おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ミミズのふしぎ」 みんなの声

ミミズのふしぎ 写真:皆越 ようせい
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784591081723
評価スコア 4.8
評価ランキング 304
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 必見です

    図書館へ行った時に、子どもが借りたいと言ったので借りました。
    絵ではなく写真の本なので、ミミズがもちろんリアル。
    誰でも知っているミミズって、こんなだったんだぁと私自身もあらためて思いました。
    意外と何もミミズの事を知らなかったんだなぁと思いました。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近だけど、奥が深い

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    表紙からかなりのインパクトです。
    ミミズの口!?
    小枝をくわえているところなんて、見たことがないだけにビックリです。
    ミミズの生態を追った写真絵本。
    身近だけど、その生態はあまり知らないだけに、
    じっくりと観察するような構成はありがたいです。
    じめじめしたところに生息し、ウンチの様子もありますから、
    グロテスクといえばそうかもしれませんが、
    生き物の姿を体感できると思います。
    やはり、卵から生まれてくる様子は、素敵です。
    土を耕す存在としても、その存在感は覚えておきたいです。
    小学生くらいからでしょうか。

    掲載日:2016/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな世界

    このお話はミミズの写真を見ながらミミズの事を知れる絵本でした。ミミズってなかなかスポットライトなあたらない生き物だと私は思うのですが、実は身近にミミズの痕跡がたくさんあったり、色々な種類がいたりと新しい発見がいっぱいの絵本でした。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の写真はミミズが小枝をくわえたところ。
    まるで怪獣みたいでびっくりします。
    中身も素晴らしい写真が満載です。
    ミミズのうんちやたまごなんて今まで考えたこともなかったのですが
    この絵本を読んでミミズの生態に少し詳しくなりました。
    あのぬめっとした感じがあまり得意ではなかったけれど、これからはなんだかいとしく思えてきそうなくらいです。
    写真絵本なので小さな子どもたちでも楽しめると思います。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真は結構キモっ!けど、面白いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    うちの子いわく、この本の題名は間違ってる。「ミミズの不思議」じゃなくて、「ミミズのうんち」にするべきだよ。
    と、言っていました。
    う〜ん。一理あるかも、もちろん、この絵本の中には、ミミズのうんち以外のミミズの不思議もいっぱい書かれていましたが、
    「ミミズのうんち」のインパクトは強かったです。
    そして、表紙のこの写真の絵!ハッキリいって、キモい!!

    え〜っと、この絵本はポプラ社の「ふしぎいっぱい写真絵本」シリーズの中の1冊です。
    この絵本を読んで、一番美くりしたのはミミズのたまごの産み方。
    こんなふしぎなう見方をする生命体がいたんですね〜。
    しかも、普段普通に目にしているその辺の生き物ときた!
    この絵本は知らないと損をしますよ〜。
    とても面白かったので、写真はエグイというか気持ち悪いものを結構ありましたが、ぜひ、たくさんのお子さんに読んでもらいたいなぁ、と思いました。
    読んであげるなら幼稚園くらいでもいけるかな。でも、内容を理解できるのは小学校くらいからでしょうか?

    掲載日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    「すごい!」

    この本を手になさった方なら必ずおっしゃる言葉だと思います。
    身近にいて当たり前の生き物だけど、
    その生態はよく知らない代表格の生き物ではないでしょうか。

    写真が大きくリアルなので、苦手な方は辛いかもしれませんが、
    小さなお子さんにはまだ苦手意識がないと思うので、
    小さいうちにご覧になるといいかもしれませんね。

    うちの娘はいまだにミミズも素手で触わるような子なので、
    本当に興味を持ってこの本を読んでいました。

    「ミミズの寿命ってどれくらい?」とか、
    さらに疑問を投げかけられ、困りましたが、
    この本を契機に自然への興味がさらに湧くというのは、
    頼もしく、素晴らしいことだなと思いました。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球外生命体!?

    • ひろぷぅさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子7歳、男の子5歳、女の子3歳、男の子0歳

    まず、表紙の写真に驚きます!!
    地球外生物が口を開いているんです。
    これがミミズ???
    こんなに身近な生き物なのに、何も知らなかったことに気づかされます。
    うにょうにょと土の上を動き、雨の翌日に道路で干からびたミミズしか
    知らない子供たちには、
    「食事をするミミズ」「産卵するミミズ」は、とっても新鮮だったようです。
    ミミズの見方が変わりました。

    掲載日:2009/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好きに♪

    写真絵本なので、体の表面、卵、ウンチ、赤ちゃんなどなど!
    とてもリアルにミミズの生態が知れます。
    ミミズにも色々な種類がいるのは今回初めて知りました。
    子どもと一緒にミミズ博士になれた気がします。
    リアルなので、苦手な人にはちょっと辛いかもしれません。

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミミズの観察をしたくなった!

    なにげなく手にとってオエ〜〜〜。
    同シリーズ(?)のうんちのアップよりすごい。娘は早くページをめくれと言うくせ持ちたがらない。
    一緒に読んでいってオエ〜ウエ〜と言いながらも、へ〜!ほーっ!だんだん知ることへの感嘆に。
    単にアップで驚きを買うだけの絵本ではありません。ミミズについていろいろ知ることができます。

    ミミズのたまごって……そうなんだ!
    読みながら親の私まで本気で感心してしまいました。いつもは全然興味なしのお父さんも、勝手に手にとって感心していました。
    ミミズのうんちには、娘の方が長いだとか短いだとか話が弾みました。
    大丈夫なお母さんはもとより、お父さん!出番ですよ!

    掲載日:2007/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真が綺麗

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    学校での推薦図書だったので借りてきたのですが、これは価

    値ありの一冊でした。

    ミミズって、やはり近寄りがたいイメージがあるのですが、

    とにかく皆超さんの写真が綺麗です。

    写真ってこんなに鮮やかなんだって再認識させられました。

    そして、ミミズの不思議なこと。

    ミミズのうんちがこんな形をしているなんて、この本との邂

    逅がなければ、決して知らなかったでしょう。

    子供も勿論ですが、大人が見ても引きずり込まれること請け

    合いの本です。

    小学生だけでなく、中学生にも是非読んで貰いたいです。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / 綱渡りの男

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット