庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

なっちゃんのほくろスイッチ」 みんなの声

なっちゃんのほくろスイッチ 作:平田 昌広
絵:平田 景
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年12月
ISBN:9784061323056
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,129
みんなの声 総数 19
「なっちゃんのほくろスイッチ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 実践して楽しめます

    この本を読み聞かせたことを知らない夫に、
    娘が突然「ほくろスイッチ!」と彼のほくろを
    オンしたそうです(笑)!
    本当になにかが起きるはずと思っている娘と
    何してるか理解できない夫は双方きょとんと
    しただろうな、と想像するとおかしくなります。
    もちろん、今度ほくろを押されたら遊園地に
    なってあげてね、と頼みました。

    掲載日:2011/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママもある〜

    私も顔にほくろがあるのですが、子供はこのお話を読んで以来私のほくろに夢中です・・・・。いつでも触りたがるので困っているぐらいです。うちの子はこの絵本を読んで初めてほくろに興味を持ったので、新鮮な感じがしたのでしょう!!

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほくろスイッチ オーン!

    身体を触れ合うとても嬉しい「ほくろスイッチ オーン!」です。早速孫とやりたくなります。なっちゃんの弟に毎晩寝る前に、「おねしょをしませんように!」って、なっちゃんが押しているのに、弟のほくろスイッチが時々故障するのが笑えました。読みながら楽しくてゲラゲラ笑える絵本に出会えて嬉しいです。絵も楽しいし親子のコミニケーションにいいなあって思った絵本でした。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりウケた☆

    こういう展開、絶対好きなハズ!
    とおもったら、やっぱりね。ウケました。

    ほくろを押すとスーパー母ちゃんになったり、
    パワフル父ちゃんになったり。
    でも、おとうとのおしりの「おねしょしませんスイッチ」は、
    ときどき故障するところが、またリアルでいいです(笑)

    なんだか、疲れやすくなった今日このごろ…。
    私も、スイッチひとつで、パワーアップしたーい!!

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ほくろスイッチオーン!」

     この絵本は、主人公のなっちゃんという女の子が身の回りのいろんな人のほくろを押すと…!? という本です。
    そのスイッチは、人それぞれ効果が違うところがおもしろいです。
    私は、次はどんなことが起きるのか考えながら読むのが楽しいです。
    とても面白い本なので、皆さんも読んでみてください。

    掲載日:2010/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ほくろがスイッチという発想が面白いですよね。
    読んだ後にすぐに遊びに取り入れられる絵本って大好き。
    なっちゃんの押すスイッチはどれもこれも素敵なものばかり。たまには故障中のものもあったりしてご愛嬌。ちょっと嫌だなということも、「ほくろスイッチオーン!」すればニコニコ笑顔でできそうです。
    娘はさっそく自分のほくろを探していましたが、色白のためかあまりなくてがっかりしてました。
    楽しいおはなしに、元気のいい絵がぴったりです。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひらたまさひろの本がすき

    ひらたまさひろの本がすきなのでよみました。

    「かいてんずし大さくせん」も「のりおのふしぎなぼうえんきょう」もすきです。

    本の中で、ほくろスイッチがからだの

    いろんなところにあるんだなとおもいました。

    ぼくもじぶんのほくろをさがしちゃいました。

    おかあさんがおへそをだしてねているえがおもしろいです。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子も大好き

    先に題名だけ知っていたのですが、「かいてんずし大さくせん」を読んでから、この作品も平田さんだと知り、ますます読みたくなりました。

    平田さん、回転寿司や干物といい、身近な話題を材料に絵本を作られるのがうまく方だなと思います。

    息子はおねしょの場面を見てニヤリとしていました。

    「ほくろスイッチは、ときどき こしょうするんだよ」と言う文章がおもしろいです。

    お父さんが「ゆうえんちスイッチ」で頑張っている姿に子どもへの愛情が感じられていいなと思います。

    家族愛が感じられるのも平田さんの作品の特徴でいいなと思っています。息子も大好きです。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもって好きですよね

    • さーくさん
    • 30代
    • パパ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ご想像のとおりのお話です。子供は面白がりますよね。こういうのって。しばらくの間ほくろスイッチを押しあうことになりますね。(ちょっと疲れちゃう?)仕事が忙しくて子供と距離感でちゃってる親父さん。読んであげると距離が縮まるかも?

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • スイッチ オーーーン

    確かにほくろってポコっと飛び出てたりしますね。
    それをスイッチに見立てて「ほくろスイッチオン」って言うのがナルホド〜って思いました。
    楽しそうにスイッチオンするなっちゃんの様子が楽しくて仕方がないみたい。
    娘は自分の腕にある小さなほくろを押しながら
    スイッチ オーーーン♪となっちゃんと一緒に楽しそうにやってます。
    なっちゃんの弟くんと同様お尻にほくろがある娘。
    寝るときにスイッチオンしてみようかな( ̄ー ̄)
    なっちゃんが押すたびに“スーパーじてんしゃスイッチ”とか“げらげらスイッチ”とか色々起こることが楽しくて娘にはツボのようです。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット