貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こどものとも どん どん どん」 みんなの声

こどものとも どん どん どん 作:パトリス・アリスプ
訳:やまぐちともこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1997年06月01日
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,299
みんなの声 総数 3
「こどものとも どん どん どん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音楽隊のお通りだい!

    • 鉄人の母さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、

    赤ちゃんが好きな繰り返しと濁音の嵐。色々な動物のぬいぐるみが、それぞれ違った楽器を奏でながら登場してくる。ページが増えるごとに一人づつ増えていき、合奏をしてパレードをしている。

    楽器の演奏を絵本にあわせて真似して読み聞かせてると、がぜん興味を持って聞いてくれている。家にある楽器をつかっても面白いと思う。

    ただし、線が細いイラストと余白が多いので1歳半近くのほうがいいのかもしれない。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たくさん!

    かわいいぬいぐるみたちが登場します!
    動物のぬいぐるみなので、娘も興味津々!!
    たいこをどんどんどんって、たたいて歩いていくのですが、
    仲間がどんどん増えていって、とっても楽しいパレードに
    なります!
    楽器にも興味を持ってくれるのではないかなと思います。
    楽しくなる絵本ですよ♪

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう。

    「どんどんどん」とうさぎがたいこをたたいてると
    「ぴいぴいぴい」とくまさんが笛をふきだします。
    他にも仲間が集まって、どんどん音がふくらんでいきます。
    繰り返しのリズムがとても心地よく感じる絵本で娘も
    一緒に声をだしてくれました。

    掲載日:2005/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット