だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

漢字の絵本」 みんなの声

漢字の絵本 作・絵:五味 太郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784265903023
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イメージが膨らみます

    来春には1年生になる息子が、幼稚園の図書室から借りてきた絵本です。
    1年生になっていろいろお勉強するのを心待ちにしている息子、漢字にも興味津々なんです。

    この本では、1年生で習う漢字は全て、2年生で習う漢字の一部が、それぞれ漢字の意味をうまく表現した絵と一緒に描かれています。
    五味さんの絵は、はっきりしたシンプルな絵なんですけど、とても温かみがありますよね。
    その絵と一緒になってあらわされている漢字たち。
    漢字は「表意文字」なんだなーということがよく伝わってきます。
    漢字はその一つ一つに意味をもち、字の形をみるだけで、ちゃんとイメージが浮かんでくるんですよね。
    まだ漢字をよく知らない子ども達にも、この絵本をみると、字が意味を持っているということがわかりやすいのではないかと思います。

    あとがきで、五味さんのこの本に対する思い入れが語られています。
    なるほどなるほど、と楽しく読ませていただきました。

    ちょうど漢字を習い始めたお子さん、そしてこれから漢字を習うであろう年頃のお子さんにお勧めです。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しみながら漢字が覚えられる。

    年中の息子が漢字に興味をもったので図書館で借りました。
    「へぇ〜こんな漢字があるんだ〜。」などと言っていました。
    漢字だけ見るより絵と一緒に読めるので自然に覚えられそうです。
    これから何度も一緒に読んでいきたいと思い、購入を迷っています。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漢字わかってきた

    日本語のお習い事をし始めて、だんだん漢字を分かってきたので、この本を読んでみました。知ってる漢字もいっぱい載っていたので、分かってとっても楽しそうに読んでました。逆に今回は読んでもらったりして楽しかったです。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージがわく

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    長男が自分で借りてきました。
    出てくる漢字は1・2年生で習う漢字ばかりですので
    習ったよーといいながら楽しんで絵と漢字を見比べてました。

    五味さんのかわいい絵で、漢字が視覚的にイメージできていいと思います。
    元々、漢字は絵から出来上がったものなので
    予想外に視覚的に頭に入るんだなーと思いました。

    次男も横から除いてましたので
    漢字に興味を持ち始めた小さい子にもいいと思います。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漢字に興味を持ち始めたら・・・

    五味太郎さんのかわいい絵と漢字が難しさを感じさせず
    楽しく漢字を覚えれそうな本です。
    上の子が漢字に興味を持ち始め、ふりがながふってあるのを
    読みながら楽しく見ていますが
    いつの間にかちょっとづつですが
    漢字を覚え、看板や建物などに書いてある字を
    読んで嬉しそうにしていて。。。
    楽しく学べる良い本だと思います。
    ひらがなが読めれば年中さんからでもおすすめですね。

    掲載日:2007/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漢字は絵です

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    漢字はひらがなやカタカナに比べて絵に近いのです。
    つまり、イメージしやすい、ということです。
    漢字の成り立ちは象形文字から。
    じっと眺めていると、漢字がムクムク動いてきませんか?

    この絵本では、あの五味太郎さんが漢字のイメージを絵にしてくれています。
    何より「漢字って楽しいぜ!」のメッセージが聞こえてきそうです。
    漢字が苦手なお子様にもいいかも?
    もちろん、これから漢字の世界に触れるピカピカの1年生にもどうぞ。

    掲載日:2005/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット