しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ふるやのもり」 みんなの声

ふるやのもり 作:今江 祥智
絵:松山文雄
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年
ISBN:9784591003831
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トラが日本にいないわけ

    今村泰子さんの『ふるやのもり』を読んだ後だけに、違いにビックリしてしまいました。
    「ふるやのもり」と、動物たちの由来話と、展開としては二つの要素が組み込まれていて、主になるはずの 「ふるやのもり」の印象が弱くなってしまいました。
    また、「ふるやのもり」が何なのか、細かく語ってしまったので面白味としては少し希薄に感じられました。
    それぞれの楽しみかたがあるようですね。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃、毎晩のように繰り返しせがんで
    読み聞かせてもらった本です。
    表紙の絵もはっきりと覚えていました。

    おおかみよりも、どろぼうよりも恐ろしいもの・・
    「ふるやのもり」・・子どもごころに、それは
    どんなもんなのか怖くて、不思議で仕方がありませんでした。
    子どものころ、その言葉自体も、聞いたことがなく、
    「ふる・やのもり」なのか、「ふるやの・もり」なのか
    意味が分かっていなかったと記憶していますが、
    そのなんとも不思議な響きも魅力的だったのだと思います。
    こういった昔話を息子にも聞かせたいなと思いました。

    私が好きだったのは、どろぼうが狼にとびついて
    狼が死に物狂いで走り逃げるところ。
    物語が一気に加速していく高揚感を覚えています。

    それにしても、
    いま読み返してみると結構長いお話でビックリ。
    これを毎晩繰り返し読んでくれた親に感謝です・・・。

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて聞くタイトル・・おもしろい民話

    このタイトル、どういう意味かしら?と興味津々で読んだら、
    おもしろい!漢字にすると、「古屋の(雨)漏り」。
    馬を盗もうと、どろぼうとおおかみが馬屋にひそんでいたが、
    じいさま、ばあさまが、「どろぼうよりも、おおかみよりも、
    怖いものは、ふるやのもり」と言う。何の事か知らなかったが、
    震え上がったどろぼうが馬屋の梁から落ちて、おおかみの
    上に乗っかってきたから、さァ大変。ふるやのもりだと思い、
    おおかみは一目散に走る走る!・・

    どろぼうとおおかみの勘違いから始まり、
    さるは、なぜしっぽが短く、顔が赤いのか、
    おおかみの鳴き声が甲高いのはなぜか、
    など、動物の由来がおもしろおかしく書いてあって、
    ゆかいな昔話です。

    子供からのリクエストで借りたものですが、「なんでこの本
    見たかったの?」と聞いたら、クラスに「ふるや」の名字の子が
    いて「何回も読んで、おもしろいよ」と勧めたそうなんです。

    自分の名前と同じタイトルや登場人物が出てくると
    嬉しいのでしょうね。かわいらしいエピソードです。

    絵本ナビで検索したら、作者が瀬田貞ニさん
    (絵:田島征三さん)も同じタイトルで本出しているんですね。
    見比べてみたいです。


    掲載日:2005/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット