だと思います。

    確かに、表紙かどこかに、ヘビも載ってるという表示があった方が親切だと思いますが・・・。

    掲載日:2005/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルはよかったんですが…。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    絵本の中にあるたくさんの写真はまつはしとしみつさんが撮っています。
    上の子がカエルとかも好きなので、喜ぶかな〜って、表紙を見ただけで図書館で借りてきたのですが…。
    後半には、割りと嫌われもののは虫類「ヘビ」も載っていました。
    実は、私は子供の頃から、ヘビが苦手で、ゾワゾワするのを必死で堪えて、取りあえず全部読み切りました。
    カエルは、じっくり見なければ可愛いなと思いますし、小さなカエルなら触れもします。
    でも、ヘビはちょっと堪忍です。この絵本を読んでも残念ながら、可愛いとは思えませんでした。どうしても生理的にダメでした。
    ただ、生き物好きの上の子は、とっても楽しめたようです。
    「面白いな〜、面白いな〜。」と、何度も読んでいました。

    掲載日:2005/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット