あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

「ねこと友達」 みんなの声

ねこと友達 作:(不明)
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ねこと友達」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 内容のある心に残る本

    • よしよしさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、男の子7歳

    小学2年生の時に読み聞かせた本のひとつで、心に残った本です。ねこが、自分の本能(魚を食べる)に気づき、友達である魚を食べたくて、でも友達を食べることが悲しくて、旅にでるといった内容をせつなく、書いた本です。
    なぜ、ねこは旅にでたのか、なぜ、友達の金魚(結局死んでしまう)はこのねこに食べてもらえばよかったと思うのかなど、非常に内容のあるお話で、子供と討論しながら読み進めた本のひとつでした。最後に、ねこは友達の金魚が埋められている、土をなきながらほお張るところは本当に読んでいて心がせつなくなりました。大人の私でさえ、読みながら涙が出ました。
    子供がどう思ったのかはあえて聞きませんでしたがきっと、子供なりに考え思ったことがあったに違いありません。
    この本は小学2年生なら十分に自分一人で読み進めることができる文面ですし、またちいさなお子様をお持ちの方であれば読み聞かせをされても、内容は十分理解できるものであると思います。
    単なる絵本ではなく、とても内容のある充実した本としてお勧めしたいと思います。

    掲載日:2002/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット