貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

夢につばさを 世界中の子どもたちに」 みんなの声

夢につばさを 世界中の子どもたちに 作:葉 祥明
絵:こやま峰子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年
ISBN:9784323013596
評価スコア 4
評価ランキング 21,444
みんなの声 総数 2
「夢につばさを 世界中の子どもたちに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たくさんの人に読んでほしいです。

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    葉祥明さんのイラストが大好きなので、たまたま手にした絵本でした。
    そしてこの本で初めて『フォスタープラン』という学校へ行けない子供達の援助団体があることを知りました。
    このお話はベトナムの女の子が主人公で、勉強がしたい、友達と遊びたいけれども、家の手伝いや産まれたばかりの妹の世話などで学校へ行きたくても行けない事や、戦争の枯れ葉剤による影響で妹の目が見えないことなどが書かれていました。
    ベトナムの他にも戦争や貧困などで、世界中に学校へ行けない子供達がたくさんいることも現実です。
    私たち日本人はこのような子供達に何をして上げられるのでしょうか?
    一人でも多くの人に読んで、そして考えて欲しいと思います。
    夢をもつ世界中の子供達の為に!

    掲載日:2008/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界中の、学校に行けない子のために

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    学校に行けない子ども達の援助団体フォスター・プランの絵本です。
    ベトナムの貧しい村の少女トゥイが主人公です。
    学校に行きたくても働かなければならないトゥイ、
    生まれてきた妹のマイは戦争の枯葉剤の影響か目が見えません。
    内容的には重いおはなしですが、葉祥明さんの絵は美しく静かに物語ります。
    子ども達もおはなしとして素直に受け止めてくれました。
    いつか内容を詳しく学んだ時、この絵本から感じ取ってくれた想いを
    思い出してほしいと願いつつ・・・。

    掲載日:2005/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット