十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いろいろ ばあ」 みんなの声

いろいろ ばあ 作:新井 洋行
出版社:えほんの杜
本体価格:\762+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784904188125
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,520
みんなの声 総数 95
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

95件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 娘が夜泣きを始め、毎晩夜中に1,2時間泣き通しで参っていました。そんなある日、何気なく大好きなこの本を真夜中に読んでみました。するとすんなりと寝てくれました。
    それから毎晩夜中に「いろいろ ばあ」です。
    まだまだ夜泣きは続いていますが、この絵本で何とか乗り切っています。
    この本をきっかけに毎晩の夜泣きにも少し前向きに付き合えるようになってきました。
    本当にホッとできる絵本だと私自身も救われています。

    ぜひちょっと育児や家事等に疲れたときにも読んでみてください。心が軽くなるはずです。

    友人にも薦めたところ、小学生のお子さんで少し色の区別が苦手だったのですが、この絵本をきっかけに少しずつ色がわかる様になり興味が出てきたそうです。
    小さな子どもだけでなく、小学校や幼稚園、支援施設等のお子さんにもお勧めできる一冊です。

    うちのじいちゃんは、読みやすく、聞いてくれるのを良いことに、読み聞かせといえば「いろいろ ばあ」
    読み聞かせの苦手なおじいちゃんでもお孫さんに読んであげやすい本ですよ〜。
    お孫さんと仲良くなるきっかけにどうぞ♪

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    11
  • 幼稚園の教諭です。表紙とタイトルを見て色の混色をテーマのように感じるけどベビーブックとあるし・・・とちょっと悩みましたが試し読みをしました。

    赤ちゃんでも楽しめるほど言葉は簡単で短いですが色が混ざっての変化(混色)に気づくには3から4歳児のほうが楽しめると思います。

    幼稚園では色水や絵の具を使って実際に体験しながら混色を楽しみ学んで行っていますが

    この絵本ならお家が汚れることなく、クイズ的にこの色とこの色混ぜたら何色ができるかなぁと親子で楽しみながら読める本だと思います。

    そのためには是非もっと多色で!シリーズ化してほしいですね♪

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    8
  • いろいろ いっくよー!

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    「いっくよー!」のかけ声で、一斉に子ども達の目が集中。
    絵もテキストもシンプルで、インパクト抜群です。

    縦開きの絵本に、絵の具のチューブがいっぱい並んでつまっているイメージ。
    ページをめくるとちがう色、ふたつの絵の具を一緒にするとまたちがう色。

    大きい子達には「何色になるかな〜」と参加型で楽しめます。
    異年齢のお話し会にピッタリ。
    色のイメージがページをめくることにより、瞬時に目の前に広がるって、本当に楽しい♪

    パパやママも笑顔になる絵本です。

    表紙と裏表紙の絵、絵の具のチューブがぴったりつながっています。
    ちょっと大きい子達のお話し会では、
    タイトルを言う前に裏表紙から見せて、
    「これ、な〜んだ?」
    はみがき〜、えのぐ〜
    「あたり!絵の具のチューブです。ぶにゅ〜っと押すとどうなるかな?」
    「ぶにゅ〜〜〜」とみんなで言いながらひっくり返して表紙にし・・・
    「いろいろばあ」 もうみ〜んな笑顔^^
    タイトルを読む前から楽しめます♪

    この潔いほどのシンプルさは、子どもはもちろん読み手の大人も想像力が広がります。

    ぜひ実物を手にとって、早くめくったりゆっくりめくったりひっくりかえしたり・・・
    いろいろばあ!と楽しんで下さい。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    7
  • 色合いが綺麗!

    前ページ試し読みで拝読しました。

    絵具のチューブからいろいろな色が出てきますが、
    分かりやすくて赤ちゃんにはピッタリ。

    読んでいくと、赤と青が一緒に出て紫色に・・
    なかなか高度な事まで。

    赤ちゃんから、低学年くらいまで長ーく楽しめますね!!

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    7
  • 色を当てたいらしい

    この絵本を娘と一緒に読もうと、ひらいた瞬間、
    「赤ちゃんの本じゃーん」と娘。
    もうすっかり赤ちゃんじゃなくなっちゃったのね。
    そうして、こういった雰囲気の絵本は、「赤ちゃんの本」
    として認識しているらしい娘であります。
    しかし、そんな風に言いながらもしっかり聴いておりました。
    チューブから色が出てくるところも、けらけら笑うというよりは
    すごく真剣で(笑)。次は何色になるのか、とか、どんな
    音がして出てくるのか、とかを、予想して答えたりしていました♪
    まだまだちょっとは赤ちゃんなのかな?(笑)。よかったわ。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    4
  • 易しいなかに

    小さな従弟の為に絵本を探していて、
    この『いろいろ ばあ』を読んでみました。

    感想を一言でいってしまうと、楽しい!


    よーく考えてみると、
    このお話に出てくるのはたった三色の色たちだけ。

    それなのに、どうしてこんなに楽しいのだろう
    と驚かされます。

    この絵本の特徴は、やっぱり“色”のお話なだけあって
    鮮やかに描かれた色たちでしょう。

    そこに子どもたちが惹かれる何かが
    あるのだろうなぁと感じます。


    また、あの色とこの色が混ざり合って、
    ひとつの色になる…

    こんなことまで易しく教えてくれる、
    とても良い絵本だと思います^^


    ありがとうございました。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    4
  • すごい!すごい!楽しい!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    次はどんな形?ってワクワクさせといて
    色を混ぜたら違う色ができるって発見させた!!

    絵も余分なものはなくて
    赤ちゃんが見やすそうです。

    娘は大きくなりすぎたので
    お友達の出産祝いに贈りたいと思います。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    4
  • 思わず笑顔になりました

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    息子が小さい時にあったならなぁ〜〜(><)

    今は年中なので、お話好きな息子にはちょっと幼い内容かな?
    と思いましたが、意外にいいお顔で見ていました。

    ちょうど幼稚園で絵具遊びをしていたからかな?あかとあおで
    むらさきになってり、あかときいろでオレンジになったり・・・
    がよくわかるようで、嬉しそうでした。

    そう思うと、この絵本も結構長く楽しめるのかもしれない!

    個人的にはあおが登場して「いろいろ ばあ」で水玉になったのが
    すごくかわいくて新鮮でした!
    どのページも、「ばあ」のところで、私が思わず笑顔になっちゃい
    ました(笑) 「ばあ」で口が開くから?でも笑顔で読めるのはいい
    ですよね。

    もし今、赤ちゃんがいたら、絶対親子でお気に入りになるだろうな
    って思います。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    4
  • 3色だけなのに奥深い!

    娘にちょうど色を教えているので、とても楽しく読めました。
    赤を黄色とか青とか、いつも適当に言うので違うよと教えてもふざけているのかなかなか覚えてくれません。
    絵本の力は絶大で、楽しみながら覚えてくれました。多分ですけど。
    色をまぜると、何色になるかも楽しい顔つきの色でわかってくれました。これも多分ですけど。
    絵の具のチューブがとても気に入ったみたいで、お店においてあるのを見て、赤と黄色と青をみて、ここにあったよ!と欲しそうにしていました。そんな光景をみると絵本と色がリンクしているんだなとうれしくなります。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    4
  • 面白い

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。最近絵の具デビューした娘。えのぐを見ると飛びつきました。お話はというと、、、色やお化けを単に楽しむ分には良かったですが、絵の具を混ぜると色が変わる、ということを理解するにはまだ難しかったようです。なのであとまだ2,3年は楽しめる本だと思いました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    4

95件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(95人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット