アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

もしも日本人がみんな米つぶだったら」 みんなの声

もしも日本人がみんな米つぶだったら 作:山口 タオ
絵:津川 シンスケ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784062124409
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,682
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんな身近なものに@@

    お米は毎日食べる超身近な食べ物。
    そして我が家では私の実家の父母が丹精込めて育てて
    分けてくれるありがたい食べ物なので
    娘もいつも「おじいちゃんのごはん」と言って食べます。
    そんなお米ですがお茶碗1杯にどのくらいの数の米粒があるのかなんて
    考えたこともなくて
    異常なほどに娘は食いつきました。
    懸命に数える男の子といっしょに本当に真剣でした^^;
    いろんな単位だけに終わらなくて
    しまいには日本人がお米になっちゃったりして
    学校の校庭に並んだ生徒たちに例えた時には爆笑してました。
    大人が読んでもなるほど〜〜〜なことがたくさんです。
    『想像力のテキスト』という本も気になっています。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • おもしろかったです

    おちゃわん一ぱいのお米が何つぶなのかこの本を読んでわかりました。
    たくさんお米を食べたいと思いました。

    お米のたんいがいっぱいあってびっくりしました。

    お米のつぶでじんこうとかにしたからおもしろかったです。

    ぼくがごはんつぶになったからびっくりしました。

    おもしろかったです。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • スローブック

    お米は日本人にとって身近なものですよね。

    毎日食べています。

    わが子はふりかけなどをかけなくても、白いままの

    ご飯が大好きです。

    だからこの本はとても楽しかったです。

    いっぱいの茶碗に米粒が何粒あるか

    考えたことありますか?

    そういった話もでてくるので楽しいです。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールをイメージ

    おちゃわん一杯の米粒は4000粒ですって。
    それでもピンと来ない私は
    ちょっと想像力が足りないのかも・・。

    具体的で身近なものが次々と出てきて
    米粒の数と対比して、イメージを膨らませてくれます。

    5年生の娘に読んだけれど
    算数が苦手で、数字が出てきただけで、うんざりされました。
    これは、算数じゃないんだけどね・・。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お茶碗に何粒のお米が入っているのだろう?
    ふだん何の気なしに食べているご飯から色々な事を学びました。
    ご飯になる前のお米を数えてみる。
    これは発想の転換。
    一部を数えて、残りを計算する。
    意外と盲点。
    そして、一粒のお米を人間に見立てて、日本の人口分析。
    ここまでくると、研究です。
    身近なお米を通して、科学的なものの考え方を教えられた気がします。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どれくらい????

    うちの子はまだ四歳なので、このお話の中に出てくる、数の単位が全く理解できていませんでした。なので、それが出てくるたびに、「ねえ、どれくらい??」って何回も聞いてきて、説明に困りました。でも、ご飯を食べるときとかにもこの絵本のお話をしたので、読んであげてよかったな〜って思いました。

    掲載日:2012/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごはんが食べたくなる

    タイトルとイラストの面白さに惹かれて読んでみました。サムライと男の子の対話形式でストーリーが展開していきます。お茶碗一杯がどれだけの米粒でできているかというお話から始まり、都市の規模と人口、米の消費量がわかりやすく紹介されている学習絵本です。大人が読んでも「へ〜」と思わせてくれる内容ですが、小学校の中学年くらいから楽しめる本ではないでしょうか。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も勉強になりました

    タイトルがおもしろいので読んでみました。

    お茶碗一杯が米何粒かに始まって、お米の単位のことなどわかりやすく書いてあり、大人の私も勉強になりました。

    息子もとても興味深く読んでいました。子ども楽しめる内容だと思います。

    お米が身近に感じられたこともよかったです。

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お米、お米、お米!

    お米を単位としてみたら、すごくすごく大きな数でも身近に感じられる、、、という絵本です。

    お茶碗1ぱいにお米は何粒あるか、という話から始まって、一合・一升・一斗・一石という単位の関係も、しっかり教えてくれます。
    100万都市の人口「100万」を、お米の粒に換算したら、なんとご飯をお茶碗に250杯にもなるんですって!

    東京の人口と同じだけのお米の山、壮観です。
    自分はこのなかの一粒なんだ・・・と思うと、なんだか不思議な感じになります。

    日本人は食事と言えばやっぱりお米ですよね!
    そんな気持ちを再認識させてくれた絵本でした。
    幼稚園児にはちょっと難しい内容ですが、いい食育にもなったと思います。

    掲載日:2009/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • “秘伝 米つぶ換算術”

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    お茶わん一杯のごはんて、何粒あるのかなあ?気になって眠れない男の子のもとに、お米の国からきた、米とのさまが現れました。
    じゃ、実際に数えればいいと言われ、数えますが、その数はかなりの大きさです。

    数について、また量の単位について、わかりやすく教えてくれます。
    『合』『升』『斗』そして、江戸時代の『石』等、聞いたことはあっても、じゃどういうことか、ぴんとこない子どもたちも、これでより具体的に理解できることでしょう。
    面白い視点から、大きな数に触れ、さらに大切なこと、忘れてはいけないことを教えてくれます。

    掲載日:2009/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット