庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おいたてられた2匹のカエル」 みんなの声

おいたてられた2匹のカエル 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1996年
ISBN:9784924710412
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長い旅路

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    2匹のかえるが、行く先々で住む場所を奪われていく様がなんとも哀れです。その原因を人間が作っていることを、快適な生活をしている私たちに突きつける、考えさせられる絵本。
    最後にハッピーエンドで救われますが、その楽園もそのうち・・・という不安さえ抱かずにはいられません。
    そのうちにカエルではなく、私たちや将来の子どもが追われて安住の地がなくなることを意味してもいる気がして、今できることを皆で考えたくなります。
    娘には環境問題への関心や、自分で考えられる年齢になったら読ませてみたいです。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にカエルの気持ちになれます。

    人間たちの環境破壊で住む場所を失った2匹のカエルが、なんとか生き延びようとする話です。
    子供に読み聞かせてみたところ、子供心にも訴えるものがあるようで、始めは真剣な面持ちで聞いていましたが、最後に「青い水」を見つける場面ではとても笑顔になりました。
    ところで大人の私の感想ですが、最後の「楽園」は「天国」のような気がするのです。とてもこの世の世界じゃない、と思えてしまい、なにか「もの悲しさ」も残りました。
    環境問題がテーマですが、全く重くなくシンプルに書かれているので安心しておすすめします。

    掲載日:2006/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルの気持ちになって

    • むっくさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 女の子6歳、女の子1歳

    2匹のカエルがくらしているところに、道路ができ、飛行場ができ、だんだんおいたてられていくのです。水もなくなり、カエルはとうとう泥水のなかに飛び込みます。2匹は苦しみますが、励ましあいながら世界で一番美しいところにたどり着き、幸せに暮らすというお話でした。人間の身勝手さに腹が立ち、またラストの美しさにホッとする…考えさせられる絵本でした。
    子供が保育園から何度も借りてきたのですが、子供なりにも考えるところがあったのかな?

    掲載日:2005/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ぐるんぱのようちえん / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット