たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ヨセフのだいじなコート」 みんなの声

ヨセフのだいじなコート 作・絵:シムズ・タバック
訳:木坂 涼
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784577022979
評価スコア 4.74
評価ランキング 836
みんなの声 総数 37
「ヨセフのだいじなコート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 絵をよ〜く見てみると

    コールデコット賞受賞作品ということで読むのをとても楽しみにしていました。
    ヨセフのすりきれてつぎをあてていたコートは形を変えてボタンになるまでを楽しく描いた作品で、穴あき絵本として楽しめるのは勿論、絵の細部を見ると、お花、レース、格子、千代紙などの柄をお洋服、カーテン、ラグ等に見つけることができ、お洒落で大人でも楽しめます。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 傑作!

    2000年米国カルデコット賞受賞作品、「穴あき」しかけ絵本ということで読むのを楽しみにしていました☆

    素敵な絵本でした!
    ページのどこに目をやっても楽しい発見のある、作り込まれた絵本でした。
    そして、モノを大切にする心、リメイクの楽しさを、お説教っぽくなく実に愉快に教えてくれます。
    絵本から、ユダヤ人の文化を感じさせてくれます。
    「穴あき」の仕掛けがどのように変化していくのか。最後はいったいどうなるのか。期待大に楽しませてくれます♪
    いいとこテンコ盛り。傑作だと思います(*^_^*)

    花柄や網目模様、日本の千代紙、顔写真など様々なコラージュと水彩画が融合する絵は見ていてとても楽しく、色遣いもオシャレで印象的でした。

    園児〜小学生にオススメします。
    きっと大人もはまります(^o^)

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  •  『ハエをのみこんだおばあさん』のシムズ・タバックさんの、2000年コールデコット賞受賞作品です。
     
     子どもの頃に歌ったイディッシュ(Yiddish=アシュケナージ系ユダヤ)語の「オーバーコートをもっていた(I had a little Overcoat)」という歌をベースに作った作品だそうです。
     
     ヨセフの名前も、
     ミュージカル「牛乳屋テヴィエ」のポスターも、
     新聞の記事(バイオリン弾き屋根から落下)も、
     ためになる名言も納得がいきました。
     
     表紙絵のヨセフのコートの穴の空いているところが、触ってみると凹んでいて、子どもは始めから大喜び。
     巻頭にもあるように、水彩絵の具・グワッシュ(ガッシュ)・色鉛筆・インク・コラージュと作者自身が楽しんで遊び心いっぱいに作られています。
     
     お話は、一着のオーバーコートに穴が空き、継ぎ当てをしていましたが、すり切れてジャケットにリフォームを…。そのジャケットもすり切れて…。
     
      「すごい!ここまで大切につかえるんだ。」と我が身を反省の息子と私。
     ひと昔前の日本のお母さんも着物から雑巾まで、と大切に使っていましたね。
     “たくさん持って、たくさん廃棄して”の使い捨ての時代が、リサイクル・リユース・リフォーム・リペアへと変わって(戻って)来ているこのご時世にピッタリな作品かもしれません。
     
     とっても楽しく、隅々まで読みました。
     切り抜き絵になっていたり、繰り返し文になっていますので、小さいお子さんもお話しながら楽しめると思います。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 物は大切に

    このお話は、ヨセフという男が大事に使ていたコートがぼろぼろになたのをリメイクしてまた大事に使っていくお話でした。コートを使ってのリメイクなので、リメイクするたびにどんどんリメイクしたものが小さくなて行きます。その様子がうちの子には面白かったみたいです。小さくなっていっても、物を大事にする心が素敵でした。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • この時代に

    4歳の息子と読みました。

    多くのものが100均で買えてしまう時代。
    一人っ子であることもあって、息子もあまり我慢をせずに、
    いろいろなものを買ってもらってしまっています。
    物の大切さ、そして、それを我慢するのではなく楽しくアレンジして節約しようという、大切なことを教えてくれる絵本です。
    仕掛けもおもしろいし。

    ところで、この絵本はいろいろな模様が描かれていたり、コラージュされていたり、とても手がこんでいます。
    布もたくさん使われていて、あったかさを感じ、ステキ。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨセフは大事なコートが擦りきれてきたので、次々とリフォームしていきます。
    本に切り抜かれた穴で、次は何になるのか、期待させる仕組みにはまるとなんとも楽しい絵本です。
    それだけではなく、タバックさんは絵のあちらこちらに名言(?)やお手紙をちりばめていました。
    けっこう意外なところにも発見があって、それを探して何度も読み返してしまいました。
    貼られている顔やくだものや、気になるとなんともサービス満点の楽しいコラージュ絵本です。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • コートも本望!?

    ヨセフの持っていた大事なコート。
    でもあちこちすりきれてボロボロになってしまいます。
    そこでヨセフは、コートをどんどんリフォームしていくのです。
    そして最後には…?

    色彩も目に鮮やかな、とてもよく考えられているしかけ絵本でした。
    ヨセフがコートをジャケットに、ジャケットをチョッキに…というふうにリフォームして使い込んでいく様子を見て、昔はこんなふうにコート一枚でも大事にしていた時期があったんだろうなあと考えさせられました。
    今は物があふれている時代。もちろん洋服も着られなくなったら、兄弟間でお古を着まわす程度ではないでしょうか。
    リサイクルなどの手段はあっても、捨ててしまうことも多々あります。
    本当はヨセフのように、もっと大事にしないといけないんだよなぁと反省させられました。

    最初の方は何にリフォームされるのか予想どおりでしたが、最後はちょっと意外なものに変身しますよ。
    ぜひ絵本を読んで、確かめてみてくださいね

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • エコ!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    低学年の読み聞かせに読んだ方がいてこのお話を初めて知りました。

    ヨセフの大事なコート、お気に入りのことが
    古くなるたびにだんだん小さいものにと変わっていきます。
    コート→ベスト→スカーフ→ネクタイといった具合です。
    最後に何になったのかは読んでのお楽しみですが、
    ページをめくるたびに別のものに変わっていく楽しさと、しかけ絵本で
    穴が開いている楽しさがあります。

    そして、何よりエコなリメイクがいいですよね。
    物を大切にというメッセージも込められるのだと思います
    小さい子から低学年くらいまで面白く読めると思います。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の折り紙も登場します!

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    6歳と3歳の子供達に読み聞かせました。
    二人ともとても大好きな絵本です。
    穴あきのしかけ絵本ですし、物語も面白い。
    大人も引き込まれると思います。
    日本の折り紙や千代紙でコラージュされているページもあり、
    「この折り紙、持っているよねー」と折り紙探しをする楽しみもあります。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨセフは自分でやってえらいねぇ

    どうやらヨセフは自分で服を作り直しているようですね。
    息子の感想は予想外のものでした。「ヨセフは自分でやってえらいねぇ」
    お母さん(もしくは奥さん?)にやってもらわないのに、できるのがすごいと思ったようです。
    子供の見方は斬新ですね。

    親子ともに、きれいな絵に引き込まれました。
    ヨセフ以外は全くの脇役というか背景のような扱いですが、
    登場する動物たちもとってもかわいいです。

    何も起こらないストーリーですが、ちょっとキュンとする絵本。
    お子さんと一緒に親も楽しんでほしいなと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

37件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / はじめてのおつかい / てぶくろ / おばけのバーバパパ / サンドイッチ サンドイッチ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット