ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

アンナと冬のすみれ」 みんなの声

アンナと冬のすみれ 絵:エリザベス・ハーバー
訳:中川 千尋
再話:ネッティ・ローウェンスタイン
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年
ISBN:9784198612764
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
「アンナと冬のすみれ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせで使いたい

    継母とその連れ子の姉にいじめられる・・・という設定は
    ありがちな感じでラストも勧善懲悪。
    お決まりと言えばそうなんですけど途中の展開が新鮮で娘は真剣にお話を聞いてくれてました。
    アンナが出あう12の月の神様たちがすてきだなあと思います。
    8歳の娘もカラフルでいろんな姿をした12人の神様を楽しそうに眺めています。
    わたりむつこさんの『こよみともだち』を思い出しました。
    この物語では12月と1月3月しか登場しなかったんだけど
    他の月だったらどんなことをしてくれるのかなあ??と娘と話しながら読みました。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 12の月の物語

    これって、マルシャークの「12の月のものがたり」だと言えば、どなたでもすぐわかるのではないでしょうか。
    内容はまったく同じなのですが、主人公の少女の名前は、マルシャーク版でも“アンナ”だったかしら…?

    このように誰でもよく知っているお話に、『あざみ姫』のエリザベス・ハーバーさんがとても美しい絵をつけています。
    意地悪な継母と姉が、12の月たちに懲らしめられるシーンなどはかなり厳しい様子をさらっと描いていて、なんだか小気味いい。

    冬の厳しさ、春のあたたかさが静かに感じられるとてもステキなお話です。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が繊細で美しくて私好みです

    訳がなかがわちひろさん、絵が「あざみ姫」と同じだということで読んでみました。

    「森は生きている」や「十二の月たち」と同じお話ということで、読み始めて息子も「あっこれ、あれだ。十二の月が出てくるやつ」とわかったようでした。

    わかったようでしたが、途中で昼間の疲れから眠ってしまいました。
    絵が繊細で美しくて私好みです。

    二人で行けば二人分もらえるからという強欲なお母さんの言葉につい笑ってしまいました。

    このお話では花はすみれですが、まつゆき草だったりと話によって違いますね。

    出久根さんの絵は幻想的でしたが、こちらの方はメルヘンチックと絵によっても雰囲気が変わるものだなあと思いました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかな絵

    絵がほのぼのとあたたかいので
    こういう居心地のよい家に住んでいる人が
    継子いじめなどするかしらと余計なことを考えてしまいます。
    12の神様の超然とした様子がすばらしい。
    それぞれ個性的に描かれています。

    「真面目に頑張っている人には幸せを
    よくばりな人にはそれなりの結果を」

    ただ大人になるとこういう話は素直に読みにくいですね。
    絵が素敵なので気に入っていますが。。。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な神話

    12月のある日、まま母と姉さんに言われて、
    森にすみれの花を探しに行ったアンナ。
    (朝から晩まで働かされ、いじわるばかりされていた)
    森のなかをさまよううち、火を囲んで12人の人がいすに
    すわっていた。十二の月だった。「今は私がおさめる月なので
    大きいいすにすわっている」と12月が言う。
    願いを聞いてくれて、三つずついすをずれ、3月が大きいいす
    にすわると、そよ風が吹き、雪が解け、野原いちめんすみれが
    咲いた。アンナはエプロンいっぱいにすみれを摘み、
    急いで家に帰る途中、冬に戻った。
    よくばりな、まま母と姉さんは、その話を聞き、
    森へ行ったっきり帰っては来なかった・・というお話です。

    神話のような話に、パステル調の、ほんわかした絵が
    ピッタリです。森の動物達が所々小さく登場するのも
    かわいい。

    火を囲んで十二の月がいすにすわっている絵が、
    子供は印象的だったようで、「不思議な形してる人だね」
    と言っていました。

    掲載日:2005/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / きょだいな きょだいな / ないた / でっこりぼっこり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット