大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おさる日記」 みんなの声

おさる日記 作:和田 誠
絵:村上 康成
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年
ISBN:9784034351109
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,595
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんの時の写真を確認?!

    小学校の読み聞かせボランティアで3,4年生の複式クラスで読みました。
    始めに「皆さんは自分や兄弟姉妹の赤ちゃんの時の写真を見た事ありますか?」
    という質問をして読み始めました。
    とても静かに聴いてくれていましたが、話が進むにつれて顔が真剣になったり、クスッと笑ったりしていました。
    そして、最後のオチではやっぱりいい反応でした。

    「さぁみんな小さい時の写真ちゃんとありましたか?本当にしっぽとか無かったかな?」と教室を後にしてきました。
    お母さんが結構クールだったのがなるほどなぁと思うとても面白いお話でした。

    ちなみに2年生の息子もオチは理解出来たので小学生低学年でも大丈夫な本だと思います。

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストが衝撃

    今年は申年ということで、おさるの絵本をいろいろと読んでいます。
    船乗りのおとうさんがお土産にくれた一匹のおさる。そのおさるとの日々を、男の子が日記で綴っています。
    子どもが書いた文章という体なので、ちょっと読みづらいのですが、頑張って読み進めていくと・・・衝撃的なラストに出会います。
    読んだ子どもたちは、はじめはビックリしすぎて戸惑っているようでしたが、何度か読んでその事実を消化したらしく、今は「この本、おもしろいよね」と言っています。
    大人もビックリのオチ。みなさんもぜひ体験してみてください。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の最後に、びっくり!!

    大人も十分でも十分楽しめる、読み応えのあるお話です。

    息子より年上(小学校中学年くらいかな?)の男の子の日記なのですが、その内容が本当に日記を読んでいる様で、とても読みやすいのです。

    最初に本を読む時は、絵を見ながら流し読みをする息子なのですが、この本に関しては、最初から しっかりと読んでいました。

    日記なので、淡々としているのですが、お父さんが連れて帰ってきた「おさる」が、次第に変化していく様子が、(本当は)ミステリアスなのに、子供目線で、普通に描かれているので、不思議に感じないんです。
    日常の話なので、当たり前の様に、感じるんです。

    人の子になっていく「おさる」を、進化論に当てはめて受け入れてしまう、主人公。

    おさる日記を読むことにより、進化論が簡単にわかるのも、凄いところです。

    ただ、最後の最後に、お父さんとお母さんの会話で、この不思議なことが二回目と分かるのですが、一回目が誰だったのか・・・。これに関しては、子供の年齢や察し方によって違ってくるので、少し説明が要るかもしれません。

    でも、本当に面白いお話で、一気に読めてしまいますよ。

    日記が苦手な息子は、これを読んで、どう書いたら良いかを学んでくれないかな〜と、ひそかに期待しています(苦笑)。

    掲載日:2014/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかの・・・

    小学校の読み聞かせで5年生に読みました。主人公の小学生の少年の日記なので、宿題が「しくだい」となっていたり、文がつたなかったりして、なかなか読みにくかったですがそれをあえて淡々と読んでいくと、まさかの結末にみんな終わった後でもざわついていました。みんなで色々話してくれていたようです。うちは一人っ子だし、サル飼ってみようかしら?

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがのオチ

    • あおわたさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子11歳、男の子8歳

    淡々と進んでいく日記形式。 ちょっとした書き間違いや語尾が統一されていなかったりして小学生男子っぽさが満載。それがかえって興味をそそります。そんなこと有り得ないよな〜と思いつつも、次の日記を期待してしまう。そして最後に「え!?そういうこと?」というオチが最高です。

    息子が申年生まれのせいか、無類のおサル好き。しかも愛用のぬいぐるみ(未だに)の名前がおサルの「モン吉」なので、この絵本を見つけたときはキター!!これだー!と、すぐ購入してしまいました。

    学校の読み語りでも4年生と、5年生にもいけました。
    高学年になると自分で読む本は背伸びして難しい本を読む機会も増えるので、あえて、笑って楽しめる絵本ということで選書したところ、喰いつきが半端なかったです。特に男子(笑)。きちんと最後に「え!?えぇー!!」とすぐに反応してくれて、「みんなも家に帰ったらお母さんに聞いてごらん、昔、サルを飼ってなかったかって。」と〆ました。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後におぉ!

    主人公しんちゃんのお父さんは船に乗って働いています。
    半年ぶりに帰ったお父さんはお土産にちいさなおさるをあげました。
    かわいいおさるはだんだん賢くなり、毛が抜けて・・・

    ペットだったおさるが、弟へと変わっていきます。

    そして最後の最後に驚きの事実が!

    「おぉ!そうゆうことかっ」と6年生の娘と笑いました。
    4年生の息子は反応がちょっと遅かったですが、
    ちゃんと理解できたようです。

    可愛いくて楽しいお話でした

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか深いですね

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子8歳、

    2年生の次男が借りてきた本です。
    村上さんのなじみのある絵とバナナの表紙が気に入ったのでしょう。

    しかしながら、お話の中身はなかなか深いです。
    お話は男の子の日記文ですすめられます。

    ある日、船乗りのお父さんがおサルを持ち帰ります。
    だんだん毛が抜けて、人間らしくなってきて・・
    なんと最後にはびっくりするオチがあります。
    一瞬????と思いますが、進化の過程を学ぶにもいいチャンスかも・。。
    小5の長男も楽しんで読んでいました。
    こういう、想像力を働かせる物語っていいですよね。

    掲載日:2012/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜみんな驚かないのか。

    おさるの子がどんどん色々できていって...
    というストーリー

    男の子は不思議に思うのですが、
    大人達は不思議に思わない。
    なんでかな…と思ったら、ラストが?!

    ラストの一言ですっぱりわかる爽快感がいいですね。
    漢字も適度に入っていて、適度な長さの絵本です。
    小学低学年、物語への導入はおススメですよ。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのかー

    進化の意味とか、複雑な家族の事情を理解できないと共感できないでしょう。小学校高学年が最適かもしれません。でも理解できる人にはかなりうけます。大人もびっくりです。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お〜そういうオチかぁ〜

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    寝る前のよみきかせに、ちょっと長いので二晩にわけて読みました。

    船乗りで半年は留守にするお父さんが、お土産におサルの子を
    連れて帰ってきます。
    だんだん人間らしくなるオサルくん・・・・。
    まるで赤ちゃんが成長していく日々のよう。
    意味深な「進化の授業」に読む側も頭の中を「?」がよぎりつつ・・
    さいごのさいごに、両親のひそかな会話がキーになります。

    「え〜〜!?そういうオチかー!やられた〜。笑」と
    思わず声にだす私。
    全くわからず「え〜なになに〜??」と息子。
    年長さんの息子にはまだ分からなかった様子。

    とはいえ、おサル君が「しんちゃん」と初めて主人公の名を
    呼ぶシーンには、我が子が初めての言葉を発したときのような
    初々しい感動の記憶が蘇りました。
    まさにひとつひとつが「急速な進化」なんですよねー。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / かいじゅうたちのいるところ / あおくんときいろちゃん / ピヨピヨ スーパーマーケット / おこだでませんように / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / どこいったん / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット