ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

トチノキのひっこし」 みんなの声

トチノキのひっこし 作・絵:中西 恵子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2004年10月
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,587
みんなの声 総数 5
「トチノキのひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 森の仲間の協力

    年老いたトチノキを森の仲間が協力して引越しさせたとても素敵なお話

    です。

    お腹を空かせた、くまさんとイノシシの親子にトチの実を落としてあげ

    たトチノキに恩返しをしたり、こうもりの大群に助けられたり、なによ

    り友人のやま小僧の活躍、奮闘ぶりがよかったです。

    裏表紙のトチノキのいなくなったのに、驚く三人の人間に笑えました。

    その絵がとても可笑しくて面白かったです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのと中西さんの作品だったのでこの絵本を選びました。山小僧が土地の着の将来の事をしっかりと見据えて行動しているのがカッコイイと思いました。栃の木も山小僧を信頼しているからこそ自分の事を任せたのだと思いました。二人の信頼関係に感動しました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意表をついています

    動かないはずの木がお引越ししてしまうという点が意表をついています。

    森林伐採などの環境の変化で、山の下の方まで下りてこなくてはいけない動物たちのことを思うと心が痛みました。

    山の奥の方に充分な食べ物があれば、熊が人を襲ったり人家の近くまで来りすることもないのでしょうね。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいなお話ですが・・・

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    やまこぞうがトチノキの根っこを抜くのに使ったものが大笑いでした。

    根っこを抜くのから始まって、池まで行くのに、いろいろとあります。
    池について、ほっとするのですが、心に何かが引っかかっている感じです。

    池に集まったのは、結局、人間に追われたモノたち・・・。
    コレを読んで、このままでいいのかなぁ〜という思いもあります。

    池に引越ししたトチノキと動物達が、いつまでも平和に、幸せに暮らしていけるといいな、と思いました。

    掲載日:2006/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然は大切に。

    森の中に住んでいるトチノキが切られてしまうという所から始まる絵本。皆で協力してトチノキの引越しを手伝って・・・.

    この絵本を読んで、皆で協力しながら生きていかないといけないな・・・ と思いました。それに人間の都合で自然を壊すのはいけないなあ!! と思いました。

    絵もストーリーもいいので是非読んでみてください。

    掲載日:2005/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット