すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ひとしずくのなみだ」 みんなの声

ひとしずくのなみだ 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年
ISBN:9784337095090
評価スコア 4
評価ランキング 21,250
みんなの声 総数 2
「ひとしずくのなみだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 水がなくては何もできない龍を救ったのは、同じく閉じこめられた姫のひとしずくの涙でした。
    ひとしずくの涙が、これだけの力をもっていることに感動しました。
    そして、龍がこれだけ優しい存在として描かれていることに、安堵しました。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 竜が主人公のお話です

    近々、卒園を前にして、お遊戯会で「十二支のおはなし」の劇をするそうです。息子は、竜。色々出ている、「十二支」の本を端から読んでいます。そんな時、たまたま竜が主人公(表紙から見て)のお話のこの絵本にめぐり合いました。
    この絵本は、「今昔物語」の<竜王、天狗のために取られたる語>から材にとったものだそうです。とても素敵なお話です。
    天狗にさらわれてしまった、竜とお姫様。たった一滴の水のお陰で竜は元気を取り戻しますが、その一滴は姫の涙でした。こういう味のある昔話は、子供にどんどん読み聞かせしてあげたいと思います。

    掲載日:2005/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット