もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

運命の王子」 みんなの声

運命の王子 作・絵:リーセ・マニケ
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1984年
ISBN:9784001105858
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
「運命の王子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エジプト

    • スマッシュさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    エジプトにとても興味のある子供達。
    この絵本の中には、エジプトの神様の名前なども出てくるのですが、
    言い方が違うのでしょうか?
    私自身も詳しくは分からないのですが、太陽神もこの絵本の中では
    「レー」と記されています。
    子供達が今まで読んできた本では「ラー」と
    記されている物が多かったので、ちょっと違和感があったようです。

    絵本の最後には、挿絵に使っている絵の説明などもあり、
    古代エジプトの事をほんの少し知る事ができます。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 古代エジプトの世界観

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。

    エジプトの古い物語だそうで、得てしてそういう話は大人には興味深く感じられても、子供が理解するのは難しいものですが、しかしこの絵本は意外とすんなり受け入れることができます。

    ヘビかワニか犬に殺されるという運命を背負った王子の話です。「どうせ運命が決まっているならそれまで好きに生きたい」というあたり、今を生きる私たちも思わず頷いてしまう考え方です。でも、王子が旅先で自分の出生について嘘を言った理由や、足に怪我をした経緯など、最後までよくわからない展開もありました。

    結局運命からは逃れられなかったけれども、愛し合う人のおかげで、新しい命を得ることができ、安心して読み終えることができました。遠い昔の人たちの世界観ですが、結構共感できました。息子も、ワニが近づいてくるあたりはハラハラして聞いていて、楽しめたのではないかと思いました。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王子のウソ

    パピルスに記された古代エジプト文字のヒロエグリフから掘り起こしたという物語。
    内容について考えると、物語の中でいくつも疑点が出てくるのですが、古代の不思議さを感じさせられるお話です。
    文字解析から導き出された神話の世界と、古代遺跡に刻まれた社会が生み出した物語。
    かなり長めの解説を読んで、深みを感じさせられました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • エジプトを感じます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    作者がいろいろと調べて、苦労をして書いた絵本のようです。
    物語は、3000年も前に書かれたもので、それも途中までしかなかったので、他の神話などを参考にして書き上げたそうです。

    絵も昔に書かれた浮彫から写し取って、当時の色合いを参考に書かれたそうです。
    古代エジプトが絵から伝わってきます。
    残念な事に、物語が少し分かりにくいようです。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人がわくわくするエジプトの神秘

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    象形文字といい、エジプト風の絵といい、巻末の解説といい、大人がわくわくするエキゾチックな絵本です。でも、我が家の幼稚園児たちには、ピンと来なかったみたい。「???」という顔をしていました。確かに、王子が「犬、ワニ、ヘビに殺される」という予言を受けながら犬を飼ったり(わざわざ幽閉されていたのに)、あっさり妻によみがえらせてもらったり、ちょっと癖のある展開です。私は読み聞かせるのに「口づけ」がちょっと困りました^^; エジプトの王様の権力をうかがわせる場面もあり、やはりこれは、エジプト文明の知識をある程度つけてから楽しむほうがいいかもしれません。

    掲載日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古代エジプトの神聖文字の世界

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    このおはなしは古代エジプトのパピルスに
    象形文字である神聖文字で書かれたものより解読、
    ラストは作者の創作ということですが、
    文献を調べつくしての再構成のため、
    古代エジプトの世界を鮮やかに描き出しています。
    さし絵も発掘された浮彫から写し取っているとか。
    神様が身近にいた時代、生まれながらに死を運命付けられた王子。
    その運命に正面から挑む王子の姿は立派です。
    丁寧に作られた、このような作品は素晴らしいと思います。
    是非子ども達に届けたいです。

    掲載日:2005/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古代エジプトの王子の不思議な運命

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    もともと、神話や民話などはたくさん読み聞かせたいと思っていました。小さいころにさまざまな小説や物語の原点に触れてほしいと考えているからなのですが。
    幸い、うちの娘はこういった神話や民話、昔話がとても好きなので、たいてい反応がよく読むがわとしても楽しく読めます。

    今から、三千年以上前にエジプトの書記によって書かれたものだそうです。

    ある王子が生まれたときにハトホル女神に「おまえはへびかワニか犬にころされることになっている」と予言されます。

    その王子の一生がこの物語なのですが、昔の物語らしくノビノビとおおらかに展開していきます。

    娘は、昔話特有の奇想天外な筋立てや古代エジプトの不思議な響きの言葉を好んでいるようです。

    掲載日:2005/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / バムとケロのにちようび / しろいうさぎとくろいうさぎ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット