だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

アリババと40人の盗賊」 みんなの声

アリババと40人の盗賊 作・絵:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1988年
ISBN:9784772100939
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,954
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 話は結構刺激的

    絵本だからすぐに読み終わると思っていたら、結構分量がありました。

    ほのぼのとした絵ですが、話は結構刺激的でした。

    たとえば、アリババのお兄さんが欲を出してしまうため盗賊に殺される、お兄さんの奥さんが、お兄さんの死後、アリババの第2夫人になるなど。

    私は、子どもの頃にも読んでので、読みながら話を少しずつ思い出しました。

    長いお話で途中で切れないので、最後まで読みましたが、ちょっと長いお話が聞けるようになったお子さん向きだと思います。

    アリババに刻々と迫る危機には、ドキドキハラハラでした。お話的にはおもしろい、でも残酷に感じてしまう面もあるかもしれません。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 好きなお話を好きな作家さんの絵で読める

    大好きな「アリババと40人の盗賊」のお話を、大好きな馬場のぼるさんの絵で読めるとと知って、迷わず購入しました。
    以前、アラビアンナイトで読んだお話に忠実に描かれていました。かなりのボリュームなので、下の子は途中で飽きてしまいましたが、小学校三年生の長女がとても気に入ったようでした。
    結構残虐な恐い場面も多いお話しなのですが、馬場さんのとぼけた感じの絵で読むと、残酷に感じないのがいいです。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 超〜おすすめ!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    私の大好きな、アリババと40人の盗賊のお話。
    そろそろ息子と読む時期がきたなと思ってた矢先に、
    図書館でこの一冊を見つけて飛びつきました。

    息子は、馬場のぼるさんの「11匹のねこ」シリーズが大好き。
    普段親しんでいる馬場さんの絵と、語り口調で、
    とっつきやすいのではないかと思い、
    これぞ!と思い借りてきました。

    読んでいくと、どうも息子は、
    アリババの話を知っている様子。

    でも、どんどん展開されていくたびに、
    「ああどうなるんだろう」とドキドキしているのが分かりました。

    盗賊がアリババの家を見つけて、白墨で×印をつけてるところなんか、
    もうそれはそれはハラハラドキドキ!
    その次にモルジアナがとった策で、
    「あぁー!モルジアナは賢いねえ!!!」と
    賞賛の嵐でした。

    最後までとっても楽しめた一冊。
    ただ、息子はタイトルに不満があるようで、
    「アリババなんにもしてないじゃん。
     全部モルジアナが頑張ったんだから、
     『モルジアナと40人の盗賊』でしょ!?」と
    主張していました(笑)。

    結構、人が切られて死んだりするシーンもあるのですが、
    馬場さんののんびりした絵と語り口調で、
    殺されちゃうシーンのえげつなさはさくっとカバーされてる感じ。
    とってもお奨めの一冊です!

    掲載日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 開けごま!!

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    アラジンのお話は知っていてもこの話は知らない人も多いのではないでしょうか?
    このお話は主人公のアリババよりも女奴隷のモルジアナが大活躍するのです。このモルジアナは冷静で頭の良くアリババを助けます。なかなかお話も長いのですが、小学校低学年向きで楽しめると思います。
    開けゴマ!!のセリフ子供たちは大好きです。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何人とも結婚できるの?

     『アラビアンナイト』の中のお話の一つ。
     本来、夜伽話の中から子ども向けのものをピックアップしたものの一つです。
     私が小学生の時に読んだ挿絵に近い、ユーモラスな馬場先生の絵に惹かれこちらを選びました。
     世界史の授業をしていて、イスラム文化の『アラビアンナイト』が出てくると、毎年シンドバッドやアラジンは知っていても、アリ・ババは、知らない生徒が多く、ちょっとびっくりでした。
     息子には、読ませたいと思っていましたので、図書館で見つけ借りてきました。
     昨夜、一人で読んだ息子の感想は。
     何人とも結婚できるの?
     残酷な場面もあるね。
     ぐらぐらと煮立った油を、人の入っている瓶に入れるなんて。
     短剣で、グサッ!っていうのも恐い。
     モルジアナって、賢いね。
     「開けェ、あずきィ!」はないよね〜。
     面白かった。
     長いから、中学年くらいの人から読めるね。
     お話し会で読んでみたらいいんじゃない。
     
     アラビア文化にチョットだけ触れて、楽しそうに話すのを見て、心の中で『よしっ!』っと、ガッツポーズをしました。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひらけごま!

    知っているようで詳しくしらなかったこのおはなし。
    読んでみるとすごくおもしろかったです。
    アラビアンナイトというと
    全体的に妖艶な感じですが、
    馬場のぼるさんのとぼけた絵もそれはそれで
    おもしろい。味わいもある。
    展開がスリリングで、残酷なシーンもあるけれど
    飽きさせない内容です。
    ひらけごま!という言葉は有名で、
    知っている人も多いですが
    なかなかじっくり読んだことのない人も多いのでは…(私みたいに)
    この絵本だと、すーっと読めて
    おもしろいですよ。名作をぜひ!

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アラビアの情緒溢れる内容。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    馬場のぼるさんのアラビアンナイトシリーズの1冊です。
    セットで売られている「アラジンと魔法のランプ」同様、こちらもアラビアの情緒溢れる様子と、ハラハラドキドキのストーリーが楽しい絵本になっている傑作です。

    貧しいアリババが ある日 盗賊の財宝の隠し場所を知ってしまいます。かしらが唱えた呪文、「ひらけごま!」をつかって盗賊の財宝を盗み出すアリババ。(とんでもない奴です)
    盗賊たちの逆襲にも、女奴隷モルジアナの機転で窮地を逃れます。

    兄 カシムの奥さんの悪知恵や、モルジアナのした盗賊の罠を逃れるための策など、「あ〜、こんなお話だったなぁ」と懐かしく読みました。

    本当の詳しいアラビアンナイトを読んだ事はないのですが、カシムの死後奥さんが、弟のアリババの第2夫人になるなどの描写があり、きっと原作に忠実なんだろうなぁと思いました。

    結構長いので、小学校中学年位からお勧めします。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりおもしろい

    有名な「開けゴマ」と、あらすじはなんとなく覚えていたのですが、読み終えると「こんなお話だったのか」と新鮮な感じがしました。女奴隷のモルジアナのことは知りませんでした。
    もともとは大人向けのアラビアンナイトの物語なのですが、この絵本では、子供でも楽しくどきどきしながら読むことができます。ユーモラスで親しみやすい絵のおかげですね。アラビアの衣装や建物など異国情緒たっぷりです。

    ひさしぶりに読み返してみて、やっぱりおもしろいお話だなと、思いました

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園の劇

    長男の幼稚園生活最後の発表会の劇が『アリババと40人の盗賊』で、息子の役が主人公のアリババ役だったので、一際、思い出深い絵本となりました。
    貧乏なアリババと大金持ちの兄カシム。そして、盗賊たちの
    欲にまみれた摩訶不思議な、「ひらけーごま!」のおはなしです。有名なアラビアンナイトのなかの一部のお話ではありますが、この、馬場のぼるさんの描いた本では子供でも読みやすく、面白く分かりやすく読めると思います。又、挿し絵も丸みのある柔らかな線で描かれており、したしみやすく、微笑ましい絵本だとおもいますし、親子で楽しめると思います。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と知らない、「アリババ」のその後の展開。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    上の子は面白がっていましたが、下の子にはちょっとお話が長かったようです。
    ずいぶん昔に読んだことを、この絵本を読んでいて思い出しました。
    アリババって、ディズニーがアニメ化しているせいで、宝を見つけだしたその後のお話を結構知らない人も多いと思いますが、お話的にはむしろ後半の方が、ドキドキハラハラで、面白いです。
    なんといってもアリババが、幸せな人生を送れたのは、奥さんや忠誠心が厚く、機智にとんだ奴隷モルジアナのおかげだたんですねー。
    馬場さんが上手にまとめて下さっていて、とても読みやすい絵本でした。

    掲載日:2005/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット